公開日:

Netflix「ベター・コール・ソウル」シーズン2ネタバレ感想


Netflixオリジナルドラマ「ベターコールソウル」シーズン2を紹介します。

優秀な兄に認められたくて奮闘したジミーだけど、過去のダメなイメージを払拭することはできなかった。

そんなジミーはブレイキングバッドに至るまでに、どのようにして悪事に手を染めていくのでしょうか。

シナボンで働くソウルは、ブレイキングバッドの最終話で逃げた後の姿みたい。マリオのルイージみたい。

「ベター・コール・ソウル」

原題:Better Call Saul
制作:アメリカ AMC
S1  全10話 2015年
S2  全10話 2016年
S3  全10話 2017年
S4  全10話 2018年
S5  全10話 2020年
S6  全13話 2022年

キャスト

★ジミー/ジェイムズ・マッギル
(ボブ・オデンカーク)
のちのソウル・グッドマン。滑りのジミーを卒業し、兄の事務所で郵便係をしながらロースクールに通い、弁護士となって4年目。病気の兄を支える

★マイク/マイケル・エルマントラウト
(ジョナサン・バンクス)
元警察官。裁判所の駐車場の受付係。義娘と孫を支えるため、裏稼業に足を踏み入れる

★チャック/チャールズ・マッギル
(マイケル・マッキーン)
ジミーの兄で優秀な弁護士。大手事務所HHMの創設者の一人。電磁波過敏症を患い休職中

★キム/キンバリー・ウェクスラー
(レイ・シーホーン)
HHMで働く弁護士。ジミーと親友

 

1話:ひと休み

ジミーはディヴィス&メインの申し出を辞退し、弁護士もやめようとしていた。

ホテルで過ごしていると、キムが説得しに現れた。

バーで話し合っていると、いけ好かない株のトレーダーを発見。こいつはもしや…。ウォルターが水浸しのスポンジで大爆発させた車の持ち主だよね。

2人ははそいつに相談するふりをして、高い酒をおごってもらう。あの蓋はもしや…。サフィロ・アネホってガスがカルテルのボスにプレゼントしたやつだ。

2人は楽しい時を過ごし、意気投合して朝を迎える。

キムはいつも通り出勤し、ジミーは1人になって時間を持て余す。

そんなこんなでやっぱり思い直したみたい。自ら連絡してサンタフェにあるディヴィス&メインの事務所を訪れる。

感想

仕事が充実してこそ休暇が楽しいんだろうね。まだまだ悪者にはならないらしい。

 

2話:再始動

ジャックはメトロノームで時を刻み、ピアノでシシリアーノを奏でる。

弟がデイヴィス&メインの弁護士としてサンドパイパーの案件を担当していることを知り、オフィスに出向く。

「なんで来たんだ?」

「見るために」

マイクの裏の仕事の雇い主ウォーマルトは、自宅の野球カードを盗まれ通報する。そのせいで逆に警察にマークされてしまう。

ナチョはウォーマルトのド派手なハマーを見て、取り引きを切ろうとした。ついでに野球カードを盗んだとか。マイクが交渉し、事なきを得る。

さらにジミーに協力をもとめ、警察にはパトロンとの痴話喧嘩だと説明してもらう。

提出するビデオを撮影したことを知ったキムは、証拠ねつ造だと激怒する。

感想

マイクの話が完全にブレイキング・バッドの続き(過去だけど)みたいで楽しい。

 

3話:自作のテレビCM

ジミーは集団訴訟に十分な原告を集めるのに苦労していた。

テレビCMで宣伝することを思いつき、映画学科の学生と制作する。

そしてCMが流れ、事務所に電話が鳴り響く。ジミーの作戦は大成功する。

夜、激おこのボスから電話が入り、仲間の承認を得ずにCMを流したことを怒られる。

一方、孫娘の家の付近で銃声が聴こえ、マイクは引っ越しを提案する。お金を支援しようと、再度、用心棒の仕事を紹介してもらう。

現場に出向くと依頼人はナチョだった。

感想

警察が殉職したら遺族年金とかないのかな。まぁマイクのクールな立ち回りが見れるのは嬉しいけど。

 

4話:マイクの作戦

CMのことを知っていたキムは、書類仕事に回される。

ジミーは兄に、キムを罰したと責める責める。

一方、ナチョはトゥコを消してほしいと依頼する。副業がバレるのを恐れているらしい。

いつもの金の受け渡し時間を狙い、マイクはメキシコ料理店でケンカが起きてるとウソの通報をする。

そして停車してあったトゥコの車にぶつかり、ボケたじいさんを装う。いちゃもんをつけてきたトゥコの胸倉を掴み、離さなかった。

サイレンが近づいたとき、離さないマイクをトゥコが殴り続け、現行犯で逮捕されてしまう。

感想

掴んで離さないの怖いー。トゥコが珍しく戸惑ってた。BBの前は刑務所入っていたんだね。

 

 

5話:オジキ!

チャックは残業のキムに、ジミーのために危ない橋を渡らされたことに同情する。

ジミーは周りを取り入るのが上手く、信用させてしまう。そして羽目を外す。周りはそのたびに尻拭いして、チャックは愛想をつかしていた。

そんなときに、マイクの前にオジキ(ヘクター)登場!

可愛い甥のために頭を下げ、謝罪する。そして8年の刑期は長いと言う。

トゥコには暴行の罪は償わせ、マイクにも謝らせる。さらに金も払う。だから、拳銃は自分の物だと証言してほしいと頼んだ。

感想

HHMの職場がブラックすぎる。

 

6話:駆け引き

マイクはオジキの申し出を断った。

すると刺客を送りこまれたため、華麗に追い払う。

その後、孫娘の子守り中に悪い男がやってきて挑発される。

マイクは仕方なくヘクターのアジトを訪れる。ウソの証言をするには金が足りないと言う。

オジキは強気なマイクの主張に応じた。

マイクはトゥコが予想より早くシャバに戻ってくるため、取り分の半分をナチョに返す。

感想

マイクは義理堅いね。

キムの話つまんないからいらない。

 

7話:独立

ジミーは退職しようとするが、1年未満で辞めると契約金を返金することを知る。そこで、わざと問題行動を起こし、クビにしてもらう。

その後、キムをパートナーに誘うが断られてしまう。

ネイルサロンの奥に帰ってきて、オマールと一緒にココボロデスクを運び込む。

キムは大手事務所からの引き抜きで面接を受けるが、独立して開業しようと考えが変わる。

そしてジミーに維持費を折半して、それぞれ別の事務所を開くことを提案する。

一方、マイクは裏稼業を続け、孫娘の生活環境を整えてあげる。

感想

ここで派手なスーツが出てくるのね。

 

8話:はかりごと

キムは大きな案件メサベルデをHHMから獲得するが、チャックに奪い返されてしまう。

ジミーは具合が悪くなった兄の家を訪れ、世話をするふりをして、メサベルデの資料を改ざんする。

感想

なにかと弟の方が目立ってみんなに好かれるけど、チャックは弁護士という肩書でマウント取ることで理性を保っていたのかな。

それなのに弟に同じ弁護士になられて、心のバランスが取れなくなったんだろう。

 

9話:証拠

マイクはヘクターの配送トラックを襲い、隠していた大金をゲットする。運転手は生きて逃したが、助けた男がヘクターに殺されてしまう。

そんなとき、メサベルデ案件の聴聞会が開かる。しかし申請書類の記載ミスでお開きになってしまい、チャックは大恥をかく。

その後、メサベルデ案件がキムの手に戻り、ジミーと共に資料を取りに行く。

チャックは自分のミスではなく、ジミーの妨害工作だと言って責める。そしてキムに、メサベルデに正直に話すべきだと説得する。

「その証拠は?」

キムはチャックのただのミスだと断言する。

その後、チャックがコピー店を訪れ店員にジミーの写真を見せるが、証拠は得られなかった。事前にジミーが店員を買収したからね。

そのうち電気に囲まれるチャックが発作を起こし、倒れてしまう。

感想

兄弟喧嘩がほんとめんどくさい。別の土地で弁護士の活動した方が良いと思うけど、でも兄は病気持ちだから心配なんだよね。

 

10話:泣き落とし

数年前

病室には危篤の母がいて、ジャックとジミーもいる。ジミーが食事を買いにでると、母が口を開いた。

「ジミー…ジミー…」

「違うよ僕だよ」

母は息を引き取った。

現在

マイクはヘクターのやり方が気に食わず、遠くからライフルで狙う。すると近くに停めてあった車のクラクションが鳴る。

<DON’T>

戻ると警告メッセージがあった。

一方、チャックは病院に運び込まれ、頭の傷は縫ったけど、他は大丈夫みたい。

チャックはジミーに駆けつけるのが早かったことを指摘するが、雑用係のエルネストは自分が連絡したとウソの証言をしてくれた。

退院したチャックは事務所へ退職願を出した。自宅の部屋をサバイバルシートで覆い、あんなミスをするなんて、電磁波のせいで頭がおかしくなったと自分を責めていた。

それを見たジミーは兄が可哀相になって、本当のことを告白する。

なんと、チャックはこの会話を録音していた。

感想

え~、この先も兄弟喧嘩続くのー?

ジミーが作ってたCMがすごいイイ感じになってた。学校の国旗の前で撮ってたのは、あれに使うためだったのね。

 

シーズン2感想

兄にもキムにも興味が持てず、ただブレイキング・バッドの登場人物が出てくるから見てる。

人気だと聞いて見始めたけど、このあと面白くなるのか?ただ私に合っていないだけなのか?

でもまた思い出の人が出るなら見続けるよ。


コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください