公開日:

『時をかける愛/想見你』23話・24話ネタバレ感想

台湾ドラマ『時をかける愛』の23話と24話のあらすじと感想です。

ユーシュエンが無事1998年に戻れた!と思ったら、ユンルーがユーシュエンを演じてるっぽい。なかなか上手くいかないね。

それにしてもあと4話しかないのに、どうやって終わらせるんだろう…。全員が幸せにはなれそうにないけど、納得のいく結末を見たいな。


動画配信サイトU-NEXT

<あらすじと感想>
キャスト
23話:女優のユンルー
24話:旧正月の3日前
他話数は別ページです
1-5 6-11 12-18 19-22 23・24 25・最終話

キャスト

ー2019年の世界ー

黄雨萱ホァン・ユーシュエン:アリス・クー(柯佳嬿)
台北に住む明るい27歳OL。1998年にタイムスリップしようとするが、中継地点に閉じ込められる

ー1998年の世界ー

陳雨如チェン・ユンルー:アリス・クー(柯佳嬿)
台南に住む内気な18歳の女子高生。ズーウェイが好き

李子維リー・ズーウェイ:グレッグ・ハン(許光漢)
ユンルーの同級生。ユーシュエンが好き

莫俊傑モー・ジュンジエ:パトリック・シー(施柏宇)
ズーウェイの親友。ユンルーが好き

謝宗儒シエ・ゾンルー
ズーウェイのクラスの委員長。ユンルーが好き。弟の謝芝斉シエ・ジーチーが2019年からタイムスリップして意識が入り込む。

 

23話:女優のユンルー

ユーシュエンは1998年へ行こうとしたが、タイムスリップの中継場所に閉じ込められていた。ユンルーに必死で呼び掛けるが無視される。

【1998年12月】
体を取り戻したユンルーは、ユーシュエンによって開かれた人生が気に入っている模様。

<もし私がユーシュエンなら…>
<こんな時、ユーシュエンなら…>

ユンルーはユーシュエンを演じて、ズーウェイと楽しい日々を送る。そして日記には、、、

<彼こそがワン・チュエンション>

ズーウェイに好きになってもらうために、ユーシュエンをこの時代に呼ぶキーワードを書き足した。

その後もユンルーはユーシュエンのフリをして青春を謳歌する。

一方、ズーウェイは、自分が好きになったユンルーとは違う気がして、違和感を感じ始めていた。

大人の体だけど高校生のズーウェイのシャワーシーンで幕を閉じる23話。あと残り3話でどうやって物語を終わらせるんだ?

感想

ユンルーはもっとピュアな女の子だと勝手に思っていたんだけど、かなり闇が深いね。

ゾンルーのことをほったらかしにして、何やってんの?!とか思うけど、実はゾンルーは引っ掛けで、ユンルー自身が事件に絡んでる?イヤだな~。怖いな~

 

24話:旧正月の3日前

【1998年2月13日】
タイムスリップ話を信じるズーウェイは、ユーシュエンの影がなくなったユンルーと距離を置く。

「ユンルーはお前といたくて別人に成り済ました」

ジュンジエはユンルーが健気に演技しているんだから受け入れろと、ヒドイ態度のズーウェイに苦言を呈する。

夜、ユンルーのバイト先にゾンルーが来店する。こんな夜遅くに女の子1人に店番やらせるなんて、叔父さんどうかしてる。

帰宅中もゾンルーに追いかけられるし、怖い怖い。ホラーですわ。

そこにズーウェイが迎えに来てくれた!

いつもの公園にて、ズーウェイはユンルーの話しぶりで、ユーシュエンが消えてしまったことを悟る。

「教えてくれ。どうすればユーシュエンに会える?」

涙を流すユンルーは、全て作り話だったと言って去っていった。

【2月14日(旧正月の2日前)】
朝、ユンルーはユーシュエンに成り済ますのをやめた。すると周りから心配され、昔のユンルーに戻らないでほしいと声をかけられる。

「私も昔の自分は好きじゃないわ」

学校を出たユンルーは、ゾンルーと廃ビルへ。

一方ズーウェイは、ユンルーの作り話だと知ってからも、ユーシュエンの事を吹っ切れずにいた。

感想

せつない~

好きな人に「ユーシュエンに会いたい」なんて言われるのきっつい。同級生や弟からも「昔のユンルーに戻らないで」とか言われてるし。そんなん泣くわー

自分の存在を完全否定されてしまって、生きる希望なんてないよね。てっきりゾンルーに殺されたと思っていたら、もしや自殺かも?とかであぜんとしてる。

それにしても主役の女優さんは、ユンルーとユーシュエン2人を演じ分けていて、素晴らしいね。本当にそう見えてくるんだよね。リアルに感じられて物語にスッと入り込める。

てか入り込みすぎて胸が苦しい。ツラい…

あと2話でどうやって決着をつけるんだろ。救われる未来がなさそうで、永遠に終わりを見たくない気分。

他話数は別ページです
1-5 6-11 12-18 19-22 23・24 25・最終話

 
動画配信サイトU-NEXT


コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください