公開日:

「やすらぎの刻~道」第38週(185~188話)ネタバレ感想

yasuragi

完全に「道」のお話に興味を失ってしまった…。でも9か月間続けてきた感想だから、ゴールを目指そうと思う。

ちなみに2019年の放送は12月26日(木)の188話が最後とのこと。189話は2020年1月6日(月)です。

「やすらぎの刻」公式ページはこちら

第185話~詩子の父は瞬間湯沸かし器

翔(菅谷哲也)の彼女・詩子(渡辺早織)が家出し、しのぶ(清野菜名)の言葉で家に置いてあげることになる。かくて公平(橋爪功)の自宅で奇妙な生活が始まった。

公平としの(風吹ジュン)は、嫉妬するしのぶの女心を想像して楽しんだ。

翌日、公平は剛の農園を訪れて、剛の娘のあいの親友・詩子について尋ねた。あい曰く、翔と詩子は付き合ってるとのこと。さらに詩子のパパは高校の体育教師をしていて、壊れた瞬間湯沸かし器みたいだと言う。

しばらくして、詩子の両親が現れた。農作業から慌てて家に帰った翔は、

「お父さん!お母さんも、すいません!」
「君!君は日本語を間違えてます」

”お父さん”と言われたのが気に食わないらしい。さらに父親は詩子に激怒し、翔の祖父母の前で土下座させた。

185話感想

しのはしのぶを「とても健気で涙が出そう」と言っていたけど、全くそう見えないんだけど…。

片想いの男子の彼女に近づくしのぶは、なにか裏があるんじゃないかと疑ってしまう。

純粋に受け取れない私は心が汚れてしまっているのか…

第186話~ハゲとニキビが心の拠り所

詩子の父親は「暴力は愛情だ」と公平たちの前で持論を展開した。

「わかるでしょ?お爺さん」
「わかるけど…木宮さん、あんた日本語間違えてるよ」

公平は木宮さんのお爺さんではないことを指摘した。そんなとき、ハゲ(ミッキーカーチス)とニキビ(山本圭)がやってきた。

翔と詩子の結婚が決まったと思い込んだ2人はお祝いムード。公平はトンチンカンな2人を追い返した。

夕方、木宮夫婦と詩子は帰っていった。

年末になり、公平とハゲとニキビは、年越しの祥恩寺の鐘の音を懐かしんだ。戦争のために供出されたままになって、鐘の音はそれ以降聞くことができなかった。

その話を聞いた翔は、録音した鐘の音を広報無線で放送することを思いつく。孫たちで祖父母にプレゼントしようと計画を立て始めた。

186話感想

ハゲとニキビが好きだな~

少年の頃も年老いてからもどちらも好き

どうも孫世代に興味が持てなくてね…

第187話~祖父母へのプレゼント計画

平成3年の暮れ、公平とハゲとニキビは鎮守様の大掃除をした。

幼い頃から通いなれた小野ヶ沢の道が舗装されるとのこと。公平たちはふるさとが変わってしまうことがとても寂しく感じた。

一方、翔たち孫は、電器屋のハットリと甲州放送のカワスミの協力を得て、大晦日の電波ジャックの計画を進めた。

祥恩寺の物置小屋が音源を出すキー局となり、分担が決まる。

その後、公平たちが夕食を食べていると、突然、家中にハウリングの音が響いた。

187話感想

久々にほっこりするお話だった。

昭和編で公平の兄弟の年末年始のシーンが好きだったな。頑張って調べてみた。

 

昭和16年の年越しは、64話(第13週のあらすじ)だった。このとき両親は亡くなってたけど、兄弟勢揃いでお正月ファッションが可愛かったの。

 

昭和17年の年越しは、83話(第17週のあらすじ)。この年越し前に鐘が供出されたんだよね。そして次男の公次が出征していなかった。

 

昭和25年の年越しは、135話(第27週のあらすじ)。公次と三平と青っ洟が亡くなってしまって(涙)、ハゲとニキビとお寺参りに行ったんだよね。鐘の音が無くて寂しいから、ハゲとニキビが「ゴーン」って大声で言ってて和んだな。

そういえば田中哲司が演じてる公平の長男・剛はもう生まれていたね。

 

色々と懐かしいなぁ。やっぱり昭和編が楽しすぎた

第188話~除夜の鐘

大晦日、公平の子どもや孫たちが大勢集まって、家じゅう大騒ぎだった。

寺の住職が掃除をし始めたとのことで、しのぶと結が見張りをした。

夕方になり、一族で御馳走を食べた。賑やかな様子を公平は喜んだ。

夜11時半にみんなで初詣に出た。まず鎮守様にお参りをして、祥恩寺で鐘を突く。鐘は無いので住職へ挨拶。その後、お墓参り。

墓地にて公平が、亡くなった兄弟の話をしていると、鐘の音が聴こえてきた。

驚いた公平は慌てて走り出し、祥恩寺へ向かう。音の出どころは広報無線のスピーカーだった。公平は嬉しくて涙が溢れ出した。

鐘の音は小野ヶ沢一帯に鳴り響いた。

188話感想

なんというハートフルなお話…

昭和編からずっと見続けてきたからこそ、わかることだよね。

あの鐘の音には思い出がいっぱい詰まってる。

今年最後の放送が、除夜の鐘のお話で締めくくってくれるなんて粋だね。

次週感想はこちら

『やすらぎの刻~道』感想はこちら↓
1~10週(1~50話)
11~20週(51~100話)
21~30週(101~149話)
31~40週(150~198話)
41週~(199話~)


コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください