公開日:

漫画『鬼滅の刃』1~10巻あらすじネタバレ感想

家に『鬼滅の刃』のコミックが20巻まであった(息子のやつ)ので、紹介したいと思います。

吾峠呼世晴(ごとうげ こよはる)作で、週刊少年ジャンプにて2016年から2020年にかけて連載された漫画です。

鬼になった妹を人間に戻すため、主人公の炭治郎が鬼退治の旅へ出る物語。

この炭治郎がとても働き者で、責任感が強くて好感が持てるし、鬼になった妹がとっても可愛い。そして、大正時代を舞台としているので、和洋折衷な衣装がお洒落なんです。

<あらすじと感想>
1巻:きっかけ
2巻:鬼殺隊の仕事
3巻:仲間の登場
4巻:那田蜘蛛山
5巻:那田蜘蛛山2
6巻:準備期間
7巻:無限列車
8巻:煉獄さん
9巻:遊郭潜入
10巻:兄妹愛
※以下別ページになります
11巻~20巻 21巻

1巻:きっかけ


(電子書籍のebookjapan)

<鬼になった妹>
山奥に家族で暮らす竈門炭治郎(かまどたんじろう)が、仕事で町へ出かけて帰ってくると、家族が殺されていた。
唯一助かった妹の禰豆子(ねづこ)は、傷口に鬼の血を浴びて、鬼に変異したらしい。
鬼殺隊の冨岡義勇に命を狙われるが、兄妹愛を披露して見逃してもらう。

※鬼殺隊:政府非公認の組織。使命は民を守るため鬼を殺すこと。

<妹を助けるための修行>
その後、冨岡のつてで、鬼殺隊の育成人の鱗滝左近次(うろこだきさこんじ)を訪ねる。
炭治郎はそこで毎日修行に励む。一方、禰豆子は眠りについたまま…

<最終試験の受験資格>
鱗滝さんは、目の前の巨大岩を斬ることが出来たら、最終試験に進む資格を与えると言う。
どこからか現れた狐のお面の錆兎(さびと)と妹の真菰(まこも)にアドバイスを受けつつ、なんとか斬ることができた。

<最終試験>
藤襲山に集まった受験生たち。ここには鬼殺隊が捕まえた鬼が閉じ込められていて、7日間生き抜いたら合格だとか。そして試験スタート。
さっそく現れたのは、手がいっぱいある異形の鬼。鱗滝さんの弟子を13人ほど喰ったとか。修行中出会った兄妹は幽霊だったのね(涙)

炭治郎は化け物に立ち向かう。

◆感想◆
ただの炭売りの少年が、実は能力者だったんだね。まぁいつの時代も才能って突然開花するもんだしね。
しかし鬼になったのが禰豆子だけで良かったよね。お母さんとか下の弟、妹も鬼になってたら、炭治郎はさらに大変だったろうな。

 

2巻:鬼殺隊の仕事


(電子書籍のebookjapan)

炭治郎は手鬼に一撃をくらわしやっつけた。
7日後、20人いた受験者は4人に減っていた。

<日輪刀>
帰ると禰豆子はすたすたと歩いていた(良かったね)
そんなとき、風鈴がついた三度笠をかぶる鋼鐵塚(はがねづか)が現れる。試験合格時に選んでいた鋼で刀が出来上がったそうだ。
炭治郎が日輪刀を抜くと、黒色に変化した。

<初仕事>
町で若い娘がさらわれる事件が起こり、鬼退治へ。
炭治郎は禰豆子と協力して、歯ぎしりが凄い3体の鬼をやっつけた。
禰豆子は鬼だけど、鱗滝さんから「人間を助けろ」と暗示をかけられたっぽい。

<目標が定まる>
人間を鬼に変えられる血を持つ鬼は、この世にたった一体だけ。鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)という名の鬼だった。
そんなとき、鬼舞辻の手下の矢琶羽(やはば)朱紗丸(すさまる)が、炭治郎に襲い掛かる。
鬼舞辻の血が濃い鬼から血液採取して研究すれば、鬼が人間に戻る方法がわかるかも!とか小耳にはさんだ炭治郎は、鬼退治に俄然やる気が出る。

◆感想◆
禰豆子は鬼なのに、可愛いくて肌がムチムチすべすべだね。被害者が可愛いほど、助けるモチベーションが上がる。

 

3巻:仲間の登場


(電子書籍のebookjapan)

矢琶羽と朱紗丸は強く、炭治郎は禰豆子と力を合わせて戦う。そんなとき、敵が繰り出した蹴鞠を禰豆子が蹴ると、脚が切断されてしまう(!)。でも鬼だからまた生えてくるらしい…
最終的に、医者の珠世が自白の真香で呪いを発動し、敵をやっつけた。

<仲間の登場>
カラスの指示で南南東を目指す炭治郎。途中で金髪の吾妻善逸(あがつまぜんいつ)に出会う。嫌々鬼殺隊になったとか。
2人はカラスに急かされ、次の場所に着くと、子供の兄妹がいた。その上の兄・清兄ちゃんが鬼にさらわれたとか。

清兄ちゃんは”稀血(まれち)”で、鬼にとってとても美味しい味の人間らしい。

家の中には数体の鬼と、イノシシ頭の鬼殺隊がいた。

善逸は弱虫で逃げ惑うが、緊張と恐怖が極限を越えると、異常な力を発揮。キャラ変して鬼をやっつけたよ。

炭治郎が家の中の鬼をやっつけて、庭に出ると、善逸がイノシシ頭の男から、禰豆子の箱を守っていた。

◆感想◆
炭治郎の心の声で
<俺は長男だから我慢できたけど、次男だったら我慢できなかった>
って言ってるけど、そういうもの??

前の戦いであばらと脚が折れたらしいけど、我慢強いにもほどがある。しばらく安静にして完治してから旅に出る選択はないのか?あのカラスはムチャ言うよね。

 

4巻:那田蜘蛛山


(電子書籍のebookjapan)

イノシシ頭の鬼殺隊は、嘴平伊之助(はしびらいのすけ)という名で、あの試験の5人目の合格者だった。「猪突猛進」で早めに帰ったらしい。

<ひと時の休息>
なんだかんだで仲良くなった3人はあばら骨が折れている(!)ため、カラスの計らいで藤の花の家紋の家で休息をとることに。意外とカラスに常識があってビックリ。

<鬼退治再スタート>
その後、3人は那田蜘蛛山(なたぐもやま)へ。

すると先に来ていた先輩の鬼殺隊たちが、なぜか隊員同士で殺し合っていた。どうやら蜘蛛の糸を出す鬼が操っているっぽい。

善逸には両親がいなくて、鬼殺隊最強の”柱”だった祖父から、毎日修行してもらったとか。自信が無い弱虫の善逸は、葛藤しながら敵に立ち向かう。

◆感想◆
イノシシの被り物は戦う時に邪魔じゃないのかな?せっかく可愛い顔してるんだから見せればいいのに。

私がおばさんだからだろうか?少年たちの心の葛藤が、イマイチ伝わってこない…

 

5話:那田蜘蛛山2


(電子書籍のebookjapan)

那田蜘蛛山で鬼の家族に襲われる炭治郎と伊之助。

伊之助が父鬼に頸椎を握りつぶされそうになったとき、”柱”の冨岡義勇が現れて、父鬼をやっつけてくれた。

一方、炭治郎の前では、硬い糸を操る弟鬼が、姉鬼を傷つけ姉弟喧嘩をしていた。鞭のように飛んできた糸が当たりそうになった瞬間、禰豆子がかばってくれた。兄妹愛を見せつけられた弟鬼は、姉鬼を捨てて禰豆子が欲しいと言う。

ちなみにこの鬼の家族は、弟鬼が人間時代の家族が恋しくて作った、寄せ集めの集団だった。

そんなとき、姉鬼のまえに、鬼殺隊・蟲柱の胡蝶しのぶが現れる。毒殺が得意なしのぶに姉鬼は殺されてしまう。

実は弟鬼は十二鬼月(じゅうにきづき)だった。

炭治郎が絶体絶命なとき、毎年初めに、家内安全を祈って”ヒノカミ様”になって舞っていた父を思い出す。長く踊るには呼吸が大事だそうだ。

そして炭治郎は禰豆子との絆で、弟鬼をやっつけた。と思いきや、まだ生きていて、最終的に冨岡がとどめをさす。

◆感想◆
みんなそれぞれ不幸な生い立ちで、トラウマがあるよね。この世界に幸せに育った子はいないのか?

炭治郎のお父さんのおでこにも同じようなアザがあったね。今後そのアザの理由とかわかるのかな。そして花札の耳飾りは代々継承されてきたものだったのね。寝るとき枕に引っかかって邪魔だろうな。

 

6巻:準備期間


(電子書籍のebookjapan)

<鬼殺隊の本部にて>
鬼殺隊の炭治郎は、鬼の禰豆子を殺さないため、鬼殺隊の本部にて裁判にかけられる。目の前には鬼殺隊の中で最も位の高い9名の”柱”がいた。

そこにお館さまが現れる。

お館様は他とは違う炭治郎のことを許してほしいと言う。納得がいかない柱の1人は、自ら血を流し、禰豆子を誘う。

しかし禰豆子は人間を襲わず、そのおかげで許してもらえた。

<機能回復訓練>
那田蜘蛛山で重傷を負った炭治郎たちは、しのぶが住む蝶屋敷でリハビリすることに。

その後、しのぶとカナヲの訓練を受け、炭治郎たちは、全集中・常中の技を身につける。

<十二鬼月>
鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)は十二鬼月の下弦たちの弱さが気に入らず殺害する。最後の1人に命乞いをされ、柱と炭治郎殺しを命じる。

◆感想◆
女の子の顔がみんな似てて、区別がつかない…。しのぶは幼い女の子かと思っていたら、表紙を見るとめちゃグラマラスボディだね。脱いだら凄そう。

 

7巻:無限列車


(電子書籍のebookjapan)

無限列車に乗り込んだ炭治郎たち。柱の煉獄(れんごく)さんと出会う。

楽しい列車の旅が始まるかと思いきや、そこには鬼もいた。鬼舞辻から命を受けた眠り鬼の魘夢(えんむ)は、炭治郎たちを眠らせ、夢の中で”精神の核”を破壊しようとしていた。

禰豆子が起こそうと頭突きをして涙を流すと、炭治郎が炎に包まれる(!)

夢の中の炭治郎は、家族と幸せな時を過ごす。しかしこれは夢だと気付き、自害すれば現実に戻れると予測。思い切って自分の首を斬ると目覚めることができた。

そして炭治郎は鬼を探して汽車の上へ。すると魘夢がいた。

炭治郎は魘夢の首を斬るが、死ななかった。な、なんと、魘夢は汽車と融合したとか!

汽車全体が鬼になり(!)襲われる乗客たち。鬼殺隊たちは8両編成の列車を分担して守る。

ついに急所を見つけた炭治郎は、父さんの”ヒノカミ神楽”を発生させて、一撃をくらわそうとする。

◆感想◆
汽車と融合できるなんてど偉い能力装備してるのに、なんでわざわざ夢に入って精神崩壊させるとか、チマチマしたことするんだろう。

炭治郎の体が燃えたのに、そのあと綺麗なまま活動できるとか、戸惑いが大きい。

 

8巻:煉獄さん


(電子書籍のebookjapan)

炭治郎の一撃で列車はもだえ苦しみだす。魘夢は惨めに死んでいった。

そんなとき、上弦の参の猗窩座(あかざ)が現れる。

炎柱の煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)がやっつけようとするが、鬼は回復が早くて太刀打ちできない。
なんとか頑張るが、煉獄さんは致命傷を受けて死んでしまう。

<闘いの後>
猗窩座は鬼舞辻に柱を殺したことを報告するが、他の鬼殺隊を生かしたまま帰ってきたことに激怒される(かわいそ…)

一方、炭治郎は煉獄さんの実家へ。泥酔状態の父は、息子は才能が無かっただけだと言う(涙)。どうやら炭治郎が”日の呼吸”の使い手だから、嫉妬してるっぽい(小さいなぁ…)
炭治郎はキレて頭突きをかまし、さらに強くなることを煉獄さんの弟・千寿郎に約束する。

<それから4か月後>
蝶屋敷にて充実な日々を送っていた炭治郎たちの前に、元忍の宇髄天元(うずいてんげん)が現れる。宇髄がアオイを連れ去ろうとしたため、炭治郎は身代わりになると言う。
すると鬼が住む遊郭へ行くことに。

◆感想◆
200人の乗客があんな列車の状況で、1人も死ななかったのすごい。煉獄さんやるやん。
追加の登場人物が次から次へと出てきて死んでくもんだから、心がついていかないわ。たぶん雑誌で少しずつ読み進めていってれば、心に落とし込む時間があって丁度良かったのかもしれない。一気読みの弊害だね。

 

9巻:遊郭潜入


(電子書籍のebookjapan)

宇髄は遊郭に潜入して、いなくなった3人の嫁を探すよう命じる。
・とき屋の須磨
・荻本屋のまきを
・京極屋の雛鶴

<京極屋にて>
京極屋に就職した善子(ぜんこ)こと善逸は、蕨姫花魁(わらびひめおいらん)と出会う。気配からして強い鬼らしい。その後、善逸は行方不明に…

その2日前、女将からいじめを注意された蕨姫は、激怒して女将を空から落とした(!)。どうやら年寄りの肉は不味いから食べたくないんだとさ。

そんなところに、無惨様が現れる。蕨姫は上弦の堕姫(だき)だった。

<とき屋にて>
「炭子(すみこ)」として働いていた炭治郎は、鯉夏花魁(こいなつおいらん)に正体をバラし、とき屋を去る。

すると鯉夏の前に、堕姫が現れる。

鬼の匂いで戻った炭治郎は、ヒノカミ神楽で上弦の堕姫に火花を散らす。

<荻本屋にて>
「猪子(いのこ)」として働いていた伊之助は、屋敷中、鬼を探し回る。そんなとき、鬼の巣を見つけて、入り込んだ。
そこには人間を閉じ込めた帯が張り巡らされた、鬼の食糧貯蔵庫だった。伊之助は帯を切り刻み人々を救出。

そんなとき柱の宇髄天元が現れる。

※余談ですが、鬼殺隊には階級があって、炭治郎たちは現在「庚」だそう。

 鬼殺隊階級 
甲 きのえ
乙 きのと
丙 ひのえ
丁 ひのと
戊 つちのえ
己 つちのと
庚 かのえ ←今ココ!!
辛 かのと
壬 みずのえ
癸 みずのと ←前ココ

◆感想◆
宇髄さんたら3人も嫁がいるなんて。しかも肝心な場面でかっこよく登場してくれるじゃないの。

 

10巻:兄妹愛


(電子書籍のebookjapan)

<おでこのアザ>
煉獄さんの父の手紙によると、”日の呼吸”の選ばれた使い手には、赤いアザが額にあるとか。

しかし炭治郎のアザは、ヤケドをした時の痕だそうだ。選ばれし者では無いと知る炭治郎であったが、精神力で鬼に挑み続けた。

<兄妹愛>
炭治郎が堕姫にとどめをさそうとしたその時、命の限界を超えかけて(!)うずくまる。絶体絶命となるが、禰豆子が堕姫の頭を蹴り飛ばした!

鬼同士で激しい死闘を繰り広げ、堕姫は禰豆子を切り刻むが、何度も体を再生した。すでに上弦の鬼の能力を上回っているようだ。

その後、完全に鬼と化した禰豆子は、一般人を襲おうとするが、炭治郎がなんとか食い止める。

宇髄があっさり堕姫の首を斬り落とすが、まだ生きていた。な、なんと、泣き叫ぶ堕姫の背中から、兄の妓夫太郎(ぎゅうたろう)がはい出てきた。

醜い妓夫太郎は、麗しく才能のある宇随さんに嫉妬して負の感情に支配されていた。

そこに、炭治郎・善逸・伊之助が加勢し、鬼に立ち向かう。

◆感想◆
クズだと思ってた煉獄さん父により、気になっていたアザのことが判明するとは。油断してたわ。いい大人が子供の炭治郎に向けて、言い訳三昧の手紙だったね。

まぁやっと間違いに気付いたようだから、生きている次男を大事に育ててほしい。

自分に兄がいるせいか、兄妹愛が強く描かれすぎててちょっとキモい。綺麗な夢物語だね。

その他あらすじ感想は↓こちら
11巻~20巻 21巻


コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください