公開日:

漫画『鬼滅の刃』21巻あらすじネタバレ感想~古の記憶

吾峠呼世晴先生の『鬼滅の刃』21巻を紹介します。

16巻でお館様の作戦で産屋敷邸が大爆発して、鬼舞辻無惨は珠世から”人間に戻す薬”をぶち込まれた。

一進一退の状況の中、炭治郎たちは次々と現れる鬼をやっつけながら、鬼舞辻のもとへ向かってる。でもなかなかたどり着かないよね。

ちなみに上弦の鬼2・3・4・5・6は倒し済みで、1(壱)の黒死牟をやっと倒せたところで20巻が終わった。

さてさて、炭治郎たちはラスボスの鬼舞辻にたどり着き、退治することはできるでしょうか。

鬼滅の刃読むなら↓こちら

(電子書籍のebookjapan)

<21巻のあらすじと感想>
179話:兄を想い、弟を想い
180話:回復
181話:大災
182話:激怒
183話:せめぎ合い
184話:戦線離脱
185話:匂いのない世界
186話:古の記憶
187話:無垢なる人

179話:兄を想い、弟を想い

上弦の壱の黒死牟を倒すが、不死川実弥(さねみ)は意識を失いながら攻撃を続けていた。悲鳴嶼(ひめじま)が止めに入り、弟の玄弥のところに連れていく。体が半分になった玄弥は、鬼を取り込んでいたおかげで、まだ意識はあった。

死亡した時透無一郎は、イチョウの葉が降る天国で、兄と再会し、涙を流す。

そんなとき、玄弥の体が崩れ始める。玄弥は兄の実弥に謝罪とお礼をして、塵となる。

◆感想◆
いつもながらに兄弟愛が炸裂です。無一郎が14歳ってことに驚いた。まだ子供じゃん。
ほんと大人は何してるんだろう…って思うけど、アザが出る超人は25歳までに死んじゃうんだよね。生き急ぐ人生なのか…

 

180話:回復

炭治郎と義勇は無残のもとへ急ぐ。

一方、他の鬼殺隊たちは、無惨が入る肉の塊の前に到着していた。すると中から無惨が飛び出してきて、全員殺されてしまう。

おかげで無惨の体力が回復。

産屋敷の跡継ぎ輝利哉(きりや)の指令は後手後手になってしまう。

珠世がねじ込んだ”人間に戻す薬”は、無惨に効かなかった。珠世は握りつぶされてしまう。

◆感想◆
無惨のスタイルがめちゃくちゃ良い。

 

181話:大災

お館様の輝利哉は、采配をしくじったことに落ち込むが、妹から励まされ、仕切りなおす。

そして柱たちに1つに集まるよう指示を出す。

そんなとき、炭治郎と義勇のまえに無惨が現れる。

無惨は、家族を鬼に殺されたことは、災害に遭ったと思って諦めろと言う。過去にこだわる鬼殺隊を異常者の集まり呼ばわりをして、読者の思わんとするところをお説教してくれた。

◆感想◆
意外と簡単に無惨と対面してビックリ。

産屋敷家長男の輝利哉は8歳なんだね。8歳の男児に指令塔を任せるなんて、どうかしてる…

 

182話:激怒

炭治郎は怒りがこみ上げるが、首を斬り落としても死なない無惨を、太陽の下へ引きずり出す作戦で、時間稼ぎを考えていた。

無惨の側近で琵琶を持つ女・鳴女(なきめ)が、甘露寺と伊黒をやっつけたと思いきや、それは愈史郎が鳴女の視覚を操っていた。

愈史郎は珠世を殺した無惨に、堪忍袋の緒が切れる。

◆感想◆
愈史郎は珠世さんラブだったからね。そりゃ怒りますわ。


(電子書籍のebookjapan)

183話:せめぎ合い

<愈史郎の作戦>
愈史郎は鬼だけど鬼殺隊の味方。琵琶女の視覚を乗っ取り、脳内に潜入して頭も乗っ取る。無惨には鬼殺隊が死んだと思わせておいて、その間に集結させてみんなで一気に攻める。

そんな愈史郎の作戦を感じ取った無惨は、鳴女の脳に入り込んだ愈史郎を追い出そうとする。そこに義勇と伊黒さんと甘露寺らが攻撃してきて、無惨は肉体も精神も大変な状況。

そして愈史郎は鳴女の頭を握りつぶす。

鳴女の死で崩壊を始める無限城

炭治郎は最後の力を振り絞り、刀をぶん投げると、無惨の頭に突き刺さった!

と同時に無限城が崩壊する。

◆感想◆
愈史郎が大活躍だね。鬼殺隊だけの力じゃ鬼を倒せないのが、ちょっと切ない。

 

184話:戦線離脱

愈史郎の念のおかげで、炭治郎たちを崩壊した城の外に出すことに成功。

しかし夜明けまでまだあと1時間半もある…

無惨は再生速度が速くて、斬っても斬っても意味がなかった。

そんなとき、片目を斬られていた炭治郎は、倒れて死んでいた。

◆感想◆
無惨は炭治郎は死んだと言っていたけど、生きてるよね?死ぬはずないよね?

 

185話:匂いのない世界

産屋敷邸にいた禰豆子は、何かを感じ取り、飛び出していった。

先代のお館様の幻像は、禰豆子を好きにさせてあげてほしいと言う。

無惨の前に現れた久々の悲鳴嶼は、戦いに参加する。

隅っこで倒れる炭治郎は、鬼殺隊の村田に担がれて手当てを受ける。そんな炭治郎は三途の川を渡りかけて、匂いのない世界へトリップする。

◆感想◆
やっぱり最後は禰豆子だよね。すごく久しぶりですっかり忘れていたわ。

 

186話:古(いにしえ)の記憶

匂いのない世界に来た炭治郎の前に、始まりの呼吸の剣士・緑壱(よりいち)さんが現れる。

幼少の頃、緑壱の母は耳の聞こえない息子に、耳飾りのお守りを与えた。兄はとても優しかった。母親が病死した後、家を出され、行き着いた山の中に、同じ年くらいの女の子・ウタがいた。緑壱はひとりぼっちのウタと二人で暮らし始める。

二人は大人になり夫婦になった。ある日、臨月のウタを置いて外出して戻ると、ウタは鬼に殺されていた。

そして緑壱は鬼狩りとなった。

それから間もなくして、緑壱は鬼の始祖と出会う。

◆感想◆
20巻の黒死牟により、緑壱の兄側から見た話しを聞いていたけど、緑壱から見た世界はこんな感じだったのね。
せっかく温かい家庭を築いてこれからってときに、奥さん殺されてしまったのか。そりゃ鬼が憎いわ。

 

187話:無垢なる人

緑壱と対峙する男は心臓が7つと脳が5つあった。

その男の攻撃にヒヤリとした瞬間、緑壱の剣技の型が完成する。首を斬られた男は、肉体が再生しないことに困惑していた。

緑壱がとどめを刺そうとした瞬間、男の肉体が弾け飛んだ。緑壱は散らばった肉片を斬ったが、斬られずに残った肉片で男は生き残った模様。

その男のそばにいた女性は悔しがっていた。緑壱は彼を倒すための手助けをお願いした。

ちなみにその男女は、鬼舞辻無惨と珠世だった。

そんなことが過去にあり、自分の不甲斐なさに落ち込む緑壱。近くにいた赤ちゃんをあやして涙する。

炭治郎は緑壱の波乱の人生を覗いて、少しでも心が救われることを願った。

◆感想◆
炭治郎は三途の川で色々見るねぇ。
それにしてもあと2巻でどうやって終わらせるんだろう。まだまだ戦いは続きそうだけど。
そういえば鬼舞辻が初登場したとき、人間の嫁と娘がいたよね。あれはなんだったんだろう…。ただのフェイクの家族?

鬼滅の刃↓あらすじ感想はこちら
1~10巻
11~20巻

鬼滅の刃読むなら↓こちら

(電子書籍のebookjapan)


コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください