公開日:

NHK『100日の郎君様』13話ネタバレ感想~思い出した郎君様

ここへきて急展開続きて心がついて行かない。どうでもいい話でのんびり進む物語が好きだったな。終わりが近づいているのが感じ取れて、なんだか寂しい気持ち。

お別れ

王宮にいたセジャは馬を飛ばしホンシム宅へ。

「セジャ様がこちらに何の御用ですか?」

よそよそしいホンシム。

セジャ曰く、側室に出来ないこともないらしい。まぁ王様の次に偉いもんね。

でもホンシムとしては、セジャには嫁(セジャビン)がいるし、庶民には現実的ではないよね。

ホンシムはセジャを突き放し、お兄様の胸で泣きじゃくる。ホンシム役の人の飾らない泣き方が可愛い。

セジャは県監のジェユンにホンシムを守るよう命令する。大人だね。

なぞなぞ

記憶喪失になる前に、セジャが出したなぞなぞクイズ。その答えがわかればセジャを狙った犯人がわかるかも?!なんて県監が言い出した。

もー左議政しか思い当たる人いないだろうに、まどろっこしいわ~

「踵(かかと)」

と言う字に答えが隠れているらしい…

明のワン様到着

テグンの冊封式のお祝いのために王宮に向かっていた明の使節団。冊封式は取りやめになったけど、セジャのお披露目会に参加してもらうことに。

どうやら以前と変わってしまったセジャを世継ぎとしてふさわしいか試すとか。

ワン様は2年前にそらんじた詩を書いてほしいとセジャに要望する。セジャはそれならあの時の詩を同時に書こうと提案する。

そんなとき、ワン様の息子・チルリンがいなくなったと知らせが入る。

ワン様はセジャにチルリンを捜すよう依頼する。宴までに見つからなければ世継ぎの座は無いとか言ってる。そんな権限あるの??

「100日の郎君様」観るならこちら↓

ワン様の娘

息子のチルリンは口紅塗ってて髪もロングだし、明らかに女性の見た目なのに、みんなには男に見えるの??もうちょっと男っぽく見せる工夫しようよ。

どうやらチルリンには想い人がいて、会うために男に扮して使節団としてついてきたとか。セジャビンの兄が町を案内中、見失ってしまう。

兄は県監に泣きついてチルリンを捜してもらう。ホンシムも手伝うことに。

ちなみにチルリンは想い人に会う前に、何者かに捕まっていた。ホンシムが見つけて戦ってる。そういえばお兄様のムヨンに戦術を仕込まれていたから、けっこう強い。

でも足をくじいて顔にもケガしてしまったみたい。

そんなとき、チルリンを捜しているセジャも来たよ。

いい雰囲気の県監とホンシムを遠くから眺めるセジャ。これは切ない。

県監はチルリンの浅はかな行動を注意すると、ホンシムは、、、

「行きましょう」

大事なものはその人によって違うと説く。

セジャは静かに立ち去った。はーせつない~!

宴のとき

「世子ともあろう者が、約束も守らずに、いけしゃあしゃあと」

ワン様、口悪ぅ~!

宴までに息子を連れて来る約束だったからね。でも「宴までに」ってのは宴が終わるまでっていう意味でしょ?ってセジャは解釈の違いでなんとかその場しのぎをする。

ついに宴が終わろうとするとき、

チルリンきたーー!!

ワン様、わけを知って機嫌を直す。「世継ぎとしてふさわしい」とか手のひら返しがエグい。

ちなみに、2年前の見送りの際に話したのは詩ではなく、舅(左議政)のことだったとか。あの者を注意せよとセジャに言ったんだね。

その後、ワン様を呼び出す左議政。

「戦をしませんか?」

どういうつもり??

ホンシムの気持ち

お父様からセジャを忘れろと言われるホンシム。

都に来たのは兄を追ってじゃなく、セジャ様の顔を遠くからでも見られると思ったからと素直に話す。

父は、間に合わせの縁組だったし、床入りをしていないからすぐに髪を下ろして独り身に戻れ。と説得するが、、、

「好きなんだもの…」

100日も暮らしてきて、そんな簡単には忘れられないよねぇ…

いよいよその時がきた

セジャビンが用意した書物「小学(ソハク)」読むと、断片的に子供の頃を思い出すセジャ。ピンクのリボンがキーアイテムだよね。

その後、セジャビンの前に現れたムヨン。や、や、や、や、やっぱりお腹の子の父はムヨン??まだ教えてくれない!!!んもー!

夜、役人が王宮から持ち出した箱を燃やそうとしていると、セジャに見つかった。箱の中には思い出のリボンが入っていた。

昔、ホンシム(イソ)と出会ったときに、怪我したところをこのリボンで結んでもらったんだよね。

ついでに「小学」を暗唱した話とか思い出したり、や、やっとホンシム=イソだと判明。てか、セジャはイソのことも今思い出したってことだよね?

セジャは急いで思い出の橋へ

傷心のホンシムがいたよ

切ない歌が流れ出して、とってもいい雰囲気。やっと思い出したんだね。よかったよかった。長かったなぁ

「イソよ…」
「私だ…おマヌケさん」

ひゃーーーーー!!!

次回予告

全部思い出したと思いきや、イソのことだけっぽい?そして、セジャビンのお腹の子の父はやっぱりムヨンだとか!!!

来週も盛りだくさんだ。

「100日の郎君様」観るならこちら↓

郎君様の感想はこちら↓
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11・12話 13話 14話 13話 14話


コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください