公開日:

「やすらぎの刻~道」第29週(141~144話)感想/ニセ札騒動

yasuragi

10月22日(火)は特別放送のためお休みとのこと。

「やすらぎの刻」公式ページはこちら

第141話~ニセ札騒動

お嬢(浅丘ルリ子)が竹芝柳介(関口まなと)に渡した1万円札は、福沢諭吉ではなく名倉理事長(名高達夫)の顔が印刷されたおもちゃのニセ札だった。

名倉理事長はお嬢にニセ札の出どころを問いただしたが、ボケ菌に侵されているため思い出せないとのこと。それを聞いた名倉理事長は激怒した。

そのころマロ(ミッキーカーチス)は、さらにニセ札を大量発注していた。丁半賭博は老人たちに予想外の反響を生み、日に日に鉄火場を訪れる人が増えていった。

そんなある日、町のスーパーとコンビニでニセ札が使用されたとのことで、警察がやすらぎの郷を訪れた。そのニセ札とは、名倉理事長の顔が印刷されたおもちゃの1万円だった。

141話感想

柳介に小遣いのつもりであげたお金が、こんなところに繋がるんだね。相変わらずぶっとんでるわ~

第142話~名倉理事長の苦悩

菊村(石坂浩二)は名倉理事長から、おもちゃの紙幣(名倉紙幣)について問い詰められ、仕方なくマロが犯人だと伝えた。

名倉理事長に呼び出されたマロは、高齢者の想像力の欠如を補うために、賭場で名倉紙幣を使っていると説明した。現金を賭けているわけじゃなく、老人のただのお遊びだと演説は続き、この日の議論はマロの圧勝に終わった。

結局、名倉紙幣を外部に持ち出さないという約束で、紙幣の配布は黙認された。ただいま名倉紙幣は10億ほどあり、博打場に通う人は100人ほどに増えていた。

その3日後、秀さん(藤竜也)はめぐみ(松原智恵子)が博打にはまり込みすぎて困り果てていることを、菊村に相談した。

何度説明をしてもお遊びだという事を忘れ、名倉紙幣と本物の紙幣の区別がつかなくなったとのこと。そして以前、店で名倉紙幣を使った犯人はめぐみだった。

その後、名倉理事長は溝口署長(布施博)に、ニセ札騒動と園内で賭場が開かれていることを相談した。

142話感想

名倉理事長は大変だね。

あまりキツイ事言って元気をなくされても困るしね。

てか、この賭場の話まだまだ続く感じ?

第143話~がさ入れ

名倉理事長たちはマロにお灸をすえるため、退職したOBの刑事によるニセのガサ入れを計画していた。

それを聞かされた菊村は、精神不安定なめぐみにはショックが大きすぎるからと、その夜参加しないよう秀さんにお願いした。

さらに、スタッフの中では近々ガサ入れが入ると噂になっており、それを聞いた柳介は、ホッピー経由でお嬢に警告の手紙を渡した。

ニセのがさ入れ当日、菊村・秀さん・めぐみ・お嬢だけ不参加で、ほぼ全員参加した賭場に、ニセの警察が踏み込んできた。

143話感想

めぐみは見た目が美しいから、ボケても可愛いと思えるね。

それにしても、お店でニセ札使ったのは理由はどうあれ捕まるんじゃないかな?

まぁファンタジーだから真面目に考えても意味ないか…

第144話~柳介の元カノ

名倉理事長が企てた偽のガサ入れは上手くいき、入居者たちは意気消沈した。翌朝、名倉紙幣は焼却炉で全て燃やされた。

そんなとき、スタッフの休憩室で預かっている柳介の携帯が鳴った。麻薬で一緒に捕まった元恋人の弘中しのぶ(黒川智花)からのメールだった。しのぶは明日くにへ帰るから、その前に少し会いたいとのこと。

柳介には伝えずに、菊村が会いに行くことになった。

しのぶが待つ喫茶店に着いた菊村は、柳介が来られないことを説明した。しのぶは実家の長崎に帰って、看護学校へ通うとのこと。

菊村は長崎の山王神社にある大きなクスノキの話をした。原爆にやられたが、生き返って大木に育っている。人生はやり直せると励ました。

偶然にも、しのぶはそのクスノキの下で、彼が30になる年の正月に会う約束をしていた。涙をポロポロと流し、彼の復活を願った。

144話感想

以前、黒川智花が出たのは57話(第12週のあらすじはこちら)だったね。ほんの少しだけだったから、後々出てくるだろうなぁとは思ってたよ。

 

それぞれ立ち直れたとしても、2人は会ったらおしまいだろうね。もう一生会わない方がいい。柳介もしのぶも良い人風だけど、成人した大人はなかなか根っこの部分は直らないと思うの

カップルで麻薬やって、1人でマスコミの前で謝ったり、引退して看護学校に通うとか…のりピーを彷彿とさせるね。

 

そうそう、「待ち呆け」っていう名のコーヒー屋さんが大きな丸い窓があって雰囲気がとてもいいの。ここで ”スペシャル” 飲みたくなった。

第30週あらすじ感想はこちら
第28週あらすじ感想はこちら
「やすらぎの刻」感想一覧はこちら


コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください