公開日:

漫画『鬼滅の刃』22巻あらすじネタバレ感想~廻る縁

smorking2

吾峠呼世晴先生の『鬼滅の刃』22巻を紹介します。

鬼舞辻無惨との戦いで、瀕死の状態となった炭治郎。もうろうとする意識の中、縁壱さんの幻を見て終わった21巻。

そして禰豆子が炭治郎の危機を察してこちらへ向かってる。

鬼滅の刃読むなら↓こちら

(電子書籍のebookjapan)

<22巻のあらすじと感想>
188話:悲痛な恋情
189話:心強い仲間
190話:ぞくぞくと
191話:どちらが鬼か
192話:廻る縁(めぐるえにし)
193話:困難の扉が開き始める
194話:灼熱の傷
195話:めまぐるしく
196話:私は

188話:悲痛な恋情

鬼舞辻無惨の攻撃で重傷を負う甘露寺さん。伊黒は甘露寺を運び仲間に託す。

<伊黒さんの生い立ち>
伊黒はクズの一族に生まれたとか。その家は、下半身が蛇の女の鬼が、人を殺して奪った金品で生計を立てていた。一族は鬼へのお礼として、生まれた赤ん坊を生贄として捧げていた。

女ばかり生まれる家で、男として生まれた伊黒さんは、喰える量が増えるまで牢で生かされた。

ある日、伊黒さんが牢から脱走すると、報復として親族がみな殺された。責任を感じて自分を責める伊黒さん。どうにもならない思いを全て鬼にぶつけることで、精神を保っていた。

無惨を倒したら、自分も死んで、綺麗な人間に生まれ変わりたい。そしたら甘露寺に好きだと伝えられる。

伊黒は戦いの場に戻る途中で、そんなことを考えていた。

◆感想◆
牢から逃げたことは仕方がないことだから、そんなに自分を責めないでいいのに。死なずに甘露寺さんと一緒になれるといいね。

 

189話:心強い仲間

鬼殺隊たちは無惨の攻撃に耐えるが、夜明けまで1時間14分あった。

限界が来たとき、どこからか猫が現れる。その猫が背負った栄養剤(?)が放たれて、悲鳴嶼たちは体力を回復する。どうやら珠世の差し金らしい。

伊黒は命の危機に迫られたときの爆発的な力を期待して、刀を強く握る。

◆感想◆
私にも栄養剤背負った猫が来てくれないかな?一瞬で体力を回復させたい。

 

190話:ぞくぞくと

伊黒が強く握った刀は赫くなるが、それに集中しすぎて酸欠となり失神しかける。

悲鳴嶼、冨岡義勇、不死川実弥は攻撃を続けた。

そこに伊之助と善逸とカナヲが現れ加勢する。

夜明けまであと1時間3分となる。

◆感想◆
ぞくぞくと来たね。終わりに向かっている感じ。そういえば禰豆子はまだ着かないね。

 

191話:どちらが鬼か

炭治郎は意識がなかったが、刀を握りしめたままだった。そんなとき突然目を覚ます。

無惨には脳と心臓が多数あるため、首を切断しても死ななかった。そして早すぎる攻撃で、鬼殺隊たちは吹っ飛ばされる。

カナヲが追い詰められて絶体絶命なとき、炭治郎が現れる。鬼のような醜い顔面になっていた。

◆感想◆
祝!炭治郎復活!

 

192話:廻る縁

炭治郎は夢の中で先祖と縁壱のあれこれを見ていた。

縁壱は炭吉の前で剣の型を見せた。日の呼吸の型はとても美しく、剣を振るう縁壱は精霊のように見えた。

別れ際に縁壱は、炭吉に耳飾りを託した。炭吉は日の呼吸を代々伝える約束をした。

縁壱が教えた十二個の型は、何百年もの間、正確に伝わり続けた。

炭治郎は炎柱から聞いた十三個目の型について考えていた。たぶん十二の型を繰り返すことで、円となり、それが十三個目の型となるのではないか。

答えを見つけた炭治郎は、十二の型全てを繋げて戦いに挑む。

◆感想◆
花札の耳飾りは縁壱さんから譲り受けて、代々身に着けてきたものだったんだね。

 

193話:困難の扉が開き始める

炭治郎は禰豆子の力を使わずに刀を赫くした。

無惨は炭治郎1人に手こずっていることに疑問を持つ。細胞に残った珠世の記憶を読むと、人間に戻す薬に老化を進める薬が混ざっていたようだ。

1分で50年老いる薬を、効果が出始めて3時間以上経つので、九千年も老いていたことに気付く。

夜明けまであと59分の時、炭治郎は十二の型を繋げて夜明けまで繰り返そうとする。

◆感想◆
193話の表紙がカッコいい。


(電子書籍のebookjapan)

194話:灼熱の傷

愈史郎は瀕死の悲鳴嶼たちに血清を打って手当てをした。

一人で無惨に立ち向かう炭治郎のもとに、伊黒さんが加勢する。

無惨は老化薬のせいで体力を奪われていた。そんなとき、炭治郎は無惨の体についた古傷を見つける。それは縁壱さんがつけた傷だった。

何百年もの間、無惨の細胞を灼き続けた傷は、炭治郎の味方になってくれるだろう…

◆感想◆
老化の薬を盛ったり、けっこうズルい戦い方するよね。1対複数の戦いで、無惨がなんだか悲しきモンスターな感じで、可哀想に思えてきた。見た目が美しいからかな。

 

195話:めまぐるしく

無惨は何百年も前に縁壱につけられた傷が癒えていなかった。本当の化け物は縁壱だと言う。

夜明けまで40分となったとき、無惨が突然逃げ出した。

炭治郎と伊黒さんは追いかけ、無惨の逃げ道をふさいだ。

◆感想◆
なかなか決着がつかないものだね。

 

196話:私は…

禰豆子は無我夢中で走っていた。その途中、鬼に家族を襲われた時の記憶が蘇り、自分のことを思い出す。

夜明けまで35分となり、無惨は体を分裂させて細かく飛び散って逃げようとするが、分裂できなかった。

なんと珠世が処方した薬は、人間返り、老化、分裂阻害、細胞破壊の4種類の効果があった。

そして無惨は吐血する。

◆感想◆
珠世はすごい薬を開発したもんだ。毒殺は昔から女の専売特許だもんね。戦うために鍛えてきた男たちは何だったんだろう…って虚しくなるけど、無惨が強すぎるから仕方がないのか。

鬼滅の刃↓あらすじ感想はこちら
1~10巻 11~20巻 21巻

鬼滅の刃読むなら↓こちら

(電子書籍のebookjapan)


コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください