公開日:

「やすらぎの刻~道」第24週(116~120話)感想/病気不安症

yasuragi

もう9月ってことは、放送が始まってから半分終わったってことだね。飽きることなくあっという間だったなぁ。この調子であと半分も気が付いたら終わってるのかしら…

「やすらぎの刻」公式ページはこちら

第116話~勘違い

菊村(石坂浩二)は前立腺がんの手術を外部の病院で受けることを決めた。しばらく部屋を空けることを、周りには旅行に行くと言うつもりだった。

そんな時、菊村の息子夫婦が訪ねてきた。孫娘に赤ちゃんが生まれたとのこと。

やすらぎの郷では、菊村の様子から、命が短いんじゃないかと噂が立つ。

夜、菊村の部屋に秀さん(藤竜也)、九重めぐみ(松原智恵子)、マヤ(加賀まりこ)がやってきた。3人とも神妙な面持ちで、お別れの挨拶をする。

菊村は何の話かさっぱりわからなかった。

116話感想

久々にくだらない話で笑ったわ。

みんな暇だから、少しでも変化があると噂になってしまう。

内緒で部屋を空けることは難しそうだよね。

第117話~疑心暗鬼

菊村は、3人に問い詰められ、初期の前立腺がんであることを告白した。みんなに騒がれたくなくて、旅行に行くと嘘をついただけだと明かす。

それでも郷のメンバーは、菊村は重大なことを隠しているんじゃないかと陰で疑う。

菊村は、どうしてみんなが手術のことを知っているのか疑問に感じ始める。実は周りのみんなが真実を知っていて、自分が知らないだけなのかもしれないと考え、今までの名倉先生とのやりとりを思い起こす。

なんとなく、みんなの接し方がいつもより優しい。さらに、部屋の外にはあふれんばかりの見舞いの花が届いていた。

<私の疑いは確信に変わってきた。この見舞いの花の量はただ事ではない。私の症状はただ事ではないのだ>

117話感想

疑心暗鬼に取りつかれちゃったね。

舞台に出演するみたいな花の量、笑ったわ。

みんな芸能人だったから、贈りなれてるんだろうね。

第118話~全部夢の話

その晩、菊村は夢を見た。

自分が眠る布団の周りに、郷のメンバーが勢揃い。死んだ自分に向かって言いたい放題。

焼き場に3つのランクがあるとのこと。マロ(ミッキーカーチス)は焼き加減のことじゃないかと言う。
A:ウェルダン
B:ミディアムレア
C:レア

ロクさん(橋爪功)は、葬儀社に一番値段が安い「レア」、もとい「C」でお願いします。と頼む

桂木夫人(大空真弓)は、高価なお香を手に取って、100円ショップならもっと安いのあるのに、とつぶやく。

九重めぐみは、菊村の鼻毛を見つけて「えいっ!」っと抜く

菊村が律子(風吹ジュン)を呼ぶと、石を積んでいた。賽の河原でお魚がかかるのを待っているとのこと。しかも魚の種類は「アリゲーターガー」。三途の川にも誰かが外来種を捨てたんだなぁ

すると、「先生!」と呼ばれ、起きるとシノ(清野菜名)たちがいた。

終戦の詔勅を聴いてる最中に、書くのをやめたから、この先私たちはどうすればいいのかと問い詰められる。

そばではやすらぎメンバーの大合唱。

菊村は夢から覚める。

翌朝、手術のためにやすらぎの郷を発った。執刀医に真実を聞けずじまいで、手術が無事終わる。

名倉理事長(名高達男)が見舞いに来たので、真実を問い詰めると、嘘はついていないと笑い飛ばされる。菊村はそれを聞いて安堵する。

118話感想

もうめちゃくちゃ…。なんなのこれは…

シュールすぎて面白い

第119話~死相メイク

手術を終えた菊村の病室に、八木隆司(山下真司)通称リュウさん登場。異端のメイクアップアーティストとして活躍していたが、喧嘩っ早くて干されてしまい、二十数年前、ハリウッドに渡って、特殊メイクのスペシャリストとして大成功したとのこと。

やすらぎメンバーのことを知ってるリュウさんと、思い出話になり、元スターの集まりで、メイクせずに怪奇映画が撮れるんじゃないかと盛り上がる。

その時、菊村は、自分の命が短いという噂をばら撒いて楽しんでいた彼らに、復讐することを思いつく。

リュウさんに、重病で痩せ衰えて死相を漂わせた風のメイクをしてもらって、みんなを驚かせようという算段。

退院後、やすらぎの郷に戻った菊村の死相メイクを見たお嬢とマヤは、手術が失敗したんだと察し、縮み上がる。

119話感想

久々にテレビ観ながら大声で笑ったわ。

郷のスタッフの驚き様ったら…

よくこんなこと思いつくねぇ

第120話~老化現象

退院してきた菊村のげっそりした顔を見て、お嬢とマヤはショックを受ける。さらに、他の入居者たちの間にも波紋が広がった。

コンシェルジュのエリも驚き、名倉理事長とみどりを呼んで菊村の部屋に駆け付けた。そこには、死相メイクを落として元気な様子の菊村がいた。

菊村は、単なる罪の無いいたずらのつもりだったが、3人にこっぴどく叱られる。さらに、郷のメンバーからもしばらく無視された。

<みんなは結構、本気で怒っていた。ユーモアを受け入れる心の広さが、老人にはだんだん欠けてくることを、今度の一件で学んだ>

秀さんと付き合っている九重めぐみは、認知症の症状が進んでいた。めぐみは秀さんに、もしも変な行動があったら正直に話してほしいとお願いをし、秀さんは笑顔で了承する。

120話感想

ボケに優しく付き合ってあげる秀さんが素敵だ。お蕎麦が美味しそうだった。

次週感想はこちら

『やすらぎの刻~道』感想はこちら↓
1~10週(1~50話)
11~20週(51~100話)
21~30週(101~149話)
31~40週(150~198話)
41週~(199話~)


コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください