公開日:

【歯列矯正】上顎拡大装置装着~矯正スタート

haisya

いよいよ矯正治療が始まりました。

といってもブラケットではありません。私の治療はまず、奥歯の傾きを直すために上顎拡大装置の装着をしました。これがなんとももどかしい…

手順:

  1. 1週間前にはめた青ゴム4つを外す
  2. 銀の輪っかを左右6番の歯にはめる
  3. 針金(クワドヘリックス)を銀の輪っかと溶接でつなげる

1と2は型取りの時に一度やったことなので、余裕です。でも力ずくなのでちょっと怖い。

3番は先生がやってくれました。口を開けているだけで、大変なことはありませんでした。

口の中酷すぎてあまりお見せしたくないんですが。。。しょうがない。

こんな感じです。↓

quadhelix

(ちなみに前歯二本は裏側が銀色の差し歯です。)

上顎の4,5,6番の歯に針金があたってるのが見えますが、この針金の力で外側に歯の傾きを直します。

この針金、上顎にぺたっとついてるかと思いきや、浮いてるんです!!なので、しゃべるときに舌が上顎につけられないので、めちゃくちゃ喋りづらい。空気が抜けて全然しゃべれない!!やばい!!

喋ると噛んで噛んで噛みまくりです。

装置は誰にも見えないので、矯正してることはわからないのですが、活舌の悪さで「どうしたの?」って気まずさが発生します。

「たちつてと、らりるれろ」が言えないんです。

この日の二日後くらいに、自治会の集まりで50人くらいの前で挨拶することがあったのですが、もう噛みまくりで失敗したと思いました。大事なことがある場合は、その後に装着したほうが良さそうです。

慣れるまでに2週間くらいかかりました。慣れても噛むときは噛みますが。。

上顎拡大装置の代金は基本料金に含まれているとのことで、調整料4,320円お支払いして帰りました。次は1か月後に受診です。(受診内容の記事はこちら

私の矯正治療の歴史はこちら


コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください