公開日:

昼ドラ「華の嵐」61~70話ネタバレ感想・あらすじなど


柳子とお母さまがやっと天堂は悪者じゃないことに気付いてくれたのに、モンスター圭吾がほんとダメ人間でどうしたものか…

結末まで残りあと10話。2人の未来に緊張する。

この記事の目次

キャスト
61話:タカぁぁぁぁぁ!!New!
※続きは随時アップします

 

キャスト

★朝倉柳子(27):高木美保
華族だった頃の生活を維持するため、夜叉の仮面を被ってあくどい商売をする。圭吾との子を妊娠中

★天堂一也(37):渡辺裕之
妻はなすびの女将さんのタカ(岩井友見)。飛田組のNo.2

★朝倉圭吾(40):長塚京三
朝倉家の婿養子。妻の元カレ天堂に嫉妬する

★飛田雄介:黒沢年男
土建屋・飛田組の親方。柳子の妹・琴子とイイ感じ

 

61話:タカぁぁぁぁぁ!!

DV圭吾はさっそく片岡に協力を求め、共同経営の話を持ち掛ける。さらに天堂の始末もお願いする。

その後、朝倉家に片岡から電話があり、今夜面白いことがあると、柳子は事付けを頼まれる。

なすびにて

天堂が銭湯へ出かけたあと、柳子がやってきた。

土地のことで不穏な動きがあるから、気を付けてほしいと言う。

そこにヤバい男らがやってきた。背中に鉄の棒挿してて怖い。女性2人しかいないのに、暴れ方が尋常じゃない。

柳子が警察を呼ぼうとすると、包丁を突き付けられてしまう。この男の動きがほんとキメーのよ。

おタカが止めに入ると、腹を刺されてしまった。

「タカ…タカ!タカぁぁぁぁ!!!」

帰宅した長風呂の天堂は、意識のないタカの名を叫ぶ。

その後、病院へは行かず、奥の和室で眠るおタカ。傷の手当はしなくていいの?子供たちも心配してる。

やっと医者が来て、目が覚める注射(なにそれ?)を打ってくれた。医者が首を振ってる。もうダメみたい。

タカは少しだけ目を覚まし、天堂に感謝を伝え、柳子に頼む。

「うちの人を…お願いしま…」

腕の脈を取っただけでご臨終だそうだ。

琴子は柳子を責める。天堂は怒りに任せて包丁を持って雨の中飛び出そうとする。

すると、トビさんが力づくで止めてくれた。天堂殴られてる。ナイス!

感想

ツラいー。べっ甲の髪飾りが割れてるの泣いた。

柳子がボロボロと涙を流してて、やっぱり綺麗で絵になるなぁ。

刺されたならもっと治療のしようがあったと思うけど、不治の病みたいな最期だったね。いつも医者の診察が適当すぎて笑う。

※続きは放送後の夜にアップします。


コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください