公開日:

大河ドラマ『麒麟がくる』11話ネタバレ感想~将軍の涙

kirin1

武士たちの群像劇が面白くなってきたね。恋愛パートは超少な目にして、男同士の葛藤やら騙し合いやらドロドロの中で勝ち登っていく姿を見たい。

公式ページはこちら

11話:将軍の涙

今川義元(片岡愛之助)に人質に取られた信広を返してもらうかわりに、竹千代を今川家へ渡す。

人質といっても、とても大事に育てられてる模様。竹千代に出された食事がめちゃくちゃ豪華で美味しそう。

1550年 夏

今川が尾張を攻め入り、織田勢が劣勢となる。

道三(本木雅弘)は信秀(高橋克典)から援軍を頼まれるが、部下曰く、稲刈り時期だから織田のために兵は集まらないという。

兵は出せないが米は出す。それが気に入らないなら、盟約は破棄して今川へ乗り換える。道三の答えが出る。

そのことを織田方に伝えるため、光秀(長谷川博己)は尾張へ

尾張にて

信長(染谷将太)は道三の考えを聞いて

「しかたあるまい」

しかしそのままでは帰蝶の命が危ない。

信長は和議を申し入れて今川を止めることを思いつく。強い方の顔を立てれば上手くいくという。

そのために京の将軍家に間に入ってもらう必要があるとのこと。顔が利く光秀は、信長から和議を取り計らうよう頼まれる。

最後の信長と帰蝶が、光秀を頼れるおじさん的な表情で見てたの可愛かった。この夫婦お似合いだよね。

道三に相談

光秀は道三に将軍家の取りなしを頼むが、お金がかかるからと断られる。ケチなんでね。

土岐頼芸に相談

次に、長男の斎藤高政(伊藤英明)に頼み込み、頼芸(尾美としのり)に会わせてもらう。

頼芸は、自分の地位を脅かす道三の尻拭いはしたくないと突っぱねる。

頼芸がもしかして実父かも?と思っている高政は、頼芸を守るために、父・道三を殺す約束をする。

その言葉で頼芸は、

「文を書こう」

でも血が繋がってるようには全然見えないけどね…

将軍・足利義輝のもとへ

光秀は書状を持って、義輝(向井理)がいる堅田へ向かう。

そういえば6話で三好長慶の暗殺計画を止めるために、光秀が三淵に啖呵を切ったとき、義輝が裏で聞いてたよね。

光秀ったら偉そーに、将軍としての役目を果たせとかさぁ~、あんた何様?って感じのことまくし立ててたよね。

義輝はそのことを思い出し、背中を押されたらしい。

「和議を命じる」

良い人すぎない?

 

感想:

年表を知ってるだけに、この後の事件が目白押しで、心配になってくる。

向井理って、着物を着てもいつもの向井理にしか見えないよね。NHKは向井理が好きで起用しまくってるけど、なぜなんだろう…。私には良さがさっぱりわからない。

観る前に今回の副題が「将軍の涙」と知って、切ない話なんだろうなと予測したけど、何も感情が伝わってこなかった。

長谷川さんの方がまだマシだな、と不覚にも思ってしまった。

『麒麟がくる』感想はこちら↓
13話:帰蝶のはかりごと
12話:十兵衛の嫁
1話~14話


コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください