公開日:

アマゾンドラマ『しろときいろ』ネタバレ感想~横浜流星の肉体美を堪能

shirotokiiro

只今「初めて恋をした日に読む話」でドハマり中の横浜流星くんの過去作品をあさってます。

彼が出演した「しろときいろ~ハワイと私のパンケーキ物語」は2018年2月から、Amazonプライムのオリジナルドラマとして配信されています。毎話15分の全25話です。

てっきり川口春奈ちゃんがハワイにパンケーキの修行に出て、最終的にお店をオープンするお話だと思ってました。中盤くらいまでは女の子の日常を描いたドラマで、それほど修行はしないのね。

予想とは違ったけど、川口春奈ちゃんがキラッキラに可愛いのと、横浜流星くんのサーファー姿が観れたので、結構楽しめました。

しろときいろは↓こちらで視聴可能
Amazonプライム・ビデオ

<あらすじと感想>
オープニング
キャスト
1   2   3   4   5
6   7   8   9  10
11
 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 最終話 

オープニング

主題歌はスピッツの「スターゲイザー」。アラフォーの私としてはスピッツが青春時代ドンピシャなので、これはテンション上がる。

ドラマが15分しかないのに最初の2分間は毎回主題歌が流れて、映像はハワイの風景バックに川口春奈ちゃんがひたすら走ってます。

これがめーーーちゃくちゃ可愛いです。バレー部にいそうなしっかりした骨格で、海の風景とマッチしていて爽やか。日に焼けてて(地黒?)健康美にあふれてます。スタイルが良いから簡素な衣装が似合うね。

 

キャスト

★夏海・ナミ(川口春奈)
高校3年生。将来の夢は普通に生きること

★涼介(横浜流星)
夏海の幼馴染。プロサーファーを目指す

★拓馬(薬丸翔)
ハワイ在住。背が高い

★夏海の父(時任三郎)
サーフショップのオーナー。パンケーキ作りが得意

★真奈(吉川愛)
夏海の親友

★瑞穂(織田梨沙)
夏海の親友

 

1話:お父さん作のパンケーキ

2013年ホノルルーー
オープン当日にオーナーの夏海(川口春奈)は寝坊する。着替えてダッシュで店へ向かう。

2009年茅ヶ崎ーー
夏海は高校の卒業旅行にローマに行く計画を立てていたが、友だちが旅費が無く、行き先をハワイに変更することとなった。落ち込む夏海を励まそうと、父親(時任三郎)がパンケーキを焼く。

1話感想

ドラマ始まってすぐオレンジのミニのワンピースでダッシュする川口春奈がとにかく可愛い。制服姿も可愛いし。

お父さん(時任三郎)と幼馴染の涼介(横浜流星)に塩対応なのもめちゃ可愛い。

とにかく川口春奈の可愛さを堪能する1話になってる。

 

そうそう、娘を励ますためにお父さんが作ったパンケーキがすんごいの。生クリームどっさり。美味しそうではあるんだけど3口くらいで満足しそう。

 

そして夏海の友だちってエトミカちゃんだよね!出てたんだ~

 

2話:幼馴染設定に萌え

学校へ向かう途中、涼介と将来の夢について話す。

涼介はプロのサーファーになって将来夏海の父のようにサーフショップを開きたいとのこと。夏海の夢は普通に生きることだと話す。

なんやかんやで卒業旅行の行き先はハワイになり、女3人の旅行が始まる。

2話感想

幼馴染の夏海と涼介が可愛い。

このまま恋愛に発展して一緒にサーフショップ継げばいいのに。

旅先での夏海のTシャツと綿のミニスカートが健康的な体形に似合ってる。

 

3話:出会いにときめかない

shiro1

旅先で友だちとはぐれ、たまたま見かけた日本人・拓馬(薬丸翔)に助けを求める。拓馬のおかげで友だちと合流でき、そのままハワイを案内してもらうことになる。

3話感想

顔と苗字からしてやっくんの息子だよね?

てかこの顔と演技でイケメン設定って盛り下がる~。顔は小藪そっくりで、台詞はトトロのメイちゃんのお父さん(糸井重里)とそっくりな棒読み。

ガーークーーー。観てられない…

 

やっくん息子はおいといて、3人の水着姿が眩しいね。

浮き輪はウエストを隠す作戦か?

細いんだから見せればいいのに

 

4話:話が入ってこない

友だちがネックレスをなくし、みんなで探し回る。夜になり拓馬がおすすめのパンケーキ屋に連れて行くが、定休日であった。

4話感想

拓馬がキモイ(ごめん。ついに言っちゃった)。拓馬シーンは早送り。

ただただ海が綺麗。川口春奈とキスをするイルカが羨ましいぞ

 

5話:早く日本へ帰ろうよ

夏海と拓馬は夜のビーチを散歩しながら夢を語り合う。最終日、拓馬の父が腰を痛め、代わりに拓馬が店に出ることに。そこで夏海たちは拓馬の店を手伝う。

5話感想

はーーー。

拓馬とのシーンまだまだ続く。

これは苦行だわ。

 

6話:お待ちかねの涼介登場!

shiroto1

ハワイ旅行から1年が経ち、夏海たちは大学生になっていた。自宅で堂々と朝食をとる涼介(横浜流星)に、図々しいと不機嫌になる夏海。

友だちから涼介との関係を聞かれるが、ただの幼馴染だと答える。一方、ハワイで出会った拓馬(薬丸翔)とは文通をしていた。

ある日、サーフィンをする涼介に熱い視線を送る女子がいた。その子から夏海のことをどう思っているのか聞かれた涼介は、夏海に対する思いを語る。

6話感想

ご飯をほおばる涼介が可愛い。

夏海がこれまた涼介にすんごい冷たいの。

なぜ??

この二人で恋愛してくれたらめちゃくちゃ楽しいドラマになるんだけどな…

 

そしてお待ちかねのサーファー姿!

横浜流星くんのPVかと思うくらい長めのシーン。あざーっす。

髪型オールバックにして額を出すと男っぽいね。こんなにかっこいいのに夏海ちゃんの塩対応ったら…

 

涼介に片想いしてる女子って「花晴れ」に出てた愛莉(今田美桜)似てるんだけど…。てか絶対そうだよね。公式HPに名前載ってないくらいチョイ役なのね…

 

7話:来なくていいよ

拓馬が日本に来る。デートにスピッツのライブに誘うと、拓馬もチケットを2枚持っていた。余った2枚を真奈(吉川愛)に譲ると、真奈と涼介がやって来た。

7話感想

だから拓馬は来なくていいから~。

ダメだ。はーーー

二人のデート現場に現れたTシャツと短パンのラフな格好の涼介が可愛い。

拓馬にライバル心燃やしてるバチバチな空気感いいね。見た目なら圧勝だよ

 

8話:謎展開だけどありがとう

涼介(横浜流星)は拓馬(薬丸翔)に敵意を見せ、4人の間にぎこちない空気が流れる。

門限を過ぎたため夏海の両親に謝罪する拓馬。後ろにいた涼介が拓馬を連れ出し、殴りかかろうとする。夏海の父(時任三郎)が止めに入り、ビーチフラッグで勝負することを提案する(なぜ?)

後日、散歩中に突然せき込む父親。病のフラグが立つ。

8話感想

無理やりな展開すぎて笑ったわ。

でも涼介の海パン姿と全力疾走を見れて眼福でした。そして夏海が着てる水色のワンピースが可愛い。

 

涼介が拓馬の胸ぐらつかんだ時、勢いがありすぎて中の人めっちゃびびってた。これは拓馬が気の毒。横浜流星くん空手チャンピオンだもんね。そりゃ怖いよ…

 

ビーチフラッグ対決は涼介が勝ったのに、夏海ったら拓馬についた砂を払いながら、涼介のことめっちゃ睨んでる。

ヒドイ…

夏海が拓馬のどこに惹かれたのかさっぱりわからない。

しろときいろは↓こちらで視聴可能
Amazonプライム・ビデオ

 

9話:さらに謎展開は続く

shiroto2

夏海の父は不治の病にかかっていた。

落ち込む夏海であったが、周りの励ましもあり前向きに生きて行こうとする。

夏海は幼いころ背中に負った傷のことを父親に尋ねる。サーフィンに没頭している間に夏海が岩場で怪我をしてしまった。それをきっかけにサーフィンをやめたとのこと。

9話感想

突然の不治の病設定!

今までめちゃくちゃ元気そうだったのに死亡フラグ立ちまくり。

気持ちがついていかない…

 

10話:時任三郎をもっと観たい

病院食が合わず、家に帰ってパンケーキを焼く父親。夏海は父のためにパンケーキを焼き病院へ持って行く。やがて退院となり、喫茶ろんろんで退院祝いのパーティーを開く。

次のシーンでは母・姉・夏海の喪服姿。どうやら父親が亡くなったらしい。

10話感想

夏海が病院に持ってきたパンケーキ、その上に大盛の生クリーム!

これは看護師に怒られるよね~。

食事管理とかしてないのかな?

あと退院パーティーって病気が治ったわけじゃなかったのね。

 

ホームドラマってなにかとみんなで集まって歌とか歌いがちだよね。

司会をしてる涼介が婿みたい。夏海とお似合いなんだけどな~。結婚すればいいのに。

3人娘のカラオケが可愛い。

時任三郎のウクレレ弾き語り姿が渋すぎる。

 

こんな和みの時間の後にお葬式っすか…早いよ…

 

11話:サーフショップ閉店

父が亡くなり半年が経ち、サーフショップは母(財前直見)が切り盛りしていた。体力の限界がきてお店を閉める決断をする。

11話感想

寂しいけどこれはしょうがないよね

 

12話:進路に迷う時期

shiroto3

2012年。将来について友だちと話になり、真奈はなりたい自分を目指すと言う。瑞穂は現実を見るべきだと言う。涼介はサーフィン以外は考えられないと言う。夏海は何も決められずにいた。

そんなある日、拓馬からハガキが届く。

12話感想

拓馬はいらん。

 

女子会の焼肉パーティーにちゃっかり参加してる涼介が馴染んでる。

夏海ちゃんにイラつかれても笑顔だし、なんなのこの子。女子たちが将来の話を熱弁してる間にモグモグ食べたりビール飲んだり可愛い。

 

傘さしながらの帰り道。

はーーーやっぱ涼介と夏海がお似合い。

この先のことはわからないけど「俺は変わらない」ってこれ夏海への気持ちのことだと思うけど、夏海は完全スルー。

切ないわ~

 

13話:切ない片想い

拓馬(薬丸翔)の実家は経営難で閉店し、引っ越ししたとのこと。夏海は拓馬に会うためハワイへ行くことにする。

一方、涼介(横浜流星)は学校へ行かず毎日サーフィンに明け暮れる。見かねた父(千葉哲也)は大きな大会で優勝したら認めてやると言う。涼介は夏海に大会へきてほしいとお願いするが、その日はハワイへ出発する日だった。

13話感想

細マッチョの肉体美が素晴らしいわ。

夏海ったら涼介の大事な日に拓馬に会いに行くなんて…

涼介も空気読んじゃって、夏海の恋を応援してあげるのね。

えーーー涼介にしときなよ。

 

14話:私は泣けない

shiro2

ハワイへやってきた夏海は、拓馬と会う。

拓馬は天文学者になる夢があり、その話を聞いた夏海は涙を流す。

拓馬は、以前夏海たちがハワイ旅行へ来た時に行けなかったパンケーキ屋・エッグスンシングスへ連れて行く。そこで食べるパンケーキは父親が作った物と全く同じことに気付く。

14話感想

はーーーがまんがまん

 

15話:無謀なお願い

夏海は父に作ってもらったパンケーキと同じ味だったことを母に電話で伝える。

夏海は店員の令子(マイコ)に、「日本にもあればいいのに」というと、令子も同じ想いであった。そこで2人はオーナーのジョンに日本で開店したいと直談判に行く。

15話感想

やっとパンケーキ物語が動き出した

 

16話:結果を残す男

日本でエッグスンシングスをオープンする夢を持った夏海は、英語やビジネスについて猛勉強を始める。

一方、涼介はサーフィン大会で見事入賞を果たし、夏海のお店でお祝い会を開く。夏海は友人らにやりたいことが見つかったと打ち明けるが、瑞穂に事業を起こすのはリスキーだと反対される。

16話感想

サーフィン大会入賞おめでとう!

やる男だと思ってたわ。

次は全日本選手権だって。すごいね

 

またまた3人娘に紛れ込む涼介。

この4人可愛いわ~。

骨付き肉バクバク食べてる。

 

17話:融資却下

夏海は融資を受けるために、銀行の融資担当者に食べてもらうことを考え、目の前で作る。しかし食べてもらえず融資は却下される。

17話感想

銀行の打ち合せ場所でホットプレート出すなんて。銀行も迷惑だろうな…

しろときいろは↓こちらで視聴可能
Amazonプライム・ビデオ

 

18話:金持ちで愛妻家の和田さんグッジョブ

母(財前直見)に夢のことがバレる。母は保証人にはならないと夏海を突き放す。

そんな折、知り合いの知り合い、お金持ちの和田という人が認知症の妻のためにパンケーキを作って欲しいと頼む。喜んでパンケーキを食べる妻を見て、いつでも力になると夏海に約束する。

18話感想

そりゃドラマだから何とでもなりますわ

 

19話:ヒロインの幸せを願う二番手男子

shiro3

砂浜で涼介(横浜流星)と日本で出すお店のことについて語り合う。

ある日、令子(マイコ)からジョンが倒れたので、日本出店の承諾をもらうチャンスだと連絡が入る。拓馬(薬丸翔)はジョンに夏海の手紙を読んでもらう。すると夏海に会いたいと連絡が入る。

ハワイに行くことになるが、その日は涼介の大会の日であった。お店のことを応援する涼介は「行ってこい」と背中を押す。

19話感想

夏海と涼介の空気感が自然でお似合いなんだけどな~。

夏海はこれっぽっちも気持ちがないのよね。

切ない…

涼介は好きな子が幸せになって欲しいから、夢も恋も応援してあげるのね。

やっぱサーファー姿がとてつもなくかっこいいわ。

 

20話:弱みに付け込む二番手男子

空港へ向かった夏海のもとに、涼介がボードから落ちて意識不明だと電話が入り、急いで病院へかけつける。夏海が涼介の手を握って泣いていると、涼介は目を覚ます(マジで?)。

しばらくして拓馬から連絡があり、ジョンが日本出店ではなく、ハワイのお店を夏海に任せたいと言っていると聞く。夏海はハワイへ行くべきか悩む。

涼介は日常生活は問題ないがサーフィンが出来ない体となる。落ち込んだ涼介を励まそうと屋上に向かう。涼介は夏海に「そばにいてくれ」と抱きしめてお願いする。

20話感想

これまた急展開な…

屋上にいる涼介、車いすとかじゃなくて普通に立ってるよ。

全然サーフィン出来そうだけど、医者が言うことには出来ないのね。

そりゃしょうがない。

なんか横顔が徳永英明に似てるんだよな~

 

21話:努力むなしく恋が終了

涼介は怪我のためプロサーファーを諦めることとなり絶望する。

母親同士(財前直見・富田靖子)で夏海がハワイへ渡りエッグスンシングスで働くことについて話している時、涼介が立ち聞きしてしまう。落胆するが、夏海にパンケーキを焼いて欲しいと頼む。優しい味がすると伝え、ハワイへ行くことを応援する。

21話感想

母親が財前直見と富田靖子なんて贅沢すぎる。

 

幼なじみの涼介に泣きつかれてどうしようって感じの夏海ちゃん。

涼介は、怪我を理由に夏海の気持ちを繋ぎ止めようとしたけど、やっぱり好きな子には幸せになって欲しいよね。

夏海のことは諦めるのか。

そっか~

 

まーた病院で生クリームどっさりのパンケーキ出しちゃって。いいの?

そして涼介のパンケーキの食べ方がヘタすぎて可愛い。

口の周りにクリームめっちゃついてる。

 

22話:困難を乗り越え一致団結

2013年。夏海はハワイのエッグスンシングスでオーナーとして働くことになる。色々困難を乗り越え従業員たちと上手くやっていく。

22話感想

外国の小娘をいきなりオーナーにするなんて、ジョンの采配がすげーな

 

23話:新店舗の土地探し

ある日、夏海はジョンから、お店を立ち退かなければならないため、新しい店舗の場所を探して欲しいと頼まれる。夏海はさっそく土地探しを始める。

23話感想

何度も言うけど、こんな小娘に土地探しお願いするなんて、ジョンったらどうかしてるよ

 

24話:まさかの遺骨出土

お店を開く場所が決まり工事が始まるが、その土地から古代ハワイ人の遺骨が発見され、供養の儀式のため工事が遅れる。

ある日、店の倉庫で昔の写真を見ていた夏海は、ジョンたちと一緒に写る父親の姿を見つける。ジョンに聞くと、昔バイトで雇ったことがあるとのこと。日本では母と姉と和尚が「因果」だと語る。

24話感想

ハワイが舞台だと拓馬ばっかりで萎える

そして残り1話で人骨が地中から出てくるなんて、どういう展開よ…

 

25話:新店オープン

夏海は新店の準備で忙しい。オープン前日も遅くまで残っていたため、オープン当日に寝坊してしまう。令子に電話で謝りながら全力で駆け出す。お店の前に並んだ行列を見て喜ぶ。

日本では、夏海の父が営んでいたサーフショップを涼介が継ぐことになる。みんなで夏海の噂話をし、近々日本に出店の予定があると母は言う。ー完ー

最終回感想

面白かったー!

最終回で1話の走ってるシーンと繋がるのね。

高校卒業から5年間の夏海の成長を見守れて楽しかったよ。

 

これセカンドシーズンとかやらないかな?

拓馬とは別れて、日本に帰ってきてお店出すの。んで実家のサーフショップを継いだ涼介と結婚する、とかさ。

続き観たいな~

 

無理やりな展開だらけだったけど、悪い人は出てこないし、お涙頂戴な感じも無くあっさりしてて、お気楽なエンターテイメントとして楽しめた。

とにかくキラキラな川口春奈ちゃんと横浜流星くんを堪能できてなかなか素敵なドラマでした。

しろときいろは↓こちらで視聴可能
Amazonプライム・ビデオ


コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください