公開日:

『ロズウェル-星の恋人たち』シーズン1(1話~11話)ネタバレ感想

1999年アメリカで放送されたドラマ『ロズウェル-星の恋人たち』を紹介します。

ロズウェルに住む平凡な女子高生が、イケメンのエイリアンと出会って人生が一変するお話。

閉鎖的な田舎町で頑固な大人たちが支配する中で、若者がただ普通に幸せに暮らしたいと奮闘する姿に胸を撃たれます。

セットが安っぽい感じだったり、トンデモ設定について行けなかったり、色々ありますが、物悲しい主題歌と劇中に流れる洋楽のおかげで、ドラマティックな雰囲気になってる。

2001年にNHKで放送されたときに、めちゃくちゃハマりました。ヒロインが日本人が好きそうな小柄で品のある女の子で、吹き替えの声がとても可愛いし、夜にイケメンエイリアンがよじ登って会いに来てくれるの憧れる。

ロズウェルはこちら↓で視聴可能

動画配信サイトhulu<フールー>

登場人物

★リズ・パーカー
(シリ・アップルビー)
ロズウェルに住む16歳の高校生。クラッシュダウン・カフェのオーナーの娘。真面目な優等生タイプ

★マックス・エバンズ
(ジェイソン・ベア)
見た目も中身もイケメンの16歳のエイリアン。素性を隠して高校に通いながら、自分のルーツを探る。

★イザベル・エバンズ
(キャサリン・ハイグル)
気が強い美人のエイリアン。マックスの姉

★マイケル・ゲリン
(ブレンダン・フェア)
無鉄砲なエイリアン。マックスの親友

★マリア
無邪気な女の子。リズの親友かつバイト仲間

★バレンティ保安官
ロズウェル警察署所属。エイリアンハンターの父親の無念の遺志を継いで、エイリアン探しに躍起になる。息子のカイルはリズの彼氏

 

1話:出会い –Pilot

リズは両親が経営するクラッシュダウン・カフェでバイト中、客が発砲した弾が当たってしまう。倒れるリズに駆け寄ったマックスが、制服を剥いで手をかざすと、傷口が消えた…

その後、不思議体験をしたリズがマックスに問い詰めると、

「僕は人間じゃないんだ」

あっさりエイリアンだと自己紹介する。

UFOフェスティバルにてーー

リズの怪事件でバレンティ保安官はマックスを疑いだし、リズたちは偽装工作を考える。そのおかげで事件はうやむやになるが、バレンティ保安官は納得していない模様。

危機を乗り越えたおかげで打ち解けるリズとマックス。キスしそうな距離感のまま、マックスは生きる世界が違うと言い残し、去っていった。

9月24日
数日前、私は一度命を落とした。でもあの日から私の人生は、本当の意味で始まったのだ

感想

最初のリズの傷を治すシーンがとても印象的で、ドラマが始まって3分でがっつり心を持っていかれた。そしてウエイトレスの制服とカチューシャがめちゃくちゃ可愛い。

UFOフェスのショーで、人形のエイリアンが燃えているところを見つめるマックスたちが切ない。どうやっても明るい未来が想像できないよね。この先、どんな運命をたどるのか気になる。

 

2話:秘密 –The Morning After

aifuji4

どうやらマックスたちは、自分たちの正体がわからないらしい。1947年にロズウェルにUFOが墜落して、89年まで保育器にいて、6歳で出てきたとか。そのときに出くわした人間に引き取られて育てられたんだね。

ヒドい家に引き取られて最低な暮らしを送るマイケルは、早く自分の正体を知って、現状から抜け出したい。なんとか能力を使って、バレンティー保安官が隠し持つカギを盗み出した。

田舎の監視社会で世間体を気にしながら生きるリズは、根無し草のマックスを羨ましがる。一方、マックスは、もっと堂々と生きたいと言う。

秘密を共有することで、距離がグッと縮まるリズとマックスであった。

感想

オープニングの曲が切なくて好き。

リズとマリアが、人前で「エイリアン」と言えないから、「チェコスロバキア人」って言ってるの可愛い。

エイリアン話のなかに、恋愛やら家族問題やら身近な悩みを入れてくるのいいね。若者たちの成長物語になってる。

 

3話:人生の交差点 –Monsters

小心者で口の軽いマリアは、リズにマックスたちの秘密を教えられてから、びくびく過ごす毎日を送っていた。

イザベルはマリアの本心を知るために、夜、夢に入り込む。

翌日、バレンティ保安官は不審な態度のマリアを呼び出し、イザベルのことを問いただす。

マリアは真実を話さなかった。えらい!

敷かれたレールに乗ってなんとなく生きてきたリズは、ここ最近の予想外の出来事が回り道のように感じていた。しかし、立ち止まって他人を受け入れることで、自分の人生をより深みのあるものにすると気付いたのであった。

感想

毎回最後にリズの新しい気付きを入れてくるのいいね。

 

4話:心の声 –Leaving Normal

higan2

リズのおばあちゃんが久々に遊びに来た。孫の恋に興味津々なおばあちゃんは、脳卒中で倒れて意識不明の重体となってしまう。

パニックなリズはマックスに電話をすると、お見舞いに来てくれた。カイルとバチバチの空気感。マックスはトラブルになりたくなくて、リズと距離を置く。

リズはよそよそしいマックスのことで頭がいっぱい。カイルへの気持ちがなくなり別れを告げる。

その後、リズはマックスにおばあちゃんを助けてほしいとお願いするが、寿命は変えられないとのこと。その代わり、能力を使っておばあちゃんを幽体離脱させてくれた。

「おまえは神様が私に与えてくれた永遠の宝物よ」

温かい言葉をかけてくれるおばあちゃんに、リズはサヨナラを告げる。そして自分の心に素直に生きることを決意し、マックスとハグをする。

感想

印象に残る台詞が多くて引き込まれるね。

同級生にやられっぱなしのマックスをみかねて、マイケルが相手にかゆみを与えたり、ロッカーの暗証番号を変えたり、めちゃくちゃ小さな嫌がらせに笑った。平和なドラマだ。

 

5話:真犯人 –Missing

ある日、リズの日記帳が盗まれた。マックスとのことが事細かに書かれていて、誰かに読まれたらヤバい…

UFOヲタクのアレックスやら、カウンセラーのトポルスキー先生やら、リズの元カレのカイルを疑うが、どうやら違うみたい。

犯人は、なななななんと!!!マイケルだった!!!リズが敵かどうか確かめたかったらしい。

マックスに内緒でマイケルとリズは話し合い、日記はリズのもとに戻る(ほっ)

一件落着の後、マックスはその日記を読みたいとかリズに言ったりしていちゃついてる(何書いてるかわかってるくせに~)

リズは平凡な日常から誰かが救ってくれると夢見ていたが、実際そうなってみると、悩みも増えることを知った。リズは日記を自室の壁の穴に隠し、秘密を封印した。

感想

恋愛ドラマで5話になってもキスシーンが無いなんて、珍しいかも。心の変化を丁寧に描いて、2人の距離が縮まる様子を見て取れるのが楽しい。しっとり落ち着いていた雰囲気が心に染みる。


動画配信サイトhulu<フールー>

6話:なぞのドーム –285 South

マイケルは毎晩、半円形の建物を夢で見ていた。その建物は、マックスがバイト先のUFO博物館の館長からおすすめされた学説に載っていた。

そんなとき歴史の授業にて、ペアを組んでお互いが隠し持っている個人史をまとめるトンデモ宿題を出される。マリアはペアになったマイケルに質問しようとすると、なんやかんやで車で285号線を走らせドームを目指す。

しかし途中で車が故障し、2人はモーテルへ。そこでもマリアは宿題を忘れず、マイケルに質問攻め。

「自分のルーツを知ることが、どうしてそんなに大切なの?」
「ロズウェルなんかより良い場所があると信じてるからさ

実はマリアも幼少の頃、会ったことのないパパが迎えに来て、素敵な国に連れていってくれると夢見ていた。2人は意気投合するが、マイケルは理性を発揮して別々に眠る。

そこにリズ・マックス・イザベルが現れる。さらにカイルまで来た!リズがカイルを追い出して(ちょっと可哀想…)5人でドームへ。そして隠し部屋を見つけて、例のカギで開ける。

感想

マイケルったらチョコレートにまでタバスコかけてた!マイケルは考えなしに行動するバカだけど、女の子には誠実で好感が持てる。

 

7話:未知の文字 –River Dog

どうやら生徒指導カウンセラーのトポルスキー先生は、FBIと繋がっていた。

イザベルがドームから盗んだペンダントの記号は、メサリコ居留地にヒントがあるらしい。

何者かに見張られているマックスたちの代わりに、リズはペンダントを借りて1人でメサリコ居留地へ(危ないよ~)

そこにいたとっても怪しい白髪ロングのリバードッグに、呪いのペンダントだと言われる。

翌日、リバードッグの使いの者にもう一度来るよう促され、マックスを伴って訪ねると、リバードッグから試験の合格を告げられる(え?)

リバードッグは40年前、マックスに似た男がいたことを話しだす。正体不明のその男は、持っていたペンダントをアサートン(UFOの研究者)にあげたとか。

リバードッグの案内で洞窟の先へ進むと、壁面には未知なる文字が書かれていた。

感想

リバードッグはマックスをエイリアンだと見抜いたんだね。試験に合格ってそういう意味なのかな。ちょっとわかりづらかった。

なんにでもタバスコをかけるのは、「甘い物と辛い物を混ぜて食べるのが好き」だからだそうだ。へぇ~

 

8話:疑惑 –Blood Brother

マックスが愛車のジープにリズを乗せてドライブ中、事故ってしまう。病院にてマックスは採血されてしまい、人間じゃないとバレてしまうかも!

そこで、こっそり人間の男性の血液と交換することを思いつき、リズの幼なじみのアレックスに採血をお願いする。

アレックスが理由を問い詰めると、リズはドラッグのせいだと嘘をつく。

その後、アレックスはトポルスキー先生に呼び出され、マックスのことを質問される。リズはアレックスに口止めをしつこくお願いして嫌がられるが、さらに目を見つめてお願いしまくる。

「この5年間の私との友情をあなたも大事に思ってくれてるなら、私のことを信じて」

信じたアレックスは、トポルスキー先生のPCをハッキングして、FBIのファイルを発見。さすがにドラッグのせいではないと気付き、リズに問い詰める。

「教えてくれないなら、絶交だ」
「言えないわ…ごねんなさい…」

友情より愛を優先するリズであった。

感想

可愛い子にあんな風にお願いされたら断れないね。これだけ協力してあげてるのに、なにも真実を教えてもらえないなんて、アレックスが気の毒すぎる。

ところで血液の成分なんて、いつものハンドパワーでどうにかできそうだけど。まぁできないならしょうがないか。

 

9話:絆 –Heat Wave

うだるような暑さのせいで、マイケルとマリアは会うたびに用具室でめくるめくキスをする。周りの人たちもラブラブ状態。

期待するリズをよそ目に、マックスは距離を置く。大好きなリズと一緒になっても、傷つけてしまう日がくることを恐れているらしい(真面目~)

アレックスに嫌われたリズは、イザベルに相談する。イザベルがアレックスの夢に入り込むと、自分に気があることを知る。

その後、みんなはパーティーに参加し、ボヤ騒ぎで警察が出動する。そこでお酒を持っていたリズとアレックスが留置所送りとなる。

イラつくアレックスは、今まであったこと保安官に全部を話すと言う。リズは説得しきれず、泣きながらマックスたちの正体を明かし、仲直りする

その後、リズがバルコニーで日記を書いていると、マックスが来てくれた。リズが保安官に連れていかれるのを見て、胸がえぐられるようだったですってよ。そして2人はキスをする(おめでとー!)

感想

やっと9話にしてキスできました~。いつもあともう一歩のところで邪魔が入っていたもんね。夏の暑さで勢いに任せてキスするんじゃなくて、色々回り道して考えて、やっぱり好きだー!ってなるのがいいね。

 

10話:光る石 –The Balance

マックスが持っていた謎の文字の書き写しを見たマイケルは、1人でメサリコ居留地へ。そこで行われていた過酷な儀式に参加させてもらう。

そのせいでマイケルは高熱にうなされ、繭の糸に体中覆われてしまう。

リズたちがリバードッグに治療を頼むと、過去にナセド(異星人)からもらったという石を配られ、サークルの周りを囲むよう指示される。みんなで念じれば癒せるそうだ。

そんななか、リズはとても不安な気持ちだった。大好きなマックスもいつかこのような病に侵されるかも…。自分の無力さに絶望していた。

その後、みんなの癒しでマイケルは復活。石を謎の文字に当てはめると、5つ星の天体図が浮かび上がった。

夜になり、マックスはリズのもとを訪れる。

「僕たちは不釣り合いなんだ」

この先、不幸が訪れるなら、今サヨナラした方がマシだと判断した模様(悲)。リズは気持ちを受け取り、お別れのキスをする。

感想

せつない~。せっかく上手くいったと思ってたのに。ほんと一瞬だったね。

マックスがフォーチュンクッキーの占いで、「好きな子をダンスに誘いなさい」とか書いてない事を勝手に言って、リズの手を取る流れ好き。はたから見たらバカバカしいけど、2人の間では楽しいだろうな。

 

11話:母の愛 -The Toy House-

調理中のマックス母が油をこぼして火が上がり、マックスがハンドパワーで消してくれた。

母さんはマックスの特殊な能力を疑い、話し合おうとするが、マックスは一方的に怒って出て行ってしまう。

そんなとき、カイルがバスケの試合で脚をねん挫して、心配したリズが急接近。楽し気に話している様子をマックスが見つめてる…

そのことでマックスはリズに、カイルとの復縁を認める発言をする。するとリズから命令口調を注意され、一人で抱え込むのはやめて、周りの人を信じろとアドバイスされる。

その後、マックスは母さんに、6歳で引き取られたときにもらったおもちゃの家を渡す。自分の母親は母さんだけだと素直な気持ちを打ち明け、これ以上詮索しないでほしいとお願いする。

一件落着のとき、イザベルは母さんに本当のことを知ってもらう機会を失い泣きじゃくる。マックスはそんな姉を抱きしめる。

感想

泣ける…。マックスは内に秘める男だから、周りからしたら何考えてるかわからないんだよね。たぶん人一倍考えているんだろうけど。損するタイプだね。

それにしても引き取ってくれた母さんが素敵な人で良かった。

<その他あらすじ感想>
シーズン1:★1~11話 ★12~22話
シーズン2:★1~11話 ★12~21話
シーズン3:★1~11話 ★12~18話


動画配信サイトhulu<フールー>


コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください