公開日:

『オザークへようこそ』シーズン3ネタバレ感想・あらすじなど


Netflixオリジナルドラマ「オザークへようこそ」シーズン3を紹介します。

シーズン2の最後で、マーティが家族を連れてオザークを出て行こうとしたけど、妻のウェンディが「攻撃は最大の防御」とか言い出して残ることになった。シーズン3は勢いづいた妻がさらに暴走しそうな予感…

果たして夫のマーティは、地獄の無限ループから抜け出すことは出来るのでしょうか。

原題:Orzark
シーズン3:全10話
Netflixにて2020年3月から配信
アメリカ制作

登場人物

★バード家

父:マーティ
(ジェイソン・ベイトマン)

 ミズーリ・ベル・カジノの経営者

母:ウェンディ
(ローラ・リニー)

 事業の拡大をもくろむ

長女:シャーロット

 16歳

長男:ジョナ

 14歳

ルース・ラングモア
(ジュリア・ガーナー)
マーティの右腕。カジノ店で働く。20歳

★ワイアット・ラングモア
ルースのいとこ。18歳

ダーリーン・スネル
牧師の息子ジークを養子として育てる

 

1話:ナバロ in シカゴ

シーズン2から半年が経ち、ミズーリ・ベル・カジノでは200名の従業員を雇い、順調に営業していた。

そんなとき、弁護士ヘレンから資金洗浄を始めるよう迫られる。マーティは汚い金を売上金に混ぜる。

ナバロ・カルテル抗争が激化するなか、ウェンディは資金援助をしたいとヘレンに提案する。そしてシカゴでナバロにご対面。合法な収入源について話し、上手く説得できたようだ。

ワイアットは不法侵入で捕まり、警察に居合わせたダーリーンが保釈金を払う。お礼に農場で働くことに(また厄介なことになるよ…)

感想

ルースは美人で可愛いけど、小娘すぎて、カジノの従業員や金持ち客を仕切れる器には見えない。マーティの右腕ってのもムリあるよね。

世間では人気のキャラみたいだから、さらに活躍する感じ?

パパの見た目が好きだったから、2人で端で親子喧嘩やってるくらいが丁度良かったんだけど。

 

2話:新カジノ店

臨時教師を首になったウェンディの弟ベンがやってきた(高校時代に銃の乱射事件を起こしたって人ね)

ウェンディは合法的な資金源として、営業不振のカジノ船ビッグ・マディを買収する。

しかし事業拡大を望まないマーティの邪魔が入り、契約取り消しに。

何も知らないルースは、ウェンディに協力し、ビッグ・マディで詐欺をして荒稼ぎ。結局、買収は成功し、そのせいでFBIの監視が入ることになる。

感想

ビッグ・マディのオーナー夫婦の扱いが適当すぎて気の毒だったわ。ルースも言ってたけど、バード夫妻は2人でしっかり話し合ってから、事業計画を立てた方がいいよ。

弟のベンがかっこよくてキアヌ・リーヴスに似てると思って検索したら、ヒゲと髪型が似てるだけだった。

 

3話:証人保護プログラム

マーティのカジノ店に監査が入る。

ウェンディはカジノ船だけではなくホテルも買収する。ノリに乗ったウェンディは、次に赤子のジークを取り戻すことに決める。

マーティは暴走するウェンディに手を焼いていた。

カジノ店に常駐するミラー捜査官は、マーティの能力を買い、他のマネロンの捜査に協力してくれれば、証人保護プログラムを利用できると提案される。

マーティが同意した後、こわもての男らが現れ連れ去られてしまう。

感想

不思議な回だった。久々に引き込まれたわ。

マーティがかなり消極的になってる。でもこのままでは終わらないよね。そうであってほしい。

 

4話:監禁

マーティはメキシコの麻薬王ナバロのもとで監禁される。

ウェンディとルースは、マーティがやっていた資金洗浄を代わりに行う。

ミラー捜査官はマーティが誘拐されたと疑い、ウェンディのもとを訪れるが、ウェンディは夫は出張へ出ていると言う。

その後、パナマの口座が凍結され、ナバロへ送金ができなかった。

メキシコにて、マーティはナバロのもとに呼ばれ、資金洗浄の腕を試される。成功するが、開放してもらえなかった。

そこでマーティはミラー捜査官を懐柔することを提案する。

感想

やはりマーティ中心の話だと面白くなるね。

地下のじいさんが亡くなって、代わりにベン叔父さんが来てくれたから家に安心感がある。ベン自身問題を抱えてるみたいだけど、麻薬王と縁が切れない悩みを上回ることはないだろう。

 

5話:牧場が欲しい

マーティは解放され、自宅へ戻ってきた。

ウェンディはナバロから、競走馬の牧場を要求され、さっそく買収する。

次に赤子のジークの裁判では、ワイアットが証人として現れ、負けてしまう。

ワイアットはダーリーンに心を開き、体の関係を持つ。

マーティは以前ウェンディが言った「攻撃は最大の防御」に共鳴し、臆病になるウェンディと立場が逆転する。

そんなとき、買収した牧場の馬のタマを切られる事件が起きる。その馬主はナバロのライバルだった。

感想

ワイアットがこう関わってくるとはね。シーズン1のウェンディがフクロネズミの死骸を投げ飛ばしたことまで証言して、懐かしかったわ。

そしてダーリーンの前科が無いことにビックリ。ケシ畑から数人の骨が出てたし、デルリオは別のところに埋めたって言ってたし、薬に不純物まぜて何十人も死んだらしいし。あ、夫も毒殺したよね。それとジークの母もだっけか?保安官はスネル家にどれだけの借金があるんだ?

 

6話:ベンの事情

方向性が異なるバード夫妻はいがみ合い、別居生活が始まる。

ベン叔父さんは双極性障害(躁うつ病)だとか。ルースと付き合うため薬を止めていたが、ウェンディ曰く、飲まないととんでもないことが起こるらしい。

ワイアットがダーリーンと寝ていることを知ったルースは、ワイアットを迎えに行くが拒絶され、ベンに慰めてもらう。

マーティは何者かに後をつけられ、今夜は自宅へ戻る。地下でベンとルースがやってる間に、1Fではバード家族が電気を消して怯えていた。

感想

全力の夫婦喧嘩おもろー。

ワイアットとダーリーンの歳の差が気になるけど、ルースとベンの歳の差もたいがいだよね。放置子だし、悩みが重すぎるから、人生経験豊富な大人の包容力が必要なんだろうね。

確かシーズン1でウェンディが、弟は高校時代に銃の乱射事件を起こしたって言ってたけど、よくそれで学校の臨時教師をやれたよね。州をまたぐとわからなかったりするのかな。

 

7話:ルースの危機

資金洗浄のお金の受け渡し場所で、大爆発が起きる。

コズブロークは手下が3人殺されて激おこの模様。そのうちの1人はFBIと繋がっていた。

息子のフランクジュニアはマーティが犯人だと思い込み、部下のルースをボコボコにしてしまう。

ミラー捜査官の懐柔は難しく、野心が強い上司をターゲットにすることに。

そんなとき、バード夫妻が担当するカウンセラーのスーさんが、秘密を知りすぎたせいでヘレンの部下に殺されてしまう。

感想

歳の差カップルの2組がだんだん気持ち悪くなってきた。このドラマはおばさんか少女しかいないよね。

平和の象徴のスーさんが殺されてしまうなんて。

 

8話:問題児のベン

ウェンディは世間体のために慈善団体のバード・ファミリー財団を立ち上げる。

ギャングと手を切り問題は終わったと言うマーティに、納得がいかないベンはカンザスシティへ。しかし仕返しは出来ず、見知らぬ男をボコボコにしてしまう。

さらに財団のパーティーに乗り込み、マーティを殴る。

ヘレンのお仕置きで、ベンは問題行動医療センターに入れられてしまう。無期限の入院だとか。

ルースはベンと面会し、ここから出してほしいと懇願され、いとこのワイアットに相談。ワイアットはダーリーンにお願いし、ダーリーンが保安官に依頼。

ベンが出てきた(!!)

感想

ベンとはなんだったんだ?一瞬でもかっこいいと思った私がバカだったわ。

そしてスーさんがあれっきりで、立ち直れないでいる。

 

9話:問題児のベン2

ヘレンの家に激おこのベンがやってきた。何も知らない娘のエリンに、ママはメキシコの麻薬カルテルの手下だと伝える(こわやー)

ルースはベンを連れてダーリーンの家で保護してもらう。

それなのにベンがカジノにやってきた。ルースに謝りたかっただけらしい(も~)。危機的状況を理解できないベンに、姉のウェンディはなす術がなく、2人で逃避行する。

ウェンディは限界になり、見知らぬ街にベンを置いて出る。

感想

なんなんだこれは…

 

最終話:新たな目標

遺体となったベン(!)をマーティは自前の火葬場で焼く(!)

表向きはベンが自分でヘレンに連絡したことになっていたが、どうやらウェンディが居場所を教えたっぽい。

疑うルースはマーティに絶縁状を叩きつける。ダーリーンはフランクジュニアのナニを撃って、ルースの仇を撃ち、仲間に誘う。

メキシコにて、ナバロの息子の洗礼式で銃撃事件が起こる。ナバロは安全な資産を3人の子供に分けたいとヘレンに相談する。ヘレンは不審なバード家と手を切るため、裏でカジノのライセンスを取得しようと動き出す。

一方、落ち込むウェンディにマーティは、ナバロと直接手を組んで安全を勝ち取ろうと言う。

カルテルが国内で起こした事件なら、メキシコでも捜査できるということを思い出し、7話の爆破事件の犯人がラグネス(ナバロの敵)だとFBIに訴える。さらに、ナバロにこの戦争を終わらせたら、ヘレンを切り離してほしいとお願いする。

その後、ナバロの息子の洗礼式のやり直しで、バード夫妻とヘレンがメキシコに招待される。飛行機を降りたとき、ヘレンは撃たれてしまう(えー!)

ー完ー

ってことは戦争を終わらせられた?

感想

葬儀屋の火葬場が便利すぎ。マーティったら最初は装置の扱い方もわからなかったのに、なんのためらいもな慣れた手つきで作業してるよね。こっそり焼くの何度目だ?

 

ナバロが近所のおっちゃんみたいであまり怖くないんだよね。バード夫妻が美男美女で都会的な雰囲気だから、2人並ぶと強そう。そう思うとシーズン1のデルリオさんは華があったな。

 

あとがき

シーズン2よりは持ち直したかも。マーティが監禁される話が印象的だった。

マーティはなんだかんだ言ってほんと妻に惚れてるよね。やる気スイッチが妻次第で入る。

①ウェンディ不安定になる
②マーティ頑張る
③ウェンディ便乗して暴走する
④ウェンディ失敗する
⑤①に戻る

ずっとこのループだよね。

オザークには品のある美人キャラがいないから、マーティがウェンディひと筋ってところも良い。

2人は考え方も感じ方も全然違うけど「子どもを守りたい」という共通の目的があるから、一緒にやっていけるんだろうな。子無しだったら速攻別れてるよね。

関係ないけど、ウェンディがずっとホンダのオデッセイ乗ってて、昔乗ってたからついつい注目してしまう。田舎の四角い車たちに混じって、スライドドアのファミリーカーがダサ可愛い。

シーズン4で完結するみたいだけど、普通のハッピーエンドはもう無理だよね。でも因果応報みたいな倫理観はこのドラマには必要ないから、どんな状況でも家族全員生き残って、バード家なりの幸せな結末を見せてほしい。

※他感想はこちら↓
シーズン:【1】【2】【3】


コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください