公開日:

hulu『僕らは恋がヘタすぎる』3話ネタバレ感想

今回はみずきのメイン回でつまんないな~なんて見てたら、やっぱり成田っちの行動がおかしくて楽しくなった。

題名が「僕らは」ってことだから、主要メンバー全員の恋のヘタさを描くってことなんだよね。


動画配信サイトhulu

キャスト

★藤原 花(ふじわらはな):川島海荷
コンビニの商品開発部に勤める24歳のOL。成田っちが好き

★成田洋介(なりたようすけ):白洲迅
根は優しいが口の悪いイケメン。花が好き

★片山みずき:浅川梨奈
花の親友。肉食系の看護師。成田っちに振り向いてもらおうと、罠を仕掛ける

★一之瀬歩:塩野瑛久
洋介の親友のチャラ男。みずきの恋に協力する

原作はこちら↓

電子書籍のebookjapan

みずきの悪あがき

花(川島海荷)成田っち(白洲迅)の仲を引き裂こうとして、罠を仕掛けたみづき(浅川梨奈)

花は成田っちがみずきとキスしたと思ってるし、成田っちは花と一ノ瀬くん(塩野瑛久)が良い仲だと勘違いしてる。

イラつく成田っちは、みずきとカラオケへ。始終テンションの低すぎる成田っちをよそに、押せ押せドンドンのみずき。

いつもの方法で成田っちをホテルに誘う。成田っちは尻軽なみずきに注意するが、話を全然聞かずに愛を告白する。

「私じゃ、花の代わりになれないかな?」
「俺、ひとのこと、代わりとかで考えないから」

全然ドキドキしないのはなぜだろう…

 

改心するみずき

一ノ瀬君は先日の勘違い事件をみずきに問いただす。みずきが全部認めると、

な、な、な、な、なんと!花が2階からおりてきた!!!怖い!!!急にホラー展開でなんなの?!

花がみずきを責めると、みずきが責め返すんだけども、魂の叫びが全然入ってこない。恋がヘタっていうより演技がヘタだと思うなぁ…

一ノ瀬くんは情緒不安定なみずきに惹かれはじめてるっぽい(まじで?!)。急に不幸な家庭環境を語りだして、そんなときに成田っちと友達になって救われたとか。

それを聞いたみずきは心を入れ替えたみたい(ついていけない…)

夜道を歩く成田っちに声をかけて、今すぐ花を迎えに行けですってよ。

それを聞いた成田っちは、カバンを放り投げて上着を脱ぎ捨ててダッシュしてった(大丈夫?!)

 

終わり良ければすべて良し

熱血な成田っちの後ろ姿を見送るみずきと一ノ瀬くん

「俺じゃぁナリナリの代わりになんない?」
「悪いけど、私、ひとのこと代わりとかで考えないから」

成田っちの名台詞を引用するみずきであった。

そんなとき、街頭で弾き語りの少年の歌を聞いて涙する花。少年がハンカチをくれた(知らない人からもらうの怖い…)

すると成田っちが来たーー!!!

雨降って地固まるの2人であった。めでたしめでたし

 

感想

花のライバルが弱すぎて、全然ハラハラしなかった。狂気な脇役はお上手な方にお願いしたいところだわ。

やっぱり成田っちが無表情でおかしな行動をとるのがめちゃくちゃ面白いね。

成田っちは一途だし、花はそんな成田っちが大好きだし、家庭環境やら仕事関係も問題無さそう。この障害のなさで最終話まで話がもつのか心配だわ。

無理やり問題を作るより、ただひたすら成田っちと花がいちゃいちゃデートするのとか見たいな。楽しそう。

他ネタバレ感想はこちら↓
【1話】 【2話】 【3話】 【4話】 【5話】 【6話】【7話】

原作はこちら↓
 コミックシーモアで読む >

動画配信サイトhulu↓


コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください