公開日:

漫画『私たちはどうかしている』7巻ネタバレあらすじ感想

安藤なつみ先生の『私たちはどうかしている』7巻を紹介します。

コミックの表紙がいつもカラフルでとっても可愛いくてエロい。和服がいいね。

6巻では、七桜が光月庵の旦那さまの実の子で、椿は旦那さまと血が繋がらないということがわかった。それを知った七桜は身重なのに光月庵を去ろうとしてる。どうなっちゃうの?

てか、光月庵の旦那は不倫相手と子どもを作って、女将はよその男と子どもを作って、代々続く光月庵は乱れまくってるね。

わたどう読むなら↓こちら

(電子書籍のebookjapan)

<7巻のあらすじと感想>
登場人物
31話:来客
32話:封印された扉
33話:夕ざりの茶事
34話:さくら
35話:幸せの行方
36話:鎮火

登場人物

★花岡七桜(はなおか なお)
21歳の和菓子職人。老舗和菓子屋・光月庵の死んだ旦那さまの子だったことが判明。椿の子を妊娠中

★高月 椿(たかつき つばき)
表向きは光月庵の跡取り息子。七桜の秘密を知っている?

 

31話:来客

光月庵を出ていこうと決めた七桜。しかし行く当ては無かった。

そんなとき、椿が以前婚約したお相手の栞さんがやってくる。親から聞いた話で、七桜の前の職場では毎日「花岡七桜さんの母親は人殺しです」というメールが届いていたとか。椿のことが心配で報告に来たんだね。

椿は七桜が「さくらじゃない」と否定した言葉を信じようとしていた。

七桜はヒゲの多喜川さんちへ出向き、住み込みで仕事を紹介してほしいとお願いする。多喜川さんから、今あの家を出て後悔しないかと問われ、15年前の事件を振り返る。

七桜が帰宅すると、玄関に栞さんがいた。

◆感想◆
あんな風に結婚式をめちゃくちゃにされたのに、その相手方の家を訪れるなんて、栞さんったら度胸がありすぎる。椿のことがちゃんと好きだったのね。ヘンな家に関わったばかりに、かわいそ…

 

32話:封印された扉

七桜に出会って慌てふためく栞さん。とっても素直で良い人そう。そんな栞さんを見た七桜は心が痛む。

七桜は事件のあった母屋を訪れる。

倒れた旦那さまのそばに落ちていたナイフには、ママの指紋がついていたとか。あのとき私が見たのは旦那さまと椿の姿だけ?

事件のあった部屋は閉ざされていた。

職人の山口さん曰く、「特別な日」つまり1年に1回の茶会の日だけ、大旦那さまがそこでお茶を飲むとか。

秘密を抱えまくっている七桜は、優しい椿を前にすると何も言えなかった。

◆感想◆
なんだかんだで上手く立ち回る七桜は、可哀そうに思えないんだよね。ダマされている椿がほんと健気で涙出る。


(電子書籍のebookjapan)

33話:夕ざりの茶事

老い先短い大旦那さまは遺書を作成する。財産は孫の椿に相続する。ただし、高月家の血を引く孫が現れた時は、その孫が全て相続する。と…

それを聞いた女将は大旦那さまに激怒する。

特別な茶会の日ーー
女将は大旦那さまの部屋で遺書を探していた。すると大旦那さまに見つかってしまう。

昔、庭で女将が知らない男とキスをしているのを、大旦那さまは見かけたとか。椿はその男に似ているんだろう。と嫌味をかまされる。

女将は旦那さまから一度も愛してもらえず、触れてもくれなかったとか。これは可哀想…

大旦那さまが持っていた遺書を女将が無理やり奪おうとすると、大旦那さまは机の角にぶつけて死亡(!)

女将は証拠隠滅で畳に火をつけた(!!)

七桜は大旦那さまの姿が見えず、例の部屋へ探しに行くと、女将がいた。

◆感想◆
えー結構衝撃な展開でビックリ。ステキな和菓子を売ってる店の裏で、こんなドロドロのお家騒動が繰り広げられてるなんて、お客は知らないだろうね。

 

34話:さくら

15年前のあの朝、七桜は女将の姿を見ていたことを思い出す。

七桜は噂話で聞いたと言い、旦那さまは職人と愛し合っていたと話す。

激おこの女将はロウソク立てで七桜を殴る。

妻がいるのに、愛し合っている2人なら何をしてもいいのか?心底憎たらしかった女将は、(たぶん)旦那さまを殺し、七桜ママが犯人となるよう、椿の証言を誘導した。

「私はさくらです」

自分はその職人の娘だとばらした七桜は、女将を訴えると言う。

すると…後ろで椿が聞いていた…

◆感想◆
あちゃーだね。まぁでも、殺すのはどうかと思うけど、職人とコソコソ付き合ってた旦那さまに殺意を覚えるのは、仕方ないよね。しかも子供まで作って離れに住まわせてるし。これはサイテー

 

35話:幸せの行方

ママの無実を証明するためにここへ来た。

掛け軸の前で誓ったことは全部ウソだった。裏切られて失意のどん底の椿は、無理やり七桜にキスをする(え?)

そんなとき、屋敷に火の手が上がり大ピンチの光月庵。椿は大旦那さまを探しに母屋へ向かう(危ないよ~)

椿は七桜が目の前に現れてから、とても幸せだった。いつも欲しかった言葉をくれた。でもそれは偽りの言葉だった…

椿は煙に苦しみながら、出会った頃からのことを振り返り涙する。

七桜は部屋で椿が戻ってくるのを待っていると、城島くんが助けに来てくれた。すると、お腹が激しく痛みだす。

◆感想◆
椿は本当に信じていたんだね。最初の頃はこんな純粋で一途な男だとは思わなかったわ。七桜を愛したばっかりに、苦悩させられるね。

 

36話:鎮火

2日後ーー
病室のベッドで目覚める七桜。偽のお母さんがいる!この人優しいよね。

母屋は全焼したけどお店は無事だったって。さらにあの火事で亡くなった人はいないとか。大旦那さま無事だったの?!

でも七桜の赤ちゃんはダメだったみたい(涙)

ニュースでは、市の文化財だった型や道具は燃えずにすんだとか。七桜は椿が命がけで守ったことを知り、これ以上真実を追及することは無意味だと痛感する。

私が本当にしたいことは、御菓子を作る事…

3年後(!!!)
五月雨亭の茶会で出す御菓子は、光月庵ではなく”花がすみ”というお店に決まる。そのお店は多喜川さんが支援してくれて、七桜が店主なのかしら?

「いまの光月庵には消えてもらうから」

どういうこと?!

◆感想◆
あしながおじさんがいる七桜は楽勝だね。資金も貯めずに20代でお店を出すとか。

わたどうあらすじ感想はこちら↓
13巻 12巻 11巻 10巻 9巻 8巻 7巻 6巻 5巻 4巻 3巻 2巻 1巻

わたどう読むなら↓こちら

(電子書籍のebookjapan)


コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください