公開日:

エルカミーノ:ブレイキング・バッドTHE MOVIE ネタバレ感想


ドラマ「ブレイキング・バッド」のその後を描いた映画「エルカミーノ:ブレイキング・バッド」を紹介します。

ウォルターがトッドらを皆殺しにして、穴に監禁されていたジェシー・ピンクマンが解放された。そのあとの物語。

映画の題名エルカミーノ(El Camino)とは、スペイン語で「道」の意味。トッドが乗ってたピックアップトラックのエルカミーノと掛かっているみたい。

原題:El Camino: A Breaking Bad Movie
監督/脚本:ヴィンス・ギリガン
主演:アーロン・ポール
2019年Netflixにて配信/2時間2分/アメリカ

 

再スタートの地(S5の6話)

列車強盗でメチルアミンを大量に盗んだあと、トッドが目撃者の少年を殺してしまった。うんざりしたジェシーとマイクが足を洗おうとしていた頃。

2人はメチルアミンを売ってゲットしたお金で何をしよう、って話してる。

「あんただったらどこへ行く?」

「その年で出直すならアラスカだな。最後の未開拓地」

それでジェシーはアラスカへ行きたいって言ってたんだね。

 

監禁されている頃(S5の14話)

トッドが太っておじさんになってて「あなた誰?」状態。杉ちゃんに似てる。

叔父さんらみんな出かけたから頼みたいことがあると、ジェシーを外に出してくれた。

2人はエルカミーノに乗ってトッドのマンションへ。

部屋には家政婦の遺体があった。

ウォルターからゲットした大金を、辞典をくりぬいて中に詰め込んで隠していたのがバレたらしい。でも盗んだわけじゃなく、報告しただけなのに殺したんだってさ。

せめて(?)いい場所に埋めたいとのことで、絨毯でくるんで車に乗せる。そして乾いただだっ広い場所で埋める。

トッドの外見が変わり果てて、あの監禁されてた時に抜け出した話には見えず、時系列がごっちゃごちゃになってしまった。この話は必要だったのかなぁ…

 

S5の最終回の続き

監禁場所から解放されたジェシーは、エルカミーノに乗ってスキニーの家へ。バッチャーもいる。

まずは車を処分しようとスクラップ工場のジョーに来てもらう。

発信機が無いか確認していると、ちょうど盗難車回収システムが起動してしまう。警察がこちらに向かってるだろうと言って、慌てて帰ってった。

スキニーはジェシーを逃がすため、エルカミーノと家に残るってさ。

バッチャーがスキニーの車を国境近くに乗り捨てて、ジェシーはマリファナをやってスキニーの車で出て行ったことにするとのこと。

「昔からエルカミーノに乗りたかった」

良い子やん。てかおじさんだけど。

そしてジェシーはバッチャーの車で逃亡する。ラジオのニュースでウォルターの死を知る。

 

トッドのマンションにて

その足でトッドのマンションへ向かい、金を探す。

以前、トッドに自宅に連れてきてもらったとき、「叔父さんは現金は手元に置けっていうから」って話してた。

辞典にはもちろん無かったけど、家のどこかに隠しているだろう。色々探して、冷蔵庫の扉に大金を発見する。

ちょうどそのとき、2人のニセの警察官がやってきた。話し合って3人で山分けする。

そいつらはキャンディ溶接会社のスタッフだった。監禁されてた時に、ラボでのジェシーの鎖を繋ぐために溶接に来ていた業者らしい。

 

逃亡の依頼

シーズン5の11話で、ソウルに手配してもらった「人消し屋」にもう一度頼もうとして、掃除機店を発見して店主に依頼する。

前回の未払い分12万5千ドルと、今回の分の12万5千ドル必要だと言われてしまう。

ジェシーが25束出して12万5千ドルと言ってたから、1束5千ドルなんだね。

さらに袋から出すと、23束しかなかった。スキニーたちからもらった軍資金を思い出し、数えると8200ドルあった。

あと1800ドル足りず、断られてしまう。

ドルだとピンと来ないんだけど、今のレートで換算すると、25万ドルは日本円で3400万円!

 

逃亡資金調達

ジェシーは実家へ忍び込み、護身用の銃を盗む。そしてキャンディ溶接会社へ。

そして男らの前に出て、1800ドル欲しいと言う。

するとベルトに挟んだ古い銃をバカにされ、西部劇みたいに決闘しようということに。でもよーいドンの前にもう一方の銃でジェシーが撃った。ズルくない?

ジェシーいつの間にか銃の名手になってて、相手5人もいるのに優勢な状態。生きてる3人を集めて免許証を出させ、脅して逃がす。

そしてアジトから大金をゲットし、バーナーの火でガスボンベを温め、倉庫は大爆発。やりすぎでしょ。

 

ウォルター登場

映画もエンディングに近づき、ここでウォルター登場。

ジェシーと2人でファミレスで、これが終わったらどうする?って話してる。

最初、亡霊と話してると思っていたんだけど、ウォルターは咳がひどいし、駐車場にキャンピングカーが停まっている。シーズン1の頃の話かな。

「大学はどうだ?」

ウォルターはジェシーにはビジネスの才能があるから、経営学の学位を取ることをおすすめする。それをするにはまずは高校認定が必要だと言うけど、卒業証書はあるみたい。

ウォルターはジェシーの事を中卒だと思っていたらしい。

 

アラスカへ出発

ジェシーは人消し屋に金を払い、別人として生きる準備をしてもらう。

行き先はアラスカ

出発のとき、ブロックへの手紙を男に託す。ジェシーがいなければママは生きてたよね(悲)

助手席には幽霊のジェーンがいる。この子もジェシーと出会わなければ生きてたよね(悲)

宇宙に身を任せてきたけど、自分で決める方がよっぽど良い。って言ってる。そりゃそうだ。

彼女が立て続けに2人も亡くなるなんて、とんだ疫病神だけど、なんか孤独なヒーローぽく旅立って行った。

ー完ー

 

映画感想

私がジェシーに興味が無いせいか、毒にも薬にもならない話だった。

昔の虐待話見せられても、何も反撃できないし、逃げられないの、本編見て知ってるからね。ツラくて早送りしてしまった。

もっとポップな感じの見たかったな。アラスカまでの珍道中とかさ。

アラスカ州のことあまり知らなかったけど、地図見たらどえらい場所にあるんだね。

ウォルターはビジネスセンスあるからそっちの方へ進めとか言ってたけど、スーツが似合わなすぎて、オレオレ詐欺の受け子みたいになりそう。

メス作るときの上下のカッパ着てカニ漁とかやっててほしいな。過酷なの似合うよね。てか美味しいサーモン食べたい。

次はベターコールソールを観ようかな。


コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください