公開日:

実写映画『るろうに剣心』シリーズ感想・あらすじ・キャストなど

twins21

実写映画「るろうに剣心」シリーズを紹介します。

だいぶ前に観てすっかり忘れていたのですが、続編ニュースの新田真剣佑くんの白髪姿に仰天して、これは復習しておかなければ!となった次第です。

「るろうに剣心 最終章 The Final」は2020年7月3日、「るろうに剣心 最終章 The Beginning」は2020年8月7日に公開とのこと(※コロナ禍のため公開日が伸びに伸びて、2021年4月23日と6月4日に変更となりました

原作読むならこちら↓

電子コミックebookjapan

第1作:るろうに剣心

2012年8月公開 2時間14分

キャスト

・緋村剣心:佐藤健
・神谷薫:武井咲
・鵜堂刃衛:吉川晃司
・外印:綾野剛
・斎藤一:江口洋介
・高荷恵:蒼井優
・相楽左之助:青木崇高

「るろうに剣心」の映画・原作・主題歌すべてこちらで楽しめます

ネタバレあらすじ

幕末の動乱期、暗殺者の緋村剣心(佐藤健)は「人斬り抜刀斎ばっとうさい」と呼ばれ、人々から恐れられていた。

10年後(明治11年)ーーー
剣心は人を斬らず、日本各地を旅しながら、弱き者を助けていた。

女医の恵(蒼井優)は悪徳商人の観柳かんりゅう(香川照之)の指示で、新型のアヘンを開発していた。

恵が罪の意識に耐え切れず脱走したため、観柳は鵜堂刃衛うどうじんえ(吉川晃司)を差し向ける。

亡き父が遺した道場の師範代・薫(武井咲)は、地上げ屋に土地を狙われるが、剣心が助けてくれた。

その騒動で警察に捕まった剣心は、斎藤はじめ(江口洋介)から、アヘンの捜査協力をお願いされるが、人は斬らない宣言をすると釈放される。

ある日、井戸に毒が入れられ、町民が被害に遭う。

薫の道場にいた恵は、人々の苦しみを目の当たりにして、観柳のもとに戻る。

剣心と喧嘩屋の相楽左之助さがらさのすけ(青木崇高)は、恵救出のため観柳の屋敷に向かう。

2人対大勢の壮絶な戦いが始まる。奥には美しい外印げいん(綾野剛)がいた。

激しい戦いの末、恵を助け出す。

一方で、薫は鵜堂刃衛にさらわれていた。

すぐに剣心が登場し、殺す覚悟で戦いに挑むが、薫に止められ我に戻る。

そんなとき、すでに勝ち目がないと判断した鵜堂刃衛は自害する。

ー完ー

なぜ「不殺(ころさず)の流浪人(るろうに)」と正義ぶってるのかというと、殺人すると恨みが生まれ、その恨みがまた人を斬らせる。剣心は恨みを絶って平和な世にしたいらしい。

なるほどね~

感想

イケメンパラダイスだね。

女性キャラがお涙頂戴でうっとおしかったけど、後半アクション多めで楽しかった。

深く考えずにファンタジーな世界に浸れる娯楽作品だった。

これは映画館で観たら楽しい気分で帰れるね。

 

「かたじけない」って台詞が好き。

 

薫が可愛らしい武井咲にしか見えないのは、どうにかならないものか…。

全然感情が伝わってこないのは、いつものことだもんね。しょうがない。

薫が用意した赤い着物がめちゃくちゃ剣心に似合ってたから許すよ。

第2作:るろうに剣心~京都大火編

2014年8月公開 2時間19分

キャスト

・緋村剣心:佐藤健
・神谷薫:武井咲
・四乃森蒼紫:伊勢谷友介
・瀬田宗次郎:神木隆之介
・巻町操:土屋太鳳
・斎藤一:江口洋介
・志々雄真実:藤原竜也

「るろうに剣心」の映画・原作・主題歌すべてこちらで楽しめます

ネタバレあらすじ

明治11年ーー
薫(武井咲)が営む神谷活心流かみやかつしんりゅう道場は、剣心(佐藤健)の噂を聞きつけた門下生で活気づいていた。

ある日、剣心は明治政府の大久保利通(宮沢和史)から、クーデターを狙う志々雄ししお(藤原竜也)を捕まえるようお願いされる。

ちなみに志々雄は10年前に剣心と同じく暗殺者だったが、仲間に火をつけられて、今は包帯ぐるぐる巻き状態。

その後、大久保は志々雄一派の瀬田宗次郎せたそうじろう(神木隆之介)に暗殺される。

剣心は赤い着物を置いて京都へ

その途中、廃墟で志々雄と対峙し、宗次郎との一騎打ちで逆刃刀さかばとうを折られてしまう。

その後、剣心は逆刃刀の生みの親・赤空しゃっくうを探すが既に他界していた。その息子・青空せいくう(渡辺大)宅で敵が現れ対決が始まる。青空は父が作った最後の逆刃刀を剣心に譲る。

京都にてーー
旅の途中で出会ったみさお(土屋太鳳)は、料亭「葵屋」へ連れて帰る。そこの翁(田中泯)は、旧幕府の隠密御庭番おんみつおにわばんであることを明かす。

御頭の蒼紫あおし(伊勢谷友介)は、守る仲間も討つ幕府もなくなり、やり場のない怒りが緋村抜刀斎に向かっていた。

京都大火決行の日ーー
夜空に上がった花火を合図に志々雄の手下たちが進撃を始める。京都の町は炎に包まれ、警察や剣心らも動き出す。

翁と蒼紫は意見が衝突し、火花を散らす。ついに蒼紫が翁を斬り倒す。操は修羅に落ちた蒼紫を目撃してしまう。

一方、戦いに参加していた薫が宗次郎に拉致される。剣心が追いかけて、素早く巨大船に乗り込む。

人質となった薫は大海原へ落とされ、剣心は後を追って荒れた海に飛び込む。

気を失って砂浜に打ち上げられた剣心は、謎の男(福山雅治)に助けられる。

-完-

感想

もーだから薫は家で待ってろって言ったじゃん。何回拉致されてんの?

 

伊勢谷友介と田中泯の戦いがめちゃくちゃかっこよかった。

本筋とはあまり関係のない争いだけど、最大の見どころだったね。

2人の鍛え上げられた肩に惚れた。

 

薫が宗次郎にさらわれて、剣心が屋根を伝って追っかけるの凄いね。佐藤健がガゼルみたいなすばしっこさで、運動神経抜群。

 

青空が「父が父が」って言うから、ケンワタナベの顔がちらついてしょうがなかった。

第3作:るろうに剣心~伝説の最期編

2014年9月公開 2時間15分

キャスト

・緋村剣心:佐藤健
・神谷薫:武井咲
・四乃森蒼紫:伊勢谷友介
・瀬田宗次郎:神木隆之介
・巻町操:土屋太鳳
・斎藤一:江口洋介
・比古清十郎:福山雅治
・志々雄真実:藤原竜也

ネタバレあらすじ

剣心(佐藤健)を助けた男は、剣心の師匠・比古清十郎ひこせいじゅうろう(福山雅治)だった。剣心は志々雄(藤原竜也)を倒すため、師匠に特訓を受ける。

そんなとき、志々雄が乗った船が東京に着く。大久保の後任者・伊藤博文(小澤征悦)を脅し、剣心の指名手配を命じる。

蒼紫あおし(伊勢谷友介)は剣心を襲おうと企てるが、翁(田中泯)が止める。翁は立っているのもままならない状態。ちょうど剣心が現れ、剣心 VS 蒼紫の戦いが始まる。

結果、剣心が勝利し、そのまま単身で東京へ。

剣心は警察に拘束され、政府により生け贄にされる。処刑場の海岸では、志々雄の代理人・方治(遠藤賢一)が、昔、剣心が斬った被害者の名を読み上げる。

いよいよ処刑の時、なんと、処刑執行人は斎藤一だった。警官隊と剣心は、志々雄勢と衝突する。さらに剣心と左之助は船に乗り込む。

剣心は宗次郎(神木隆之介)を倒し、志々雄との戦いが始まる。そこへ左之助、斎藤、蒼紫も合流する。1対4で志々雄さんが圧倒的に強い。

長い長い最後の戦い…

最終的に、体温を調整できない志々雄は、体内温度が限界に達して発火し、息を引き取った。

砂浜に戻った剣心たちは、政府や警察の敬礼に見送られ、一件落着する。

ー完ー

感想

志々雄さんの炎を出す刀、ズルくない?

後半、畳みかけのアクションで素晴らしいね。男性陣が頑張っていたわ。

 

前半がなぁ…。もうちょっと師匠感ある人に特訓してもらって、ワクワクしたかった。

福山さんの演技は変わらないね…

第4作:るろうに剣心 最終章 The Final

2021年4月23日公開予定

公式サイトはこちら

キャスト

・緋村剣心:佐藤健
・神谷薫:武井咲
・雪代縁:新田真剣佑
・斎藤一:江口洋介
・高荷恵:蒼井優
・相楽左之助:青木崇高

あらすじ

剣心に強烈な恨みを持つ最恐の敵・えにし(新田真剣佑)との戦い。

 

第5作:るろうに剣心 最終章 The Beginning

2021年6月4日公開予定

あらすじ

過去に遡り、剣心の頬に刻まれた「十字傷の謎」に迫る。


コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください