公開日:

Netflix『絶対双驕マーベラスツインズ』中国ドラマ41話~最終話ネタバレ感想

twins25

中国語のふわふわした発音が面白くて、耳が楽しい。特に「ヘイジュージュー(黒蜘蛛)」と「イェンバーバー(燕おじさん)」と「テゴニャン(鉄心蘭)」の音が好き。

今回は41話~44話(最終話)です。

他の話数のあらすじ感想はこちら
1~8話  ★9~16話 ★17~24話
25~32話 ★33~40話

キャスト

★花天缺:若様
(胡一天 フー・イーティエン)
移花宮の後継者。真面目で冷静沈着。心蘭のことが好き

★小魚児:江魚児、小呆
(陳哲遠 チェン・ジャーユエン)
若様の双子の兄弟。ずる賢くて口が立つ

★鉄心蘭
(梁婧嫻 リャン・ジンシェン)
若様のことが好き

★蘇桜
(梁洁 リャンジェイ)
小魚児のことが好き

 

41話:2組のカップル誕生

魏無牙は舌を噛んで自害する。

辱めを受けるなら死を選べ、という教えらしい。でも辱めなんてあったっけ?

九様と黒蜘蛛

記憶がもとに戻った九様。黒蜘蛛の愛を受けて結婚を決める。

おめでと。この2人はお似合いだよね。

さらに、九様の従弟が小仙女に愛の告白。2組のカップルが生まれる。なんだか急速に物語を畳んでる感じ。

九様と黒蜘蛛の祝宴は3日間続くらしい。和やかな雰囲気でいいね。

若様のお願い

若様と心蘭が祝宴に訪れて、慕容宮のお姉さまに小魚児を助けてほしいと頼む。

小魚児を狙ってるのに助けるなんておかしい、と十大悪人に怪しまれるが、祝宴の主催者・軒轅三光が、狙ってるのは宮主の命令だから仕方ないと説明。

みんなで無牙宮の入り口をコツコツ掘り進む。

そんなんじゃ時間がかかりすぎるっつんで、九様が火薬を持ってきてくれた。ナイス

中に入って小魚児を探し回ると、すでにネズミの道から脱出した模様。

みんな小魚児のことが好きだね。

 

42話:秘密の暴露

小魚児は無牙宮から自力で脱出して、九様の祝宴に参加。移花宮の邀月と怜星も一緒に脱出したんだね。

小魚児がかぶりついてる鶏肉が美味しそう。

さらにさらに、燕さんキターー!小魚児と涙の対面。これは感動的。

はあぁぁぁぁ、移花宮のお姉さま方とも会ってしまった…。

そんなこんなで、燕さん VS 邀月さん

おめでたい場なんだから、場所を替えなよ。

小魚児は邀月のことも嫌いじゃないから、2人が戦うのに反対なんだよね。だから今戦ったら、自分と若様の決闘が見れないよ。って提案。邀月さん意外と素直で、戦いは延期になる。

人肉が好きな李さんの秘密

十大悪人たちはお互いを疑い始めて死闘を繰り返したらしい。

李さん以外みんな死んじゃったって。あれま…

な、なんと、ピングーは李さんの娘だった!うそ~ん。こんな可愛い娘がいたの?

李さんはその昔、鉄無双の娘を嫁にもらったんだけど、ピングーが1歳の時に嫁が浮気をしたんだって。なんなん?急にと思ったら…

浮気相手を殺したら、妻も自害して、李さんは2人の遺体を埋めたらしい。周りの人には真実を話せないから、「人肉が好きで食った」と答えたんだって。

鉄無双の立場と自分のプライドを守るために、人肉なんて食べたことないのに、人食いのふりをして生きてきたとのこと。

ほんと急になんなん?この感動秘話は…

江大侠の真実

小魚児が両親(江楓と花月奴)のお墓を訪れると、燕さんと江大侠が現れる。

江大侠は子供の頃、いじめられているのを江楓に助けられた。それから江楓から兄弟のように扱われたが、厚遇されるほど不満が増したんだって。えー

”江”の苗字を勝手につけられたのも気に食わないとか。ひねくれてるわ~

元々、秦家の跡取り息子だったけど、悪者の父親は周りに陥れられて、一族が皆殺しにされたらしい。

秦家を再建ために頑張ってきたんだって。でも跡取り(玉郎)がいなくなった今、何の意味もなくなったってさ…。まぁ自業自得ってやつか

江楓から盗んだ嫁衣神功の書で学んで技を身に着けたのに、燕さんに勝てないのが腑に落ちないとか。

燕さん曰く、この技は”無私”の心がないと効果がないとのこと。

ちょっと~。若様が全然出てこないのはどういうこと??

 

43話:決闘の日

江大侠は小魚児に、両親の敵を討つべく江大侠を殺せという。しかし、小魚児は剣を下ろす。江大侠と同じことはしたくない、とのこと。

「いい子だ」

いつの間にか蘇桜と小魚児が結婚する仲になってる。こんなに気持ちが冷え込むことってあるのね。

心蘭の告白

心蘭は若様を愛してることに気付いたんだって。よく言った!!

「鉄心蘭、私も同じ気持ちだ」

だいぶ前から両想いだったよね。小魚児との対決を前に、やっと素直になれた。

その後、若様の前に蘇桜が現れる。小魚児には内緒で若様を倒しに来たとか。小魚児は彼女に信用されてなくて可哀そうだね。

そんなとき小魚児が現れて激怒。そりゃそうだよね。なんなん?このいざこざ。カップルの内輪もめイラネ。

いよいよ決闘の日

戦う前の挨拶が長くて長くてなっかなか始めないのよこれが。

 

最終話:双子の運命やいかに

いよいよ若様と小魚児の決闘が始まる。

なんだろな。飛びすぎて力が伝わってこないから、あんまり凄そうに見えない。燕さんと杜兄貴のようなカンフーアクションはこの2人には難しいか…

小魚児は若様に敗北し、死亡。邀月様ったら高笑いして、若様も江楓の息子だと発表。饒舌に語ってらっしゃいますこと。ヒドイわ~

そんなとき、小魚児が息を吹き返す。どうやら万先生に少しの間だけ息が止まる薬を調合してもらってたらしい。

小魚児は死んでなかった。よかたー。

兄弟だと知って若様に飛びつく小魚児がかわいいね。

邀月は頭がおかしくなって、江楓の幻覚を見る。近づこうと前に進むと崖から落ちる。

え、若様、飛んで助けないの?ま、いっか

2人は全然双子に見えないね。二卵性双生児か。

小魚児は蘇桜と落ち着く。
若様は心蘭と落ち着く。
-end-

最後は女の子とのハッピーエンドじゃなくて、双子のわちゃわちゃシーンで終わりにしてほしかったなぁ…。1年後の誕生日を一緒にお祝してるシーンとかさぁ…。”友”じゃなくて兄弟で過ごしてるところまだ見てないのよ。心残りだなぁ

あとがき:

んーちょっと、いやかなり、不満が残る。

双子は18歳なんだから、もっと失敗して落ち込んで立ち直って強くなってを繰り返したら、ワクワク応援できたのになぁ

なんか浅かった

若様は、一話のお父さん役の時が一番の見どころだったよね。最初から人格者で武術も長けてるから、人物的に面白みに欠けた。見た目の華やかさに助けられたよね。

小魚児もいつも新しい女の子連れてて、なんだかな~な感じだし。見た目が可愛いから見続けられたけど。

心蘭やら江大侠の孤独の方がドラマティックだったよね。

でもま、44話も見続けられたんだから、それなりに面白かったんだと思う。

他の話数のあらすじ感想はこちら
1~8話  ★9~16話 ★17~24話
25~32話 ★33~40話

Netflixおすすめドラマ感想
台湾ドラマ「彼岸の花嫁」
韓国ドラマ「愛の不時着」


コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください