公開日:

ドラマ『私の夫は冷凍庫に眠っている』全話ネタバレ感想・キャストなど

2021年4月10日(土)スタートのドラマ「私の夫は冷凍庫に眠っている」を紹介します。うちはテレビ東京が映らない地域なので、先にパラビで一気見しました。

婚約中の彼女がDV彼氏を殺して、庭の倉庫にある冷凍庫に遺体を眠らせます。なのに翌朝、元気な彼が目の前に現れた。どういうこと…?

原作とは設定を変えてきていたので、新しい気持ちで楽しめました。

原作:八月 美咲(エブリスタ)
コミカライズ:高良 百(マンガワン)

paravi【パラビ】で観る
この記事の目次

キャスト
第一話:再臨
第二話:生贄
第三話:聖餐
第四話:告解
第五話:禁忌
最終話:覚醒
あとがき
※↓漫画のネタバレ感想は別ページです
【1巻】【2巻】

コミックシーモアで読む
ebookjapanで読む
まんが王国で読む

登場人物

夏奈なな:本仮屋ユイカ
祖父が遺した古い洋風の一軒家に暮らす。闇を抱えた女性

★佐藤りょう:白洲迅
夏奈の婚約者。夜間清掃の派遣社員

孔雀くじゃく先生:斉藤由貴
ミステリー作家。おせっかいな隣のおばさん

木芽このめ:浅田美代子
夏奈の母。心療内科の先生

★唐沢:青柳翔
不動取引の仲介業者

 

第一話:再臨

婚約者の亮(白洲迅)を殺した夏奈(本仮屋ユイカ)は、祖父が駄菓子屋から譲り受けた業務用冷凍庫に遺体を詰め込んだ。

しかし翌朝、、、

「おはよ」

昨日殺したはずの亮が現れた。

ずっと心に闇を抱えて生きてきた夏奈は、亮と出会い、幸せを感じていた。しかし1週間前、豹変した亮に犯された。

昨日までの亮は悪魔なのに、生き返った亮は優しい。でもまた裏切られるだろう…

もう一度殺すしかない…

感想

真夏の夜に観たい感じのドラマだ。

夏奈はよくあんなデカい男をビンで殴り殺したよね。非力な女性らしい殺し方(なんやそれ?)を見せてほしかったな。

凍ってるものを切ろうとするときに、包丁を高く振り上げるのとかも、演出がイマイチ好きじゃないかも。

 

第二話:生贄

殺しても生き返ってくる悪魔は、殺すだけじゃ足りない。

そこで夏奈は凍った亮の肉を料理して、生き返った亮に食べさせることを思いつく。

職探しに出る亮に、夏奈は人肉入りハンバーグのお弁当を持たせる。お昼になり、亮はお弁当の中身をゴミ箱に捨ててしまう。

彼との出会いは半年前、ケーキ屋さんでぶつかった。2人ともその日が誕生日だった。

今日の夕飯は人肉入りソーセージ。口にする前に、夏奈の母(浅田美代子)が訪ねてきた。無職の亮を認めない母に、亮は最近就職が決まったから、結婚させてほしいと頭を下げる。

真夜中になり、亮は庭の物置に近づき、力づくで扉を開けようとしていた。

感想

弁当の中身を捨ててたってことは、亮は何か知ってるの?どうなってるんだ?

亮のクズエピソードが少なくて、夏奈がただの頭のおかしい女に見えてしまう。母親も健在だし隣のおばさんも優しいし、逃げる先はあったはずだよね。

俳優のイメージもあるから、そんなにクズには描けないのかな~

paravi【パラビ】で観る

 

第三話:聖餐

亮は物置から奇妙な音がするから扉を開けようとしたとか。

翌朝、夏奈は冷凍庫に布をかけ、ウサギの置物を置く。

その後、出先で物置のカギの閉め忘れに気付き、急いで帰宅すると、ウサギの向きが変わっていた。

亮は就職先の社長の唐沢さん(青柳翔)を家に招き、自家製のひき肉で作ったクリームシチューを振舞う。

どうしても食べようとしない夏奈に、亮は一口食べる。

「大丈夫。アレは入ってないから」
「あなた…だれ?!」

亮を殺して冷凍庫に入れたと言う夏奈に、亮は一緒に見に行こうと言う。

ちなみに夏奈の母が手配した探偵は、亮の本名が「クボタソウ」で詐欺グループの一味だと突き止める。

感想

急にサスペンスチックになって面白くなってきた。

亮が「自家製」をやたらアピールしてたね。

最初の頃は本仮屋ちゃんの怯え方がわざとらしかったけど、だんだん板についてきた。亮との力関係が怖い。

コミックシーモアで読む
ebookjapanで読む
まんが王国で読む

 

第四話:告解

亮と一緒に物置へ向かった夏奈は、1人で中に入り立てこもる。

一方、探偵から報告を受けた夏奈の母は、隣の孔雀(斉藤由貴)に娘の様子を見てきてほしいと頼む。

孔雀は隣家を訪ね、誘導尋問で亮が双子だと突き止める。

最初に夏奈と暮らし始めたのは亮で、殺されたのは兄ソウだとか。兄弟は夏奈の土地を狙って近づいた。亮は優しい恋人を演じているうちに本当に好きになってしまった。

ソウは結果を出さない亮を暴行し、入れ替わって夏奈の前に現れる。ケガが良くなって家に戻った亮は、庭で遺体を引きずる夏奈を見てしまった。

孔雀先生は、亮の首の絞め痕を指摘し、今の話を信用していない模様。

「夏奈、また2人で暮らそう」

夏奈が亮の言葉を信じようとしたとき、母が現れ亮を刺す。

感想

なんだか切な~い。って思って見てたら、最後ビックリした。完全に母の存在を忘れていたわ。

 

第五話:禁忌

孔雀の提案で、倒れた亮を自宅に運ぶことに(!)

夏奈は母に冷凍庫の中を見せ、クボタソウを紹介する。そして母娘で遺体を運び出す。

その後、2人は物置で見つけた線香花火に火をつけて感傷に浸る。

翌朝、亮は目を覚ます。傷は浅かったようだ。

実は唐沢は亮と詐欺グループの一員だった。唐沢は夏奈の本当の両親が失踪中だとわかり、脅すために冷凍庫の写真を撮るよう亮に指示を出す。

しかし冷凍庫の中は空っぽだった。

感想

えーーー!!!どういうこと?!亮の話はウソだったの?
みんなあやしくて怖い。

 

最終話:覚醒

亮は孔雀の留守中に侵入する。

「探し物は見つかった?」

孔雀は亮のことをクボタソウと呼ぶ。どうやら最初に冷凍庫に入っていたのはソウで、亮に助けてもらったらしい。それなのにソウは亮を絞め殺し、代わりに冷凍庫に入れた。

そして亮になりすまし、夏奈をダマすうちに好きになってしまった。

夏奈は中三のとき、母が再婚して新しい男がやってきた。その男は暴力を振るい、ある日、母を殺してしまう。娘の夏奈は熱湯をぶっかけ、コードで絞め殺した。

そのとき親身になってくれた児童養護施設の職員(浅田美代子)に引き取られて養子になったとか。

夏奈の家に侵入した唐沢は、床下から亮の遺体を見つける。その隣には白骨化した両親の遺体も並んでいた。そこに現れた夏奈が金づちを振り下ろして唐沢をぶっ殺す。

ただいま床下には4人の遺体が並んでいる模様。

結婚式の日、ソウは正体を明かそうとするが、夏奈はどちらでもいいと言う。

感想

へーーー、この結末好きかも。
あの白いバラはお供え用だったんだね。

最後の夏奈のキスの仕方がエロくて狂気を感じた。1話はぎこちなくてミスキャストかな?なんて思ったけど、回を重ねるごとに夏奈にハマっていった。清純そうで凛とした見た目がホラーとマッチするよね。
低い声が良かった。

 

あとがき

ただ怖いだけじゃなくて、女性の生きづらさがきちんと描かれていて、物語に引き込まれた。性暴力の恐怖を断つには殺すしかない、って短絡的だけど、それしか選択肢がない状況だよね。他人に相談するのも難しいし。

実際はできないけど、女性の理想を形にした復讐の仕方で、爽快さを感じた。女性同士で陰で協力しあう感じもリアルだった。

最後の、夏奈が開き直った感じ良かった。サイコパスな夏奈をまさか応援してしまうとは…

あまり期待してなかったんだけど、予想外に面白かった。

あと斉藤由貴のファンタジーさが物語をマイルドにしてくれて、浅田美代子もなかなか良いキャスティングだったよね。この2人の存在で物語に奥行きが出てた。

エンディングにかかる曲(MATSURI「金魚すくい」)が切なくて好きだったな。

paravi【パラビ】で観る

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください