公開日:

『touristツーリスト』3話感想~アオザイ着てホーチミンを歩きたい

bangkok

3話面白かった~!不覚にも最後泣いてしまったよ。

今回はWOWOWでの(無料)放送でした。10/10(水)19:00から再放送があるそうです。この時間帯ならリアルタイムで観れそう。

あらすじ

一児の母の立花カオル(尾野真千子)は、愛人(成海璃子)と浮気旅行中の夫(バカリズム)を追い、ベトナム・ホーチミンへやって来た。ホーチミンはかつてカオルが夫と訪れた思い出深い街であった。ある夜、クラブで泥酔したカオルは、天久真(三浦春馬)と出会う。翌日、スマホを落としたことに気付いたカオルは、クラブに出向き、真と偶然再会。無礼のお詫びに真を食事に誘う。

ネタバレ感想

5歳くらいの息子がいるみたいだけど、カオルが旅行中どうしてるのか心配になった。まぁそこはドラマなので置いといて。

尾野真千子とバカリズムの夫婦がめちゃくちゃ可愛いかった。公園の遊具(健康器具?)で楽しそうに思いっきり遊ぶカオル。教会でのプロポーズのイチャイチャぶり。凄く幸せが伝わってきたから、余計に今の辛い状況が重く感じられた。

イケメンに勧められても、その遊具には絶対乗ろうとしなかったり。イケメンを連れて歩いても、なんだか上の空で楽しそうじゃないところとか。とにかく夫のことが好きなんだね。でも、カオルももう元には戻れないことは気付いてるみたい。悲しい。こればっかりはお互い様だから仕方が無いけど。

あと、女の子の適当な発言に、いちいち鋭いツッコミを入れるバカリズムが面白い。あるあるだわ~。うちの旦那もいちいち突っ込んでくるんだよね。適当に「へ~。わかる~」とか流してほしいときに、真面目に分析して言い返してくるの「ほんと死んで」とか笑ってしまった。

愛人役の成海璃子も品のある女の子で、まぁ不倫はいけないんだけど、なんだか嫌な感じがしなかった。

そして、アオザイがとても素敵だった。生地が薄くて身体にぴったりフィット。肌は全部隠れているのに、体のラインがそのまま出るから色っぽいね。これはウエストが引き締まってる人にしか着れないものだわ。現地の民族衣装を着て街を歩くのって、憧れるよね。ザ観光って感じ。

今回はホーチミンの街並みを楽しみながら、ドラマのストーリーにも入り込めて、あっという間に時間が過ぎました。旅行へ行った気分。

三浦春馬は素敵だね~。あんなどん底な時に抱きしめて慰めてもらえるなんて、これは女性の夢を詰め込んだドラマだわ。洗いざらしの白い綿のシャツが素材の良さを引き立てるよね~。そして腕まくり、衣装さんわかってらっしゃる。これ、最後、真は幽霊でしたってオチでも納得できるくらいに、三浦春馬が綺麗だった。

どうやら真は、ピアノが上手なお姉さんを探しているらしい。姉から絵葉書が届いた場所へ出向いてるんだね。そんな探し方じゃ一生見つかりそうにもないけど(汗)。絵になるからずっと探しながら旅して、続きのドラマをもっと観たいと思った。

~ドラマ感想はこちら~
★2話 ★1話


コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください