公開日:

『オザークへようこそ』シーズン2ネタバレ感想・あらすじなど


Netflixオリジナルドラマ「オザークへようこそ」シーズン2を紹介します。

ファイナンシャルプランナーの主人公マーティが、欲に目が眩んで資金洗浄(マネーロンダリング)を手伝ったことで、どんどん深みにはまって地獄から抜け出せないお話。

シーズン1の最後でメキシコの麻薬組織のデルリオさんが死んでしまった。マーティはこのピンチをどのように切り抜けるのでしょうか。

そしてカジノは無事オープンする日を迎えられるのでしょうか。

原題:Orzark
シーズン2:全10話
Netflixにて2018年8月から配信
アメリカ制作

登場人物

★バード家

父:マーティ
(ジェイソン・ベイトマン)

 ファイナンシャルプランナー

母:ウェンディ
(ローラ・リニー)

 得意な政治活動で夫をサポート

長女:シャーロット

 15歳。ワイアットとドラッグ三昧

長男:ジョナ

 13歳。親に隠れて資産運用に励む

★スネル家
夫:ジェイコブ、妻:ダーリーン
表向きは農家。裏ではヘロイン製造販売を営む

★ラングモア家
ルース:マーティのもとで働く19歳
ケード:ルースの父
ワイアット:ケードの弟の息子
スリー:ワイアットの弟

 

1話:カジノ建設計画

wine2

ルースの父ケードが仮釈放となる。

マーティは船上カジノの許可を受けるため、ミズーリ州で有力な政治家のウィルクスに近づき、カジノの有意性について説く。

そんなとき、デルの代理人の弁護士ヘレンに、デルの死がバレてしまう。マーティは、その損害の代償について交渉するよう脅され、スネル家へ。

しかし話し合いはまとまらず、、、すると突然、ジェイコブが部下のアッシュを殺した。これでおあいこだとか。

罪悪感に苛まれるウェンディに、マーティは他者の決断が招いた結果に責任は取れないと言う。

感想

あーあ。ルースのパパが出所してしまった。子どもらだけで生活した方が絶対上手くいきそうだったのに。悪い事が起こりそうで心配。

それとあの女性の弁護士が厄介そう。どんどん敵がパワーアップしてイヤになるね。

 

2話:蛙の子は蛙

マーティたちはカジノ法案を通すために尽力するが、カンザスシティのマフィアから邪魔が入る。カジノで稼ぐ彼らは競合を嫌っていた。

そこでマーティの自宅の地下の老人バディに協力してもらい、マフィアのボスと会うことに。どうやら協定が結ばれた模様。

ウィルクスのもとで政治手腕を発揮するウェンディは、なんやかんやで票を獲得し、カジノ法案が成立する。

一方、ルースはマーティのもとで仕事を頑張り、家を買って父との新しい生活を夢見ていた。しかし父は相変わらずなクズ野郎だった。

感想

ママができる女にキャラ変しててつまんない。極端な強さと弱さが共存するサイコパスなところが面白かったのに。

2話は話があまり進まなくて初めて1時間が長く感じた。

 

3話:リゾート開発

ウィルクスはスネル家の土地を買ってカジノの隣にホテルとモールを建設しようとしていた。

でもそんな勝手をスネル夫婦は許さないよね。噂を聞き付けてウィルクスの自慢のボートに火をつけた。

そんなとき、マーティが経営する店がことごとく営業停止になる。

FBIのペティ捜査官は、逃げたブルーキャットホテルのオーナー・レイチェルに接触し、捜査の協力を求める。

ルースはどんなに頑張っても、底辺家族から抜け出すことは出来なかった。

感想

内輪揉めばかりで世界が狭い。

関係ないけどワイアットの弟の成長っぷりに驚いてる。

 

4話:ラスの亡霊

地下のじいさんは今夜が山だの状態。ジョナが官能小説を読み聞かせてあげた。

自暴自棄になっていたワイアットの前に、亡霊の父ラスが現れる。渋い声でギターを弾き語りしてくれた。

FBIのペティはレイチェルの体に盗聴器を取り付る。

レイチェルと仲良くなったルースがマーティのことを語り、FBIが家宅捜索で突然やってきた。

感想

シーズン1でのラスの生涯が不憫すぎたから、亡霊で出してあげたのかな。

FBIのペティが使えないしカッコよくないからテンション上がらない。

 

5話:じいさん大活躍

スネル夫婦はリゾート開発に合意した模様。草原に重機が入り工事が始まる。

一方、バード家にFBIの家宅捜索が入る。マーティの弁護士としてヘレンがやってきた。

ヘレンはスネル家にも捜索が入ることを恐れ、ケシ畑を処分するよう指示する。

ダーリーンはウェンディに、赤ちゃんを養子縁組してくれるなら、同意してもいいと言う。部下のアッシュを殺されてから寂しいらしい。

どうにもならない状況に追い込まれ、ウェンディは地下にいるバディとスネル家を訪れる。バディはこっそりケシ畑で液体肥料の散布トラックに乗り、ガソリンを撒き火をつける。

感想

じいさんこないだまで危篤状態だったのに、足腰が丈夫だわ。ひょうひょうとしていてかっこいいよね。

ところでスメル家はダーリーンの実家なの??

女性で自分のルーツにこだわりある人って少ないと思うから、生まれる前の出来事にあんなに恨みを持ち続ける理由がわからない。親から散々昔話を聞かされて、恨みを晴らすよう教育されたのかな。

 

6話:人骨の出土

ケシ畑からの帰り道、バディは車の中で亡くなった。

翌日、FBIがスネルの農場にやってきた。夜の火事は野焼きだと言う。警察犬により畑から人骨がたくさん出土する。ペティはとりあえずジェイコブを野焼き禁止の群の条例により逮捕する。

そんなとき、ニュースで見た牧師が、出土したのは妻の骨かもしれないと言い出す。

焦ったマーティは、スネル家の墓地を掘り起こし、骨を入れ替える。おかげで畑から出た人骨はスネル家の先祖のものだと鑑定結果が出る。

感想

たしか6月にオザークへ引っ越してきて、8月にマーティ殺害未遂事件があって、あれから3か月とか言ってこないだ怒ってたから、今は11月頃?

じいさん5か月の命だったのね。最後に良い仕事してくれるなぁ。

牧師は踏んだり蹴ったりだよね。赤ちゃんを寒空に連れ出して説教するのは虐待だとか、誰が通報したんだろ。

 

7話:まさかの里親

牧師は息子ジークを取り戻すため、ウェンディを連れ去る。

実はジークは社会福祉課で保護されていた。

マーティはウィルクスを伴い、ジークの里親として引き取ることに。そして牧師宅へ向かい、ジークと引き換えにウェンディを連れて帰ろうとする。

すると牧師は狂ったように2人に銃口を向ける。

押し問答があったのち、正当防衛でマーティが牧師を撃ってしまう。牧師死亡…

遺体は自前の葬儀社の火葬場で燃やす。

感想

これはビックリな展開。

最初のインタビューでぎこちなかったのは、盗聴されていたことで焦っていると思ってた。まさか殺人犯した後のことだったとは。しかも牧師の赤ちゃんの里親になってるし!

ドラマがギスギスしすぎだから、画面に赤ちゃん映り込むだけで癒される~

 

8話:マイケル・フレミング

バード家に新生児のジークが加わった。世間には、牧師が施設に赤ちゃんを預けたあと、自暴自棄になって失踪したテイ。

FBIのベティに弱みを握られて、身動きが取れないレイチェルは、薬物の過剰摂取で入院する。

実は麻薬組織に不満なダーリーンが不純物を混ぜて売ったせいだった。

マーティはペティ捜査官の母の弱みで脅し、レイチェルを開放してもらう。

ウェンディは、ジョナが偽造パスポートのマイケル・フレミングで作った口座を利用し、ウィルクスに寄付して繋ぎとめる。

ルースは父親と盗みを働こうとするが、失敗ばかり。

感想

やったりやられたりで全然話が動きませーん。

ところでルースの話はいるのかなぁ。

 

9話:恐妻家

スメル夫婦が乗る車がギャングに襲われる。

その後、ジェイコブはマーティと交渉し、身を引く代わりに命の安全を約束してもらう。

ダーリーンはその決定に不信感を持ち、ジェイコブに毒を盛る。ジェイコブアーメン…

FBIのペティは捜査から手を引き、母親の面倒を見るためシカゴへ帰るとか。

感想

ダーリーンに共感できず、ジェイコブの死にもピンとこなかった。

幸せそうな若い頃の2人が、なにがどうなってあんな極悪人になったのか。ダーリーンはジェイコブにとても愛されているし、お金にも困って無さそうだし、何が不満だったんだ?

先祖が土地を追われたときはまだ生まれてないし。電力会社に息子を殺されたとかなら、鬼のように変貌するのもわからなくはないが。

もともとサイコパスな性格で理由も何もない?ん-ーー

 

最終話:あうんの呼吸

マーティはカジノの実現が目の前に迫り、海外へ移住する準備を始め、ルースに仕事を引き継ぐ。

ワイアットは父がルースに殺されたことを知り、家を出て行った。

ルースの父ケードは、FBIのペティと話がかみ合わず、衝動的に殺してしまう。

そんなとき、ジョナダーリーンに髪を剃られてしまう。焦ったマーティは、勝手に赤子のジークを里子としてダーリーンに渡す。

ウェンディは厄介者のケードに大金を渡して、町から出ていくよう取引する。その途中、ケードは何者かに襲われ死亡。どうやらウェンディが依頼したっぽい。

カジノが正式に承認される式典にて、オーストラリアに脱出する計画をしていたマーティに、ウェンディはオザークに残ると言う。

そんなとき、ヘレンからルースの父が死んだことを知らされる。驚くマーティにいつも通りのウェンディ。家族はカジノ船をバックに記念写真を撮る。

ー完ー

感想

あらら~。ペティ捜査官とケードの最期があっけなかった。色々やったけど、何も結果を残せないまま、私は何を見ていたんだろう…

そしてマーティが空回りすぎで残念だったな。無双状態でガンガン契約とりまくるのを期待していたんだけど。

ジョナの髪の毛を見てビックリする姉に「ガンだよ」って冗談を言うの、すごい優しさを感じた。坊主にするとなぜか女の子に見えるね。

 

あとがき

一応面白かったけど怖さとワクワク感が足りなかった。

何のテーマのドラマだったっけ?と思うくらい、ずっとカジノをやるかどうかで押し問答してるだけで10話も使ってしまった。

シーズン1でデルリオさん殺してしまったのはもったいなかったな。こわもてのメキシコ人が来て、絶望的な恐怖を味わいたかった。

あと、軽快な話術で契約とりまくるマーティも見たかった。

そんななかでも嬉しかったのは、シーズン1で去った人がまた出て来てくれたこと。長く見続けたご褒美をもらった気分になるよね。牧師とかマイケル・フレミングとか。

それと、ホンダのオデッセイをずっと愛用してくれてるの和む。前から突っ込んでバックで出ていくのとか田舎あるあるだよね。

※他感想はこちら↓
シーズン:【1】【2】【3】


コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください