公開日:

大河ドラマ『麒麟がくる』12話ネタバレ感想~十兵衛の嫁

kirin1

録画が撮れてなくて、土曜日の再放送でやっと視聴しました。

確か、毎回見てるはずなのに、私、見逃したかな?って思うくらい、突然現れた熙子(木村文乃)と結婚が決まって、ポカーンなんですけど…

熙子ってどんな人?主役の嫁になる人なんだから、もうちょっと掘り下げてほしかった。「十兵衛の嫁」って副題なのに、全然人物像が見えてこない。

公式ページはこちら

12話:十兵衛の嫁

1551年

美濃の妻木に鷹狩り出かけた十兵衛(長谷川博己)は、幼なじみの熙子(木村文乃)と出会い、プロポーズする(え?)

織田家

織田と今川は和議を結んだことで、三河の拠点を今川に制圧されてしまう。

尾張の末盛城では、織田信秀(高橋克典)の容態が悪化していた。

信秀は、次男の信勝(木村了)に末盛城と家臣たちを譲った。信長(染谷将太)には今まで通り名古屋城を任せるとのこと。

信長は納得がいかなかった。父は母のいいなりだと嘆く。

帰蝶は1人で信秀のもとへ

織田家を継ぐのはどちらの子がふさわしいと思っているのか、義父に胸の内を聞く。それを聞いた帰蝶(川口春奈)は綺麗な涙を流す。

「尾張を任せる。強くなれ」

帰蝶は父上がそう言っていたと信長に話し、励ます。確か信秀は「信長をよろしく」と言っていただけのような…。内助の功ってやつね

斎藤家

そんなとき、土岐頼芸(尾美としのり)から贈り物として鷹が届く。

道三に向かってきた鷹は、家臣の腕にとまり死んでしまう。

どうやら鷹の爪に毒が塗られていた模様。

今まで土岐様をサポートしてきたつもりの道三は憤慨し、一戦を交える勢い。

息子の高政(伊藤英明)の心のうちは、土岐様を守る方向。十兵衛を誘い、父上を倒そうと意気込んでる。

明智家

明智城にて、婚儀が終わり、無事夫婦となった十兵衛と熙子。母上と叔父上は泣いて喜ぶが、私の心は1ミリも動かない…

尾張の末盛城にて

東庵(堺正章)は帰蝶の依頼で末盛城へ

部屋に通されると、信秀は息を引き取っていた。天文21年3月のことだった。

感想:

東庵と駒がドラマの邪魔をしてるわ~。出てくると途端に学芸会になるよね。

今回の副題は「帰蝶の涙」で良かったんじゃないかな?やっぱり信長との2人のシーンが良くて、とても引き込まれる。

女性陣の中腰について、ホームページに理由が載っていたけど、あれ落ち着かないよね。気になってしょうがない。

「麒麟がくる」見るならこちら↓

『麒麟がくる』感想はこちら↓
13話:帰蝶のはかりごと
1話~10話
11話~20話


コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください