公開日:

【歯列矯正】検査結果と治療計画

haisya

2015年1月の下旬に精密検査を受けて、その1週間後に結果を聞きに行きました。

ずっと目を背けてきた自分の歯に、じっくりと向き合う日です。

診察室にて

分析結果の用紙がテーブルに並べてありました。さっそく先生が一言

「意外と出っ歯だったんだね」

でしょでしょ~!そうなのよ!正面から見たらあんまりわからないけど、横から見たらすごいのよ!やっと私が治療したいという気持ちをわかってもらえたようです。

治療計画書という一覧を出されてそれに沿って説明がありました。

治療期間

2年から2.5年間

矯正装置

●ブラケットはメタルブラケットかクリアブラケットか

メタルブラケットって金属のあのギラギラのやつでしょ?子どものギラギラの矯正は可愛らしいけど、アラフォーのあのギラギラは勇気がない…

でも先生のオススメはメタルブラケットでした。金属製なので安価でとても丈夫だそうです。中学生まではメタル1択とのこと

やったー!私!アラフォー!!

クリアブラケットを選びました。ただ、値段が割り増しで+5万円です。

●ヘッドギアーかインプラントアンカーか

ブラケットをつけての治療は、前の歯と後ろの歯を引っ張り合って歯を並び変えているそうです。なので、前の歯を後ろに引っ張ろうとすると、後ろの歯は前に出てきます。私は出っ歯なので後ろの歯はその場にいてほしい。ということで、効果的に出っ歯を引っ込めるために、奥歯を固定する必要があるそうです。

先生のオススメはヘッドギアーでした。100年も前からある装置らしいです。洋画に出てくる子どもがつけているのを見たことがあったので、存在は知ってました。

ヘッドギア
イメージはこんな感じ。装着は夜寝るときだけだそうですが、絶対に嫌です!

一方インプラントアンカーとは、骨にネジを埋め込んで、それを支柱にして歯を引っ張るものだそうです。

実際に入れた写真がこれ(2015年7月に植立ました)
インプラントアンカー
上の歯5番と6番の間の歯茎にネジが埋め込まれています。これは、骨が出来上がって成長が止まった人しか出来ないそうです。

やったー!私!アラフォー!!

迷わずインプラントアンカーを選びました。これもヘッドギアーなら無料だけど、インプラントアンカーは+5万円(2本で)でした。追加料金痛い…

治療間隔

月に1回

治療方法:抜歯するか否か

先生は、抜歯せずに矯正した場合と、左右上下4番の歯を4本抜歯して矯正した場合のシミュレーション写真を作ってくれていました。
治療前 治療後 横顔
左が今の状態で、右が4本抜歯して矯正完了したときのイメージです。口元の状態を見て、絶対矯正する!!ってさらに決意が固まりました。うちに持ち帰らなかったみたいで無かったのですが、もう一枚非抜歯バージョンもありました。

先生
抜歯しなきゃかな、と思ったんだけど、意外と抜歯しなくても奇麗になるんだよね。とりあえず抜歯せずに並べてみて、その後の様子で抜歯するかどうか考えようと思う。

 

え、それって。。。後々気に入らないと時間かかるやつじゃん?私は一日も早く奇麗になりたいのよ!そんな悠長なこと言ってる場合じゃないっつーの。矯正する目的の一つに、口元の出っ張りを治したかったので、意を決して伝えました。

やどっきー
私は口元を引っ込めたいんです。
先生
あ~。そうかそうか。じゃあ抜歯しよう!

ほっっ。良かった。ここで黙ってたら非抜歯で治療してたとこだった。そしたら、前歯の差し歯もそのままだし、完成形は今と全然異なったことでしょうね。

保定期間

治療後の安定を保つため、保定装置を使うそうです。

費用

矯正の基本料金ですが、その金額の決め方が、その場で、先生の感覚で、

先生
あなたの場合は少し大変なので、80万円にします。

といった感じで適当だったのでビックリでした。まぁ、長年の経験から判断したんでしょうけど。。。

この金額は相場より高めだと思います。しかし、この精密な検査結果の診断を受けて、信頼できると思ったので値段の高さはしょうがないと思いました。あと、値段設定が高いのに、患者でいつもいっぱいで人気だというところも決め手でした。

基本料金にクリアブラケットの割り増し代を合計して85万円。(インプラントアンカーは処置してもらう一般歯科で支払うとのこと)

税込みで918,000円!!!たっけー!!

でもでもでもここを気に入ってしまったから迷いはありません。

2年間のうちに利子無しで5回分割までできるから、払い方を次の時まで考えてきてね。ということでした。


ここで先生からの診断は終わり。治療を進めてほしい意思を伝えたら、さっそく青ゴムを入れよう!という流れになりました。

青ゴム?!何それ?!!

その日は説明だけだと思っていたのでビックリ。次の記事になります。

「青ゴム装着」の記事はこちら

私の矯正治療の歴史はこちら


コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください