公開日:

NHK『100日の郎君様』6話ネタバレ感想~嫉妬する郎君様

郎君様が最低のレベルから始まってるから、ちょっとでも良い事したらイメージアップするね。これはお得。

ちょいちょい見つめ合ってスローモーションになるの面白い。

「100日の郎君様」観るならこちら↓

キャスト

★イ・ユル/ウォンドゥク:世子様
(ド・ギョンス)
皇太子。記憶喪失でウォンドゥクと名乗り、ホンシムの夫として生活する

★ユン・イソ/ホンシム
(ナム・ジヒョン)
ウォンドゥクの妻。幼い頃に生き別れた兄を捜す

★キム・チャオン:左議政
(チョ・ソンハ)
朝廷第二位の官職。行方不明のセジャ様を捜す

★キム・ソヘ:世子嬪
(ハン・ソヒ)
皇太子妃で左議政の娘。誰かの子を妊娠中

過去を思い出したから不愉快だ。と言うウォンドゥク。上から落ちてきた豆からホンシムを守る。なにこれ…

「体が覚えている」

とか言って、キュンキュンシーンなの?なんか意味わかんない…

 

お兄様との再会

意外と簡単に町で再会を果たす兄妹。知らん振りするお兄様に、ホンシムが襲い掛かって本人だと確信を得る。

「生きていたのに何で会いに来てくれなかったの?」

会えた喜びより、不満の方が大きいのがホンシムらしい。兄は妹を抱きしめる。もちょっとイケメンならなぁ…

兄はやらねばならないことがある。とかですぐに去っていった。セジャなら妹の旦那として近くにいるんだけどねぇ。教えてあげたい。

このやりとりを遠くで見ていたウォンドゥク

「誰だろう…あの男は」

ホンシムのことが気になり始めてるっぽい。

 

ホンシムが気になる郎君様

ウォンドゥクったら、お土産にお花を摘んできて来てくれたYo。

「帰りに摘んだ。そなたに似ていたから」

優しいじゃ~ん!と思ったら、、、

犬がおしっこをかける用の花だった…。えーなに~?そんなのあるの??このドラマっておしっことかうんちとか大好きだよね。

散歩へ行こうとするホンシムを引き寄せて、思わせぶりな態度の郎君様

「そなたは、私を見ないのだな」

そりゃそうでしょ。今までどんだけ迷惑かけてきたと思ってるの。一文無しで借金まで作って、そんな人の顔見たくないのわからない??

お父様ったら「あともうちょっとでキスできたのに」とか言ってる。こっちも頭おかしい

 

郎君様のイメージアップ

字が読める噂を聞きつけた町民は、書物を持って集まってきた。お金を請求するウォンドゥクに、ホンシムは無償で読んであげて欲しいと言う。

「貧しい人から搾り取るのは男らしくない」

ホンシムに良い所を見せようとしてる?ウォンドゥク無償の読書会を開く。

 

左議政の陰謀

セジャのお世話係だったヤン内官は、セジャの遺体を見て手の爪の長さが違うことに気付く。ラブコメなのに、リアルな赤黒い遺体を用意する演出が怖い。

ヤン内官は左議政に、あの遺体はセジャ様ではないと訴える。あーあ、なんでまたこの人に言うかな~。

「健気だな」

ひー怖い。左議政はヤン内官の首を切る。なんたる惨たらしさ…

さらに、娘のセジャビンに怒ってる。セジャじゃない男の子供を妊娠してるからね。セジャビンは相手の男を殺すと約束する。

この父娘関係、最悪だよね。

 

勘違いの郎君様

ウォンドゥクは、ホンシムが留守の間に、背の高い男前が家を訪ねてきたとウソをつく。

ホンシムは町を探し回る。

途中で出会った高利貸しの男は、良い人になっていた。ウォンドゥクから、ホンシムに手を出さないよう脅されたらしい。ウォンドゥクポイントアップ。

その夜、兄に会えないホンシムは酔っぱらっていた。

ウォンドゥクは、恋人に会えずに荒れていると思ってる。

「お兄様なの」

心配していた男は恋人ではなかったし、ホンシムはホンシムで探し人が生きていたし。お互いハッピーで良かったと言って手を差し伸べる

「私の手を許そう」

はぁ?!?!許す?!

無視して立ち去るホンシム。ナイス!!

ウォンドゥクは無理やりホンシムの手を握る。無駄なスローモーション。なんだろこれ…

 

ホンシムのピンチ

20両で女性の恋人の役を引き受けたウォンドゥクは、正装して現れる。やっぱりちっちゃい。

ウォンドゥクを女性に預けて、ホンシムもちょっと嫉妬してる?

ホンシムが自宅に帰ると、輩が現れ荒らされる。庭に植えてあった桜の木を切り倒されてる~。ところで、この桜はいつまでも満開だよね。

ホンシム棒で殴られた!!これはヒドイ…

その後、森でホンシムが木に縛られてるところに、馬に乗ったウォンドゥク登場。

やっと郎君様の素敵な姿を披露するときが来た!!!じらすよねぇ~

「100日の郎君様」観るならこちら↓

郎君様の感想はこちら↓
8話 7話 6話 5話 4話 3話 2話 1話


コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください