公開日:

漫画『私の夫は冷凍庫に眠っている』2巻ネタバレ感想・結末など


小説投稿サイト「エブリスタ」で話題になった『私の夫は冷凍庫に眠っている』のマンガ版2巻を紹介します。

夫を殺したのに、翌日夫が帰ってきた。知り合いの蒲田さんに全部話してしまおうか迷ってる状況から2巻が始まります。

原作:八月 美咲
漫画:高良 百
掲載サイト:マンガワン


(電子書籍のebookjapan)

コミックシーモアで読む
ebookjapanで読む
まんが王国で読む

登場人物

夏奈なな
結婚4年目でDV夫の亮を殺害し、冷凍庫に遺体を隠す。現在アバター夫と暮らす。

りょう
殺害前の亮:無職で暴力的
殺害後の亮:就職し、家事も手伝い、温和

★蒲田
亮の職場の同僚。夏奈とは過去に参加したお見合いパーティーで出会う

 

8話:お弁当の行方

蒲田さんに全てを話そうとしたとき、亮が帰ってきた。

夏奈は豚肉だけで作ったソーセージを振舞うと、蒲田さんはいつも亮のお弁当をもらっていると話し出す。

なんと、亮に持たせていた人肉入りお弁当は、全て蒲田さんが食べていたのだった。

怒りに震える夏奈は、早くこの亮を始末すべきだったと後悔する。

夜になり、庭の物音に気付いた夏奈が見に行くと、亮が倉庫の前にいた。

 

9話:カエルの置物

焦った夏奈は亮に声をかけ、事なきを得る。

夏奈は夜中に倉庫へ行き、冷凍庫の亮を確認する。上に布をかぶせ、カエルの置物を置く。

さらに亮のスマホをこっそり調べると、あやしいものは何もなかった。

アバター亮との生活はとても平穏で、夏奈は幸せを感じるほどだった。冷凍庫の亮を始末して、全てなかったことにしようと思いつく。

夏奈が倉庫へ行くと、カエルの置物の向きが変わっていた。

部屋に戻ると亮が麻婆豆腐を作っていた。あの冷凍庫に何が入っているのか、亮は全部知っている。そう思った夏奈は家を飛び出した。

 

10話:告白

恐怖で家を飛び出した夏奈の前に、蒲田さんが現れる。

「亮を殺したんです…」

夏奈は蒲田さん宅にお邪魔し、お弁当以外のこと全てを打ち明ける。

仕事を辞めて離島へ引っ越す蒲田さんについていこうと、夏奈は通帳などを自宅に取りに行く。

するとデーモン亮が待っていた。

怯える夏奈に、亮は麻婆豆腐を食べて見せ、冷凍庫の肉は入っていないと言う。

「あなたは誰…?」

コミックシーモアで読む
ebookjapanで読む
まんが王国で読む

 

11話:亮の正体

「夏奈、俺だよ。夏奈の夫だよ」

夏奈は亮に手を引かれ倉庫へ。冷凍庫を開くと、そこにはただの肉の塊が入っていた。

亮の罠だと思った夏奈は家を飛び出し、蒲田さんのもとへ。一緒に逃げようと話しているところに、亮が現れる。

な、なんと、蒲田さんは亮の味方だった。夏奈は抵抗することに疲れ、死を覚悟していると、亮は真実を話し出す。

「夏奈、俺の本当の名前は…そう

 

12話:真実

目の前の亮が「奏」だと名乗り、混乱する夏奈は取り乱す。

亮と奏は一卵性の双子で、1人の亮として時々入れ替わっていたとか。夏奈の思い出の優しい亮は、全て奏だと言う。

亮と奏の母親はDV夫から逃げ、双子の安全を考えて出生届を出さなかった。戸籍が無いまま今に至るらしい。

婚姻届けの提出を亮にお願いした夏奈は、入籍していなかったことを知る。

奏は子供の頃から暴力的な亮を恨んでいたが、切り離せない存在だった。

あの夜、盆踊り大会で踊り狂う夏奈を見つけた奏は、急いで家へ戻ると、倉庫の冷蔵庫に入った亮を見つける。まだ息があったが、奏は首を絞めた。

冷凍庫の遺体は畳の部屋に埋めたと言う。夏奈は奏の話を信じて、自宅に帰る。

 

13話:新しい生活

畳の下に死体が埋まったまま、平穏な日々が始まる。

交番の前を通った夏奈は、指名手配犯のポスターに蒲田さんの顔写真が載っていることに気付く。夏奈は奏に、人肉入りのお弁当を食べさせた理由を聞く。すると、幸せに育った天真爛漫の蒲田を汚してやりたかったとか。

隣に住む作家先生は、亮と奏の違いを見抜いていた。

さらに夏奈の母親も双子だと知っていた。

「男を見る目がないわね」

母は「性格の良いほうを選べばよかったのに」と言う。夏奈は今日会ったのは誠実な方だと説明する。

paravi【パラビ】で観る

 

最終話:あなたは誰?

奏は身籠った夏奈にプロポーズする。弁護士に相談し、戸籍が無くても結婚する方法があることを知る。

双子を見分けていたお隣さんは、奏のことを「亮くん」と呼んでいた。

夜、畳の中から這いずり出る亮の夢を見た夏奈は飛び起きる。奏は、亮から解放されるために、ここを出ようとなだめる。それでも夏奈は確かめたいことがあった。

「本当はあなたは誰なの?」

【数か月後】
夏奈は双子を出産し、母の協力のもと子育てに奮闘していた。どうやら畳の下に双子が眠っている模様…

 

あとがき

後半、雑だったような…。

たまにしか会わない母とお隣さんが双子だと見抜いているのに、夏奈が気付かないなんてことある?

どんなトリックが隠されているのか、期待したんだけど、ん-ー。

人肉を料理するところまではすごく面白かった。

父の遺体が埋まった家で育つ双子はどんな人生を送るんだろうか。祖父のDV気質を受け継いで、母親に暴力振るったりするんだろうね。そしてまた床下に遺体が並ぶのか。

結局、母娘だけで暮らす未来になりそう。

原作よりドラマの方がサスペンス要素が強くて好きだったな。

★ドラマの感想はこちら
★1巻感想はこちら

コミックシーモアで読む
ebookjapanで読む
まんが王国で読む

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください