公開日:

hulu『江戸モアゼル』2話ネタバレ感想

首から上は花魁で、ファッションだけTPOに合わせてる仙夏が可愛い。みんな普通に受け入れてるし。

もっとバカバカしいコメディかと思いきや、意外とハートフルで感動してしまった。この脚本書いてる人好きかも。

仙夏が悪を成敗する姿がかっこよくてスカッとするね。

キャスト


(電子書籍のebookjapan)

仙夏せんか:岡田結実
1860年から来た涼八屋の花魁。蔵地家でお世話になる

蔵地俊輔くらじしゅんすけ:葉山奨之
カフェ店員の25歳。叔父宅に居候中

★鳥居直樹:前田公輝
30歳のウェブ広告会社社長。秒単位で稼ぐ男。仙夏が大好きな、吉原に出入りしていた八百屋の直次郎さんに顔がそっくり。直次郎の弟の子孫

★春日泉美:吉谷彩子
ウェブ会社勤務の25歳。俊輔の高校時代の同級生


(動画配信サービスhulu)

秘書になった仙夏

社長(前田公輝)仙夏(岡田結実)が大好きな直さんに顔がそっくりだった。

さっそくお近づきになろうと、あの頭のまま社長がいる会社の面接へ。見てる方は戸惑うけど、周りの人たちはいたって普通なの。

そして仙夏、採用となる(なぜ?)

社長は大きな会社と独占契約しようとしてて、仙夏を接待要員として雇ったみたい。

どこをどう見てその判断に至ったのか、社長がさっぱりわからないけど、仙夏かわいいよね。ちゃんとリクルートスーツ着てるし。

ぽっくりみたいなサンダルが不自由そうで、動きがゆっくりになるから雰囲気が出ていいね。

 

キャバクラで働く仙夏

そして取引先の磯部さんを接待するためキャバクラへ。

仙夏はそこで体験入店の子だと間違われてドレス着せられてる!胸元がパックリ開いた大人っぽいドレスで、着こなしてるねぇ。

顔が美形だから何でも似合う。

そこには、社長が手なずけていた綾子(堀田茜)が働いていた。仙夏はライバル心を燃やして頑張って、磯部さんに気に入られた模様。

帰り道、調子に乗った磯部さんが仙夏のお尻を触ると…。仙夏は手を取って大激怒。

申し訳ありませんでした!
次やったら市中引き回しの上、打ち首だからね!

仙夏いいよ。これはスッキリする。しかも磯部さんたら、叱ってもらって目が覚めたらしい。

ちょいちょいヒヤッとする場面があるけど、仙夏ったら上手く乗り切るよね。

そして、社長に褒められて、嬉しそうな仙夏が可愛い。頭ポンポンしようとしたら、色々ついてるから肩ポンポンしてた!

この社長、1話の時はもっとイケメンいなかったのか?と思っていたんだけど、なんだかだんだんカッコよく見えてきた。直さん好きかも。

 

仙夏の恋

吉原に出入りしていた八百屋の直さん。自分は花魁だし、出入りの者に告白するとかあり得ないみたい。気持ちを伝えられないまま、直さんは流行り病で亡くなったとのこと。これは切ない…

仙夏が令和に来たのは、また直さんに会うためだと思ってる。

そんなとき、社長にいいように利用されていたキャバ嬢の綾子が会社に乗り込んできた。

仙夏は社長を守ろうとするんだけど、社長は綾子にヒドい態度。ほんとクズですわ。

粋じゃないねぇ

な、なんと、仙夏は社長に包丁を向けてる。やっと社長は直さんじゃないとわかったみたい。

捨てちまいな。誰かに必要とされる生き方なんか。
自分で自分を必要とするんだよ。

仙夏は綾子を抱きしめる。急に感動するじゃないか!セリフがグサグサ突き刺さるよ。

 

カフェ店員に復帰

令和に来たのは直さんに会うためだと思っていたけど、違った…

落ち込む仙夏に、蔵地の旦那(葉山奨之)は、、

シュークリーム食べるか?

この励まし方良い!!

その後、カフェ店員に復帰した仙夏が蔵地の旦那オススメのシュークリームを食べていると、社長が現れた。そして駆け寄って仙夏をハグ!

俺と付き合え

えーーー!!!!

 

感想

クズに描かれた社長だけど、なぜかカッコよく見えた。演技が上手だからかな?そして仙夏ちゃんとお似合い。俄然楽しくなってきた~

この2人の恋を応援したいところだけど、蔵地の旦那も気になりつつあるよね。葉山くんも好きだから、どちらとくっついても楽しめるかも。

岡田結実ちゃんは今まで苦手だったんだけど、仙夏にすごいハマってる。肌が綺麗で化粧ノリがいいよね。ちょっとぎこちなさはあるけど、そこも可愛らしい一部となってる。

秘書になってコピーの取り方がわからない仙夏のやり取りのあとに、場面が変わってコーヒー持ってくる蔵地の旦那の流れ好きだったな。

あらすじ感想はこちら
【1話】【2話】【3話】【4話】・・・


コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください