公開日:

「やすらぎの刻~道」第35週(170~174話)ネタバレ感想

yasuragi

12月ですね。この8カ月あっという間だったな~

「やすらぎの刻」公式ページはこちら

第170話~人格の尊重

秀さん(藤竜也)から果たし状をたたきつけられたスタッフたちは、どう対応するか困っていた。スタッフが勝つと秀さんは傷つく。わざと負けたところでもっと傷つくに違いない。

菊村(石坂浩二)はスタッフから相談され、那須(倉田保昭)と原田(伊吹吾郎)に止めてもらうことを思いついた。

なんとか喧嘩を止めてほしいと相談すると、1対1の勝負ではなくて、3対3の勝負で柔道の総当たり戦にするのはどうかと彼らは提案した。

後期高齢者に差し掛かった3人は、前科者のスタッフには絶対に勝てない。先方と事前に話をつけて、那須と原田が勝つように仕組み、秀さんは戦わなくてすむようにすれば良いと話す。

「あなたたちはアイデアマンですね!」
「やすらぎの郷の平和のためです」

170話感想

秀さんはみんなに大事にされてるねぇ

第171話~興行主のマロ

秀さんとスタッフが決闘することに決まり、やすらぎの郷では大盛り上がり。マロ(ミッキーカーチス)が興行主となり、どちらが勝つか馬券を売り出した。

そんなとき、菊村は名倉理事長(名高達夫)から、マロがすい臓がんであることを知らされる。本人は気付いておらず、あと1カ月の命とのこと。名倉理事長はマロに好きなことをやらせてあげたいと言う。

菊村は衝撃を受けた。何とも言えない寂しさと虚しさで、心が張り裂けそうだった。

一方で、コンシェルジュの有坂エリ(板谷由夏)は、マロに対して困っていた。夜中に部屋へ遊びにおいでと言い寄られているそう。

菊村はマロに注意すると、全く反省の色はなかった。

171話感想

決闘の話は昨日で終わったと思ってたら、本当にちゃんと戦うんだね。

第172話~八百長試合当日

八百長試合の日がやってきた。

ロクさん(橋爪功)の司会により選手の入場が始まる。

<西軍>
先鋒:介護の野村
2番手:保安の中里
大将:施設の進藤
セコンド:調理の橋本

<東軍>
先鋒:元アクション俳優の原田
2番手:殺陣師の那須
大将:秀さん

試合が始まる前、追悼の歌として辛坊修(ジェリー藤尾)がマイウェイを熱唱する。

そして試合が開始する。予定通り原田と那須がスタッフをやっつけ、秀さんは戦わずして勝利した。

その後、菊村がバーを訪れると秀さんは落ち込んでいた。八百長試合はバレていたのだった。

172話感想

めんどくせー男だなぁ…

鉄兵じいちゃんに会いたい…

第173話~トンチンカンなめぐみ

老人vs壮年の戦いは、やすらぎの郷の入居者たちに、希望と興奮をもたらした。

菊村は手伝ってくれた原田と那須や、スタッフたちにお礼を言ってまわった。

スタッフは、秀さんが八百長を見抜いていたんじゃないかと心配していた。たとえ負けたとしても、本気で戦いたかったんじゃないかと、秀さんの心情を察した。

秀さんはめぐみの病室を訪れた。

あなた誰?
秀さんだ。そういう言い方するの
でもへんだな。秀さん死んだのよ
私が殺したの
だけど、似てるわ
あなた秀さん?

めぐみのトンチンカンな会話に秀さんは付き合っていた。看護師が昨日の試合の話をすると、秀さんは試合に負けたと言う。

完敗です!

秀さんだ!高井の秀さんだ!
でもヘンだなぁ
秀さん死んだはずなんだけどなぁ

その晩、菊村がバーにいるとマヤが入ってきた。マロが倒れて病院棟へ運ばれたとのこと

173話感想

桂木夫人とめぐみのボケは可愛いね

第174話~マロの助平心

菊村が名倉理事長にマロの病状を尋ねると、痛みを和らげる注射が効いて、コテージに戻っているとのこと。

昨夜、マロが倒れた時、コンシェルジュの有坂エリが助けていた。お誘いのメールがしつこくて、直接断りに部屋を訪ねたら、マロが七転八倒していたらしい。

苦しみながらも、ももやお尻を何度も触られ、本当に痛いのか芝居なのかわからず困ったとエリは言う。

その後、菊村はマロの部屋を訪れると、病気のことは知らなかった。エリが自分に気があるとか言い出し、菊村はバカバカしくて説教する気が失せる。

自室に戻った菊村がシナリオ執筆に取り掛かろうとすると、マヤが訪ねてきた。

人に忘れられるのが嫌で、自叙伝を書くことにしたとのこと。実名で書こうとしているマヤを、何とか阻止しようと止めた。

174話感想

マロはエロジジイだけど爽やかで嫌な感じがしないね。

第34週あらすじ感想はこちら
「やすらぎの刻」感想一覧はこちら


コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください