公開日:

『ルパンの娘2』1話ネタバレ感想~山本高広の渡部篤郎!

moon

大好きなドラマだったので、続きが見られるなんてめちゃくちゃ嬉しい。バカバカしいんだけど、しっかり作り込まれていてお金がかかっている。コロナの時代に日常を忘れられて、贅沢な気分になるね。

深キョンと渡部篤郎が好きなので、この2人メインで感想を綴ります。ところで深キョンは去年より痩せたよね。

「ルパンの娘」観るならこちら↓
FOD<フジテレビオンデマンド>

あらすじ

世間で死んだことになっているLの一族は、桜庭家に身を寄せていた。

事実婚の三雲華(深田恭子)桜庭和馬(瀬戸康史)は、なんだかんだで華パパ(渡部篤郎)が用意したマンションに一緒に住むことに。

そんなとき、兄の渉(栗原類)が大きな盗みのターゲットを発見。「信長の秘宝」と呼ばれる南蛮時計は、先に泥棒アベンジャーズに盗まれてしまう。

Lの一族と関係があった和馬は、公安警察にマークされていた。そのため、泥棒アベンジャーズを捕まえたら退職して華とひっそり暮らすつもりだった。

捕まり癖のある和馬は、泥棒アベンジャーズに捕まってしまう。

華はもう二度と泥棒はやらないと和馬と約束をしたが、泥棒スーツに身をまとい、和馬を救い出す。

「ごめんなさい。私は和くんを幸せにはしてあげられない」

華は和馬に記憶喪失の霧をかけて走り出す。どうやら華は妊娠している模様。

その後、和馬が急いでマンションへ戻ると、華はいなかった…

そのころ、、、京都に住む北条美雲(橋本環奈)の自宅が燃えてしまう。昭和のホームズと言われた祖父(伊吹吾郎)は、燃え盛る炎の中、手刀を腹に刺して自害する。

美雲は祖父が長年追っていたLの一族が放火犯だと思い、狙いを定める。

Lの一族再び!

ママがリモートで泥棒に参加したり、パパがウーバーイーツのリュック背負ってたり、渉が庭のテントでソーシャルディスタンスとってたり。前作では無かった現状を取り入れる小ネタが楽しい。

アメリカのホームドラマに出てくるパパとママみたいなノリが好きだな。会話にスピード感があって、適当なことばっかり言ってるんだよね。

渡部篤郎がやっぱり上手。ママに暴言を吐いたときは焦ったよ。

「お前は役立たずのブタだ!」

空気が変わるよね。まんまと騙されたよ。記憶喪失の霧を試しただけだったの、ホッとした。

篤郎さんが主役のドラマとか、またやってくんないかな?

 

円城寺さん再び!

円城寺さん(大貫勇輔)がイスタンブールから戻って来てくれたー。シーズン2も引き続き出てくれることを知った時は、大喜びしたんだ。はー大好き…

♪そうよ、私は泥棒一家の娘
愛した人は警察一家の息子
運命乗り越え二人 結ばれたのよ
だけれど、時々わからなくなるの
本当にこれでいいのかなって
愛しきあなたに、私の宿命
背負わせてしまってるなら苦しむのは
私だけでいい
愛しきあなたに無理をさせて
しまっているのなら
全部私に話して…!
愛しきあなたよ~♪

 

実録!Lの一族の生涯

テレビで泥棒一家の半生のドキュメンタリーをLの一族が観てるの。篤郎役を山本高広がやってる。

私、この人の織田裕二と渡部篤郎のモノマネが大好物で、疲れた時とかにYouTubeで見てたりしてたんだよね。元気出る。ここで本物とのコラボが見れるなんて、胸熱だよ。

小沢真珠役の人もめちゃくちゃ上手い。

そして深キョン役に吉田沙保里とか!!

「あんたの犯した罪 悔い改めな」

棒なところも笑える。レスリングの技を使って、いつものアクションよりダイナミックだよね。これもっと見たい。

日テレとかだと、このメンバーの小話をhuluで配信!とかやっちゃうんだろうなぁ

不覚にも泣いてしまった

ゆる~く楽しんでたから、油断してたんだよね。最後の最後で華がいなくなって、和くんがマンションに慌てて戻ってきた。

華の両親は何だか冷たい態度…

祖母のマツ(どんぐり)が固まってて涙をこらえてるの。はーもうこれだけで涙腺崩壊。

問い詰める和くんに、ママは娘は新婚生活がストレスだったんだと言う。パパは娘を守るために、実家へ帰ってくれと言う。

あぜんとする和くんに、

「出て行け!!」

はーツラい…。華はカーテンの奥に隠れていたんだね。お腹の子は一人で育てるらしい…

思い出した。そういえばシーズン1も、毎話バッドエンドで終わってたような。でも予告ではお腹の大きい華がアクションしてる!これは楽しそうだ。来週が待ち遠しい。

ルパンの娘2ネタバレ感想は↓こちら
【1話】 【2話】 【3話】 【4話】 【5話】 【6話】 【7話】 【8話】 ...

ルパンの娘ネタバレ感想はこちら


コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください