公開日:

ドラマ「アシガール」最終話感想~唯ちゃん若君フォーエバー

ashigirl

アシガールロスに陥って3カ月。まだまだ治りそうにもないです。

好きで好きで好きすぎて、もっとアシガールのことわかりたい私。時間の流れが頭でイマイチ理解出来て無かったので、こんなの作っちゃいました(汗)

どんだけ暇なんだ!って自分でも呆れてる。

手書きですみません。①から順に進んでください。

<2018-6-18追記:記事公開日から手書きのメモをアップしていたのですが、アクセス数が多くなるにつれて、恥ずかしくなってきまして、このたび電子ファイルで作成し直しました。どぞ!>

ashigirl-sum

では最終回です。ネタバレ含みます。

二十歳の女の子に無理させすぎ!

唯(黒島結菜)が撃たれてどうなっちゃうのー!?で終わった11話。それから1週間ドキドキで待って、最終話始まって早々、木村殿(正名僕蔵)の酒ぶっかけ!!

「ギャーーーー!!」

って飛び起きる唯。生きてる!しかも元気そう!心配した私がバカだったわ。やっぱりこのコメディ加減大好きだ。

この雨の中の撮影大変だったろうな。男たちは厚着してるけど、結菜ちゃんの服装ペラペラだもん。木村殿と小平太に雑に運ばれて、ドロドロのまま板の上に乗せられて、服剥ぎ取られそうになって、二十歳の女の子に無茶させすぎでしょ?!ってスタッフにいら立ちを覚えたよ。

って私は何者なんだ?

原作読むならこちら↓

(電子書籍のebookjapan)

主役級キャラだけが生き残る華麗な殺陣シーン

羽木の兵は小平太(金田哲)に任せて、兄上さん(松下優也)が若君(健太郎)を迎えに行くことに

「源三郎、気をつけよ」

を合図に銃撃が始まる。いつの間にか敵に囲まれてるし、相手は銃持ってるし、絶体絶命な兄上さんたち。そんなとき危機一髪で

若君来たーー!!!

もーいっつも良いタイミングで来るんだからぁ~。ずるいなぁ~。ジャズにのせての殺陣シーン最高だよ。なんだこのかっこ良さは。全員見たいけど目が足りない。

しかもあんなにいた敵兵全てをやっつけて、主役級キャラだけ生き残ってる!

このご都合主義大好き。ドラマの醍醐味だよね。

 

二人だけの世界に映り込む男たち

若君は兄上さんから、唯が高山兵に撃たれたと聞いて、急いで駆けつける

「唯!!」

焦っている若君に萌え~。唯、淡いピンクの着物着せられて寝てる。可愛い。

真剣な若君の

「たわけ」「おおわたけ」

からのハグ!!!きゃーーん!ツンデレ最高!この時の唯ちゃんが、笑ってて幸せそうで鼻がスーッと高くて美人さんなのよね。忠清くんの真剣な横顔も素敵。唯に逢えて良かったね。

後ろで見てた木村殿と小平太。唯が男だと思ってたなんて鈍感すぎでしょ!あと、兄上さんの優しい顔ったら。

 

同じ格好でこの落差。宗熊くんドンマイ!

「決して自分からは屈してはいけないぞ」という父(村田雄浩)の教えに従って、
「和義じゃ!」って息子(加藤諒)
親には従わず、自分の考えを一軍の将として貫くということだね。

扇子で叩かれてばっかりの宗熊はもういない。若君も初めて殿に逆らって唯を助けに行ったし。唯によって、二人の男たちがそれぞれ親離れしたんだね。唯ちゃんの影響力が凄い。

宗熊が和議に応じ、若君と兄上さんが高山方を訪ねる。

甲冑姿の若君と兄上さん。なんとも麗しい。。。

宗熊も同じような格好なのに、この落差は何なんだ。身長とか顔面とか、、、気の毒になるけど、宗熊キュートさでは負けてないよ。ドンマイ!

そして若君のスッキリした顔。リンパマッサージでもしたのかな。ただの白いハチマキがあんなに似合うなんて。

忠清くん、宗熊に唯ちゃんのこと褒められて、最高のドヤ顔!可愛いなぁ若君。

アシガール見るならこちら↓

 

何度も邪魔される二人

無事、和議が結ばれて

「戦 終わりましたー!!」

やったー!ってことで長襦袢(寝間着?)姿で若君を探す唯。若君、板の間でお昼寝中。多分痛いよね。。。何日かぶりにやっと逢えたね!

唯ちゃん見るなり傷の心配。頬に触れる手にドキドキ。お互い気持ちが通じ合ったから、距離が近いね~。

自分のために危険な目に合わせてゴメンって言う若君

若君が無事で良かったって言う唯ちゃん

お互いの心配をして愛が溢れているね~

若君、向き直して、

「唯。この忠清の妻になれ」

キャーーーーー!プロポーズ!!

多分高山との戦中とかに、無事帰ったらプロポーズしよう。って決めてたんだろうな~。

結婚の約束って、最上級の愛してるの意思表示だよね。赤の他人が一生一緒にいるために、契約を結ぶんだもんね。普通に考えればめんどくさいじゃん?そんな面倒なことをやろうと思える人に出会うって、ほんとに奇跡だと思うわ。

若君の求婚に唯ちゃん速攻オッケーして

「ギュってしていいですか?」

可愛い。山で逃げてた時から我慢したものね。若君に抱き寄せられて、ご満悦の唯ちゃん。からの!床コロリン!!

この時の唯ちゃんの頭ごっちんしないように、受け止める若君の手!!!好きっ。

あーキュンキュンが止まらない~。夕日に照らされる二人の横顔が綺麗。やっとキスだ!と思ってたら

源三郎!!!!!!

あーもう!あと少しだったのに~。もうこうなったら永遠に寸止めで良いのかも。若君と唯ちゃんの接吻なんて見てしまったら、気絶する自信あるわ。今後も後はご想像にお任せします、な感じがアシガールの軽くて爽やかなイメージに合ってるのかも~。

忠清くんの強い意志

二人の意志は固まったってことで、殿(石黒賢)に結婚の許しを得に。唯ちゃん可愛い着物着てる~。こんなへんてこりんな髪型なのに、若君とめちゃくちゃお似合いだなんて、何でなんだろう。

殿は唯のことをずっと男だと思ってたから、そりゃ反対するよね。素性もわからないし

「昨日まで三男だった嫁など」

って面白い~。でも若君は真剣で。役者って凄いな

「側室ではなくて正室で」

きゃーーーん!!!足軽や側室として側に置いておくことも出来るのにね。

せ、せ、正室って!!

若君としては、都合の良い女じゃなくて、対等な立場で一緒に生きていくことを全世界に発信したいんだね。どんだけ唯のことが好きなんだ!

寺での若君の告白にはモヤっとしたけど、もうこれで帳消しにするよ(ほんと何者なんだ?私は)もはや全然親の言うことを聞かない忠清くん。いいぞいいぞー!

部屋を出てから唯を励ます所とか、自信に満ち溢れてるよ。忠清くん男になったね。

あと、廊下で手繋ぎなんて、どんだけ萌えさせるの!?

時代劇ではありえないシーンだよね。可愛いったらありゃしない。しかも手繋ぎの全体のショットは前からじゃなくて、後ろ姿しか見せてくれないなんて、演出がおしゃれですね~。

小説読むなら↓こちら

(電子書籍のebookjapan)

可愛い忍たま唯ちゃんと、理解のある若君

唯は最大の目的だったと思われる結婚を手に入れて、ふと立ち止まる。マリッジブルーってやつ?私、若君と一緒になって、この先何がしたいの?って。結婚はゴールじゃなくてスタートだもんね。

若君が廊下を爽やかに歩いていると

「若君!ここ!ここ。ここ!」

あー可愛い可愛い可愛い。

忍たま姿だ!こんな可愛い嫁をもらえる若君が羨ましいぞ。若君もウキウキで下に降りてきて

「姫は何をしておいでじゃ?」

 姫呼びキターーーーー!!!

またまた俺の可愛い唯が、何か考えよったか?な若君
唯ちゃん真剣に話し出す。

姫としてちゃんとするから、戦に連れてってほしい。それがダメなら結婚しなくてもいい。

話してる間、ふんふんって静かに聴いてくれてる若君ステキ!溢れ出す涙を若君が拭う。絵力が凄い。あんな可愛いワガママと涙見せられて、「ダメだ」なんて言える男いないよね。若君とりあえず「いいよ」って言ったけど、絶対連れて行くつもり無いでしょ。結婚しちゃえばさ、結婚前の口約束なんて関係ないものね。

そして最後に、

「これからはワシがお前を守る」

嬉しい~!!!な唯ちゃん。

そうだよね!そうだよね!女の子は守られて愛情を感じる生き物だもの。そして男は守る相手がいるから強くなる。は~~いいバランスね。もう何があっても二人が離れることは無いでしょう。

その後の唯ちゃんのジャンピングハグからの「ワイルドフラワー」にのせての回想シーン

号泣。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

全部の場面が思い出されるよ。

唯ちゃん忠清くんフォーエバー

大好きなドラマの最終回って大抵あっけなく終わるんだけど、アシガールに関しては、史上最高に大大大満足でした。こんなにずっと盛り上がり続けて終わりを迎えるドラマなんて、今まであったでしょうか。

6月にはDVDが発売されるし(DVD&BDレビューはこちら)、続編も決まってるし、生活に潤いを与え続けてくれるアシガールには、感謝しかないよ。

私も頑張って生きよう!(だから私は何者なんだ?!)

アシガール見るならこちら↓

↓アシガールネタバレ感想
1話 2話 3話 4話 5話 6話
7話 8話 9話 10話 11話 12話

↓アシガール関連感想↓
スペシャルドラマ
原作1~13巻
CD,DVD,雑誌など
その他


ドラマ「アシガール」最終話感想~唯ちゃん若君フォーエバー」への9件のフィードバック

  1. なりた

    やどっきーさん!
    お久しぶりです!
    よかったー!泣いて笑って胸キュンしましたー!!唯の周りの空気が全部ステキ!
    兄上も唯を女の子として大事にしてくれてポイントアップ、ポイント還元で大満足ですー!メチャクチャいいドラマメチャクチャいい最終回メチャクチャいい二人でしたー!
    そして、メチャクチャいいやどっきーさんのブログに出会えました!
    当時は殆ど見れてなかったから、今ごろな感じでタイムラグが心苦しいですけど
    やどっきーさんの読んで何倍にもウレシタノシが増幅して、余韻もながーくなるというか
    忘れられないドラマになりました。
    ありがとうございます(≧∇≦)はぁー

    返信
    1. やどっきー 投稿作成者

      なりたさん、お久しぶりです。
      最終回まで盛り上がり続けてほんと楽しい。全然色あせなくて、私も改めて大好きだと実感しました。
      なりたさんのコメント励みになります。
      ありがとうございます!

      返信
  2. あみか@YOKOHAMA

    ヤドッキーさま

    私は、ネタバレ全然大丈夫です。映像に興味があってですね。
    読んだ感じとまた、違うので・・・二度も三度も噛みしめる感じです。
    いや〜この年になってもキュンキュンするわ〜

    そうそう、忘れていました。

    「アシガール時系列まとめ」うまい!
    ヤドッキー、この図のまとめ方好きです!
    いいわ〜このようなことを専門に学ばれた方かとお見受けします!

    これからも楽しみにしています。

    返信
    1. やどっきー 投稿作成者

      キュンキュンをありがとう~って感じですよね。

      実は元理系なので、なんでも図にまとめて整理したくなるのです。
      ちょっと自分自身でもキモい部分です。

      返信
      1. あみか@YOKOHAMA

        ヤドッキーさま

        お休みの日にすみませぬ!
        やはりやはり・・・理系の方ですね!うんうん!
        私も表やグラフが大好きで、すぐに可視化したがります。
        おかげで(?)文章表現は・・・悩みのタネです。
        人の論文にはイチャモンつけるけど・・・自分のはというと(涙)ですわ。

        今日は雨の日曜日、夕方金環日食がみえますかね!!
        どうぞ、ごゆるりとお休みくださいね。

        返信
  3. あみか@YOKOHAMA

    ヤドッキーさま

    私も、お返事うれしいです。
    ナレーションの【赤ペン瀧澤】!うまいうますぎる!
    こんな風に、プレゼンしたい。
    簡潔に伝えたい!

    もう、7月3日まで待てぬ!
    だからヤドッキーのネタバレ読んでいます!
    今からたのしみ!今日もまた10回をみました。

    忠清も兄上も、「クマ」も好きです!
    唯ちゃんもよい!

    ヤドッキーは、文章表現の勉強などされたのですか??
    軽快なリズムでたたみかける書きぶり・・・
    ああ、本当に「ヤドッキーファン」ですよ!

    では、また書きます!

    返信
    1. やどっきー 投稿作成者

      なんだかありがとうございます。
      文章に関しては全くのド素人です。
      赤ペンさんお好きなんですね。
      自分でネタバレ記事をアップしながらも、ドラマ観る前のネタバレが嫌いなので、いつも見ないようにしてました。
      感じ方は人それぞれですね。

      返信
  4. あみか@YOKOHAMA

    ヤドッキーさま

    アシガールをコロナがはじまってから見始めました。
    源氏の後からです。このドラマ本当に面白い、何度見直しても飽きませんね。
    あと、あのナレーションのうまさも勉強になるなる!
    そして、今日「アシガール、この先どうなうんだろう」と思い、検索していて辿りつきました。
    ヤドッキー、最高!
    この心象表現。。。たまりません。
    私の気持ち代弁という感じでした・・
    ということで・・
    すばらしいコメント力に感謝です!
    私も頑張ります!

    返信

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください