公開日:

Netflix『今際の国のアリス』ネタバレ感想・キャストなど

2020年12月10日配信スタートのNetflixオリジナルドラマ『今際の国のアリス』を紹介します。

突然、渋谷の街から人が消え、残された有栖ありす(山崎賢人)ら3人が、謎の危険なゲームに参加させられるお話。

「今際」という単語が私には馴染みがなくて、「いまわ」と読むそう。意味は「死にぎわ」とか「最期」とか。ギリギリな世界に迷い込んだ子羊の山崎賢人くんってことですね。

サバイバル系は海外ものばかり観ていたので、知ってる街で知ってる役者があたふた頑張ってる姿が目新しい。完全ファンタジーなので、無理やりな設定も気にならないし、日常を忘れて楽しめるエンタメ作品となってます。

原作はこちら
コミックシーモアで読む
ebookjapanで読む
まんが王国で読む

キャスト

有栖良平ありすりょうへい/アリス
(山崎賢人)
ゲーマーのニート。父と弟の三人暮らし。良いとこの子で頭脳明晰

苅部大吉/カルベ
(町田啓太)
金髪のチャラ男。オーナーの女に手を出しバイトをクビになる

勢川張太/チョータ
(森永悠希)
貧乏でいじめられっ子。宗教にハマる母から無心される

宇佐木柚葉/ウサギ
(土屋太鳳)
ファザコンで運動神経抜群の女の子。趣味はロッククライミング

紫吹小織/シブキ
(水崎綾女)
上昇志向が強い女。部長と不倫

苣屋駿太郎/チシヤ
(村上虹郎)
白髪ロン毛の謎の男

 

1話:ゲーム開始

弟から非難されたアリス(山崎賢人)は家を飛び出し、親友のカルベ(町田啓太)チョータ(森永悠希)と渋谷の交差点に集合する。

そこで調子に乗ったせいで交通事故が発生。

駅のトイレに逃げ込んで、出てきたら人が誰もいない…(車もいないし無人の渋谷駅すごい。朝方に撮った?or CG?)

日が暮れて、3人は明かりがついたビルに入る。

なんだか強制的にゲームに参加させられたっぽい。そこにエロいOLのシブキ(水崎綾女)と女子高生も加わる。

<ゲームのルール>
制限時間内に正解のドアを選んで進み、時間内に建物の外にでること

「生きる」か「死ぬ」のどちらの扉を開けるか…。焦った女子高生は「生きる」を選び、扉を開けるとレーザーで頭を撃ち抜かれて死亡する。

絶体絶命の時、アリスはビルの外観とチラ見して記憶していた避難経路の地図から、間取りを導き出し、なんとか外に出ることが出来た。すごい!

ゲームに勝つとビザが発行され、3日間は安全らしい。

ビルの上に立って地上を睨みつける女(土屋太鳳)のカットで1話が終了

感想

物語より、マスクをしていない密な渋谷の交差点に感動した。このドラマの撮影は、2019年の夏から秋にかけてだそう。古き良き時代だ(去年だけど)

ビルに入り込んでからは、1997年の映画「キューブ」と似てて、最終回まで謎を解きながら部屋を進んでいくんだと思ったら、意外とすぐ脱出できたね。


(動画配信サービスU-NEXT)

 

2話:鬼ごっこ

やっぱり渋谷の街は無人のまま。

人が消えたのは昨日だけど、シブキは3日前だと言う。

ゲームで足を負傷したチョータはシブキに介抱してもらう。心の傷も癒してもらい、童貞を卒業する。

母なる神よ…

一方、元気なアリスとカルベは、2人で次のゲームに参加することに。

<次のゲームは鬼ごっこ>
制限時間内にマンションの一室にあるじんちを見つけ、タッチすること

13名の参加者の中に、土屋太鳳と村上虹郎もいる!

馬のマスクをかぶった鬼はライフルで参加者を撃ちまくって殺しまくる。

アリスたちはタンクトップのアグニ(青柳翔)と協力して、鬼退治の作戦を立てる。なんとかギリギリセーフでゲームクリアできた。

感想

あんまり緊迫感は無いけど、ゆるく楽しめていいね。アリスとカルベがカッコいいし。

タオちゃんはスカートを履くとゴツい感じだけど、ボーイッシュな恰好だと女の子の可愛さが溢れ出すタイプだね。男勝りな役柄が合ってる。

 

3話:かくれんぼ

アリスは2話で鬼を殺してしまったことに落ち込んでいた。しかしそれでも生き残りたいと言う。

チョータとシブキのビザが今日で切れてしまうため、4人でゲーム会場の自然植物園へ向かう。

<かくれんぼのルール>
1人が狼、3人が羊。狼と目が合った人が次の狼となる。終了時に狼だった人のみクリアする。

シブキとカルベは狼になろうとして争い合い、次に狼となったアリスは、みんなで考えて解決しようと訴える。

アリスは首輪の爆弾を破壊しようとするが、2話で殺された鬼を思い出し、怖くて出来なかった。

ごめん…

諦めるアリス。しかし数少ない親友の今までのことを思い出し、ゲームを降りる決心をして、みんなを探す。チョータはシブキの口をふさぎ、草むらに隠れる。カルベも返事をせず隠れた。

そして羊のカルベ、チョータ、シブキの首輪が爆発する。

感想

そういうことね!
最初ルールを聞いたときはよくわからなくて、プレイヤーと一緒に戸惑いながら見てたら、最後のオチで胸にストンと落ちた。ゲームの流れが面白かった。貸し切りの植物園でのかくれんぼいいね。

 

4話:ディスタンス

ウサギ(土屋太鳳)は道路に倒れているアリスを拾う。

生きる気力を無くしたアリスに、ウサギは2話の鬼ごっこで助けてもらった借りを返させてほしいと言う。

<次のゲームはディスタンス>
制限時間内に試練に耐えて、ゴールを目指す

ゲームの参加者はアリスとウサギの他に、3名がいた。足をケガしたタクマをバスに置いて、4人は高速道路を走る。

すると前から黒のヒョウが追いかけてきた!こわー

セイザンが襲われ噛み殺される。

途中で軽油が入った旧式のバイクを見つけ、アリスはスタート地点にあったガス欠のバスを動かすため、バイクを押して戻る(ムチャするなぁ…)

先を進んだウサギとヤマネは、大量の水に襲われ(!)引き返す。そこにバスが到着(!)してなんとかウサギは助かった模様(ウソでしょ…)

ゲームをクリアしたアリス、ウサギ、ヤマネは、バスの側面に描かれた「GOAL」の文字を見つける。最初からバスがゴールだったのか…

感想

まさかアリスがスタート地点に戻るとは。「ダメダメな僕だけど頑張っちゃう!」みたいな役が山崎賢人くんは似合うね。
ウサギが全力疾走する場面は、オールスター感謝祭のミニマラソン思い出した。走り方が力強くてかっこいい。
間にお涙頂戴を入れると緊迫感が薄れるから、サクッと進めてほしい。

原作はこちら
コミックシーモアで読む
ebookjapanで読む
まんが王国で読む

 

5話:理想郷ビーチ

アリスとウサギはゲームの謎が解けるかもしれないビーチの場所を探していた。

ゲームの参加者を遠くから監視すると、腕にロッカーキーを付けている男たちが集まる場所を発見する。

すると2人は”ビーチ”の元締めに捕まってしまう。

ガリガリの王ボウシヤ(金子ノブアキ)は、ゲームをクリアして52枚のトランプを集めれば、元の世界に戻れるだろうと言う。

そのためにアリスとウサギはゲームの駒にさせら、それぞれゲームに参加する。

若者たちしかいないビーチには、ボウシヤ率いるカルト派とアグニ(青柳翔)率いる武闘派に別れていて、にらみ合っている状態らしい(知らんがな)

ビザ切れが近いボウシヤは自らゲームに参加しようとしていた。

感想

2話の意味深なロッカーキーがここで繋がるとはね。アグニ好きだったから再登場で嬉しい。

期待したビーチのボスにカリスマ性が無くて、なぜ大勢の若者たちがいいなりになっているのか謎だった。

 

6話:クーデター

チシヤ(村上虹郎)は全てのトランプを盗み、ビーチを抜け出そうと、アリスを誘う。

一方、ボウシヤはゲーム参加のためビーチを出発する。

翌日、死体となって帰ってきた。え?!

そこでビーチの次のリーダー選びとなる。武闘派のニラギ(桜田通)は脅しながら多数決をとり、アグニがビーチの王となる。

そんなとき、チシヤに協力したアリスは、トランプが入った金庫を開けようとしたとき、アグニに捕まってしまう。どうやらチシヤにダマされた模様。

その後、チシヤは本当の金庫のありかを発見し、トランプをゲットする。

そしてビーチがゲーム会場となる。

感想

虹郎くんは白髪が似合わないね。もっと綺麗な男子いなかったのか?演技が出来る人かと思っていたんだけど、ずっと両手がポッケにインで、表情が乏しい。最後の盛り上がりに大事な人物だろうに残念だ。

ビーチに来てから演者が増えて、演技ができる人がいないから、心理戦は面白くない。全然話が入ってこなかった。

 

7話:魔女狩り

<魔女狩りのルール>
モモカを殺した犯人をこの中から見つけて、かがり火で焼き殺す。

人々はお互いを疑い大混乱状態。武闘派は逃げ惑う人々を殺しまくって火にくべる。

警視庁の鑑識課に勤めていたアン(三吉彩花)は、瞬間接着剤を用いて指紋から犯人を特定しようとしていた。そこに武闘派のラスボス(栁俊太郎)が現れ、関西弁のクイナ(朝比奈彩)が立ち向かう。

クイナとラスボスのそれぞれの過去を存分に披露しながら、長い長いほんとうに長い戦いを続ける。

チシヤはニラギと対峙し、焼き殺す。

そんなとき、ずっと捕まっていたアリスはウサギに救助される。

このタイミングで言いにくいけど、あと30分切ってる

ガーーーン

頭脳明晰なアリスはこのゲームの目的を考えだす。

感想

んーー、文句しか出てこなくなってしまって申し訳ないけど…

バトルの合間に過去のトラウマとか挟むのやめてほしい。過去話から戻ると、あ、まだ戦ってたんだ~ってなって手に汗握れない。緊迫したシーンは一気に見たい。

アリスの思い出で、久々のカルベとチョータが見れて嬉しかった。この2人がいた時は自然と物語に入り込んでいたけど、それってやっぱり演技力の差なのかな~と思ったり。キャラが立ってて3人のバランスが良かったよね。

 

8話:ゲームの答え

残り時間15分のところでアリスが現れ、真実を突き付ける。

アグニはボウシヤと親友だった。楽園を平和に保つため、カルト派と武闘派を対立しているように見せかけていた。

「トランプを全部集めれば元の世界に戻れる」というのはボウシヤのでたらめだった。えーー!

日増しに暴走するボウシヤに、アグニは我慢ならず、殺してしまった。ちょっと~

今回の魔女狩りで、アグニが無差別殺人を命令していたのは、自暴自棄で道連れにしようとしていたから。おいおい…

そして魔女は、被害者のモモカだった。ゲームの運営を手伝ってたとか。へー

モモカを火の中に投げ入れて一件落着する。

アリスとウサギがゲーム運営のアジトを訪れると、映像にミラ(仲里依紗)が映し出される。どうやらゲームの主催者の一人?ミラはアリスたちの健闘を称える。

結局なにもわからないまま、アリスは空を見上げて

必ず答えはある ー完ー

教えてくれへんのかーーーい!!

感想

ちょっと答えはどこよ~?次シーズンありきの結末でモヤる。

原作は読んでないのでわからないけど、
『不思議の国のアリス』では、不思議の国の出来事はうたた寝するアリスの夢だったんだよね。どうか引きこもりの自室で目が覚めませんように…

 

あとがき

1~4話までが面白かった。毎話、大規模なロケでお金かかってて、贅沢な気分になったよ。

後半は知らない若者ばっかりで演技も棒だし、楽しめなかったな。脇役の過去の悩みとか興味ないし。

続きもありそうな終わり方だったけど、もういいかな。

色んなドラマや映画に出すぎな山崎賢人くんに飽き飽きしていたけど、このドラマには役柄がとっても合っていた。やはり他の若手と比べて華があるね。汚れても綺麗だし。

タオちゃんは元が整ってるから、普段の着飾った感じより、ムスッとした顔でボサボサのショートカットが可愛いかった。

そうそう、アグニを演じている役者さんが誰だかわからず調べたら、青柳翔でめちゃくちゃびっくりした。すごいイメチェンだよね。数年前に「美しき罠」っていうドロドロな愛憎劇で、イケメン青年役として出てたの覚えてるけど、全然風貌が違う。このために役作りした?

最後、ラスボス担いで走り去った時はどうした~?と笑ったわ。本人はいたって真面目だけど、極限状態にとるトンデモ行動は面白いよね。

原作はこちら
コミックシーモアで読む
ebookjapanで読む
まんが王国で読む

【Netflixパニックドラマ感想】
Into the Night(ベルギー航空ドラマ)
湖へ(ロシア逃亡劇)
キングダム(韓国ゾンビ)
リアリティZ(ブラジルゾンビ)
ドラキュラ伯爵(英吸血鬼)


Netflix『今際の国のアリス』ネタバレ感想・キャストなど」への4件のフィードバック

  1. うんん

    ネタバレ

    正直、ももかが自殺は透けたて。ミステリによくあるネタだから
    最初に死んでた人が実は犯人。なんて使い古されたネタだろ。死体の観察なんてまず当たり前にすべきだろ。

    返信
    1. やどっきー 投稿作成者

      ですね。
      それにしてもひと突きで肋骨の合間を縫って心臓まで達する致命傷を与えられるモモカってスゴイ。

      返信
    1. やどっきー 投稿作成者

      セットなのですね。ありがとうございます。
      ドラマそのものを楽しむために、SNSやら撮影の裏側はなるべく見ないスタンスで感想を書いています。
      ちょいちょい間違っていたりしますので、あしからず。

      返信

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください