公開日:

「アシガール」第83戦(ココハナ4月号)ネタバレ感想~新婚編スタート

coco4

今月号から新章がスタートです。

カラー表紙の二人がすごく大人っぽくなっていて、初めて見た時は誰?と思った。気持ちを切り替えていかねばならぬ。そう覚悟して読み始めました。

あらすじ

唯とその仲間たちは山の中を必死に駆けていた。体力の限界が来るが、なんとか力を振り絞りまた走り出す。

この半年前のこと、緑合城では若君が散髪をしていた。童のようなポニーテールはやめて、良き妻を得たから髷にイメチェンするとのこと。出来上がりを見た唯はうっとりして腰を抜かす。

唯が部屋に戻ると若君の奥方つき腰元・渡瀬(とせ)が待っており、小言を言われる。

殿の部屋に若君と兄上が呼ばれる。叔父の晴永から御月家を継いでほしいと言われ、息子たちの意見を聞きたいとのこと。

若君は、織田の勢力が大きくなれば羽木家は生き残ることはできない。御月家を継ぐしか道が無いと言う。

兄上も同じく、羽木の名を残すと御月家に害を及ぼす恐れがあると考えていた。

若君は唯がいる部屋へ戻り、羽木の名を捨てることを伝える。気が乗らない様子の若君に唯は

「御月 唯!」

美人っぽい名前だと嬉しそうに話す。そんな唯を見た若君は、名前なんてどうでもいいことだと気付く。「御月」とは満月のこと。二人にピッタリな名前だと若君と唯は談笑する。

そして十日ほど後、羽木忠高は御月家の家督を継ぐ決断をした。

感想

髷姿の若君に慣れなくてちょっと戸惑ったわ。

すごく素敵なストーリー。夫婦になったとしても血のつながらない赤の他人だから、考えてることってそれぞれ違うのよね。ちゃんと話し合う場を設けて、お互いの考えを言い合うのって大事だわ。全然思ってもみなかった言葉で励まされて、若君は目の前の霧が晴れたようにスッキリしたみたい。

ほんと唯ちゃんを嫁にして良かったね。

この半年後に山を駆けてるってことは、まだ妊娠してないのね。この先どんな展開になっていくのか全く予想がつかない。

ココハナ電子版読むならこちら↓

◆漫画感想◆
86戦 85戦 84戦 83戦 番外編 82戦 81戦 
12巻 9巻 8巻 7巻 6巻 5巻 4巻 3巻 2巻 1巻


コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください