公開日:

NHK『100日の郎君様』1話あらすじネタバレ感想~性悪な郎君様

NHKで1話から放送される韓国ドラマを見つけて、録画してみた。わざわざ吹き替えも付けてNHKで放送するんだから、たぶん面白いんだろう。

全く前知識なしで1話を観てみたよ。

感想は、郎君様の性格が予想外に悪くてビックリ。おとなしそうな少年の顔つきなのに、性根が腐っている。

さらに父親も後妻の王妃もめちゃくちゃ意地悪。韓国ドラマらしくて面白いじゃん。

ちょっとしばらく観続けてみようと思う。

放送はNHK総合にて、毎週日曜日 よる11時から(第1話は5/17、全16話)

はじめに「郎君様」とは

韓国ドラマの邦題ってとっつきにくいのが多くて、友だちにオススメするときに題名を言うと、必ず笑われてしまう(特に「愛の不時着」)

もっとセンスが良い日本語を付けてもらえないだろうか?

まず「郎君様」の読み方は「ろうくんさま」で良いみたい。でも日本の小説では「あなたさま」とフリガナが付いてる場合もあるらしい。あなたさまの方が身近だよね。

で、意味は「旦那様」らしいんだけど

英題が「100 days my prince」なの。darlingじゃなくprinceなんだね。それなら「若君様」の方がしっくりくる。まぁいっか

「100日の郎君様」観るならこちら↓

 

第1回ネタバレ感想

子ども時代

使用人をいじめるイ・ユル。性格悪いし顔も可愛くないしどうしたものか…

そんなとき、学級委員長タイプのヒロイン・イソ登場。

ユルは聖女のようなイソに惹かれ、プロポーズする。早っ

どうやらユルのお父様は、兄上の王座を奪おうとしてる。部下にイソのお父様を殺させて、ユルのお父様が王座についたよ。

うわーこれ将来ややこしい感じになるね。

しかも父上が王座につくために、母上は殺されたっぽい。

16年後(!)

子ども時代も性格悪かったけど、16年の時を経てさらにパワーアップした感じ。

ユルことセジャ様(世子様)は、もう正室がいるんだね。これまたセジャビン様(世子嬪様)も気が強そうだなぁ

雨が降らず作物が育たないのは、セジャ様がセジャビン様を抱かないかららしい…(はい?)

王様は、息子夫婦の性生活に口出しして説教する。

なんだか王様の精神が不安定で、自分自身の不甲斐なさを責めだしたよ。一国の主がこんなんじゃ民が可哀そう…

性格の悪いセジャ様

雨が降らないことを自分のせいにされて、激おこのセジャ様。

次の月までに20歳を過ぎた独身の男女すべてを結婚させろ、と指示を出す。

その時に部下に振舞ったバラのスープは、セジャ様が入ったお風呂のお湯で作っていた。

セジャサイテー

ヒロイン・ホンシム

子ども時代にセジャ様がプロポーズした相手・イソは、ホンシムという名に変えて暮らしていた。

行方不明の兄を捜しているらしい。

セジャのお達しで、本当に独身の男女に召集がかけられ、ホンシムも集合する。

ホンシムは独身の28歳。

お偉いさんから結婚を指示されて、めっちゃ言い返してる。

嫌われ者のセジャ様

そんなとき、心臓が悪いセジャ様は寝込む。

セジャが嫌いな部下たちは、ここぞとばかりに廃位の話をする。

王様の新しい王妃はこれまた性格がめちゃくちゃ悪そう。セジャが倒れて喜んでいる。

「やっと私の真心が通じます」

こわー

セジャに処方された薬には毒は入っていなかった。でも大好きなお菓子と食べ合わせると体に悪いとか。王妃が仕組んだらしい。

セジャは部下のトンジュとこっそり犯人を捜す。

怪しい医女を捕まえて問い詰めていると、遠くから飛んできた矢が首に命中したよ!医女死亡。これはヒドいわ~

再会

夜になり、本屋さんの奥で綺麗な着物に着替えるホンシム。顔を隠して出てきた。

それを目撃したセジャ様。初恋の女の子・イソを思い出してキュンと来てる?でも少女の頃の方が美人だね。

今後、この気が強いヒロインが、セジャ様のキツい性格を正していくんだろう…

てっきり聖人君子なセジャ様が、貧乏なヒロインを娶って、マイフェアレディ的なお話だと思ってたわ。

郎君様の感想はこちら↓
13話 12・11話 10話 9話 8話 7話 6話 5話 4話 3話 2話 1話

「100日の郎君様」観るならこちら↓


コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください