公開日:

NHK『100日の郎君様』10話ネタバレ感想~雨を降らす郎君様

全然話が前に進まないんだけど、これ16話でちゃんと終われるの??

郎君様はセジャだと思い出したんだかハッキリわからないし、ホンシムの兄は妹に正体がバレていないし、セジャビンのお腹の子の父は判明してないし…。やる事いっぱいあるのに心配になってくるよ。

雨を降らす郎君様

都に行って帰ってきた郎君様はホンシムにキスをする。すると雨がぽつりぽつり…

セジャが女性と心を通わせると雨が降るってのは本当だったんだね!1年ぶりの雨ですってよ。

郎君様は、政変で両親を亡くしたホンシムを同情する。なんだか優しい…

雨宿りで肌寒いホンシムに、バックハグで温める。

やむまでこうしていよう…

都に行ったけど、何も思い出さなかったんだって。ムヨンと対峙したときに、真実を知ったと思ってたんだけど、何も教えてもらえなかったんだね。

生まれ変わった郎君様

ウォンドゥクが家に帰ってきて、涙を流すお父様。なんだかこの人は憎めないよね。

あんなにへたっぴだった縄を上手になってるし。郎君様ったら急にどうしちゃったの?どうやら心を入れ替えたみたい。

お父様に、縄のない方や薪の割り方、鎌の扱い方を教えてもらって上手にこなしてる。

やればできるじゃん。

ところでウォンドゥクとして生きると決めたの??

やきもちを焼く郎君様

県監のジェユンは「よろず承り」のホンシムに仕事を依頼する。

2人でやり取りする姿に、嫉妬する郎君様。この時のたくさんの草を背負った郎君様が、重みでさらに背がちっちゃくなってて可愛いんだよね。

もうホンシムのことが気になってしょうがない感じ。

日焼けした肌を膝枕でケアしてあげるホンシム。郎君様ったらすんごい見つめてる。これは恥ずかしい。けどドキドキするね。

五大夫(ごたいふ)誘拐事件

ジェユンに仕事を依頼されたホンシムは、パク様の犬を誘拐する。ジェユンはパク様に気に入られようとして、いなくなった犬を見つけて手柄をあげようとしてる。

ちなみに郎君様は、ホンシムを利用するジュユンが気に食わない。犬を逃がしたというホンシムに代わって、自分が探すと言い出す。

「ヒョンガム(県監)と私の妻を関わらせたくない。帰りなさい」

かっこいいじゃん。

郎君様とジュユンは罠を仕掛けて犬をおびき寄せる。姑息な真似をするジュユンに郎君様はお説教。好感度が上がりまくり。

てかこの無駄なストーリーいる??

「100日の郎君様」観るならこちら↓

王宮にて

王妃はか弱い演技をして、王様を動かそうとしてる。左議政が玉璽が押された白紙を持ってきて脅してきたから、王宮から追い出してほしいとウソ泣きをして訴える。

「左議政の命を奪うのだ」

嫁に言いなりの王様は部下に命令する。

以前、王宮でセジャそっくりな男を見た左議政の息子は、セジャが生きていると噂を流す。激おこの左議政は、その男が住むソンジュヒョンへ向かう

道中、刺客の矢をうけて落馬する左議政。普通に起き上がってるけど大丈夫?!胸に刺さった矢を自分の手で折ったよ!すっげー

過去を思い出す郎君様

パク様から信頼を得たジェユンは、郎君様を手名付ける提案をする。

以前、郎君様がパク様に矢を放ったから、今度は郎君様が的になれ、とかムチャな命令を出す。

郎君様は大きいお皿を頭の上に掲げて、向こう側に立った。これは危ない…

パク様が矢を放った瞬間、1話で医女の喉に矢が命中したことを思い出したよ。そして何となく王宮のことも…

その後、ジェユンはウォンドゥクが書いた手紙を見てピンとくる。

<羅願得(ナ・ウォンドゥク)>

1話でセジャがなぞかけ問題を出したときの答えが「願」だったのを思い出して、ウォンドゥク=セジャと気が付いたっぽい。てか今さら…?

郎君様の思惑

郎君様は庭でわらじを作っていた。そんな悠長な姿を見たホンシムは、記憶を取り戻すために協力していたのにと、責め立てる。

郎君様は記憶を取り戻したくないと言う。てかもう思い出してる?

「そなたのそばに…いたいからだ…」

きゃーー。ホンシム嬉しいよね。

お兄様が迎えに来たら、父さんと2人で発とうと思ってた。この先、隠れて暮らさなきゃならないから、郎君様は連れていけないと思ってたんだって。でも郎君様の覚悟を聞いて、

「こんな私でよかったら、一緒に来てくれない?」

えーー急にめっちゃ切ない。

郎君様の真剣な眼差しがかっこいいよ。

「100日の郎君様」観るならこちら↓

郎君様の感想はこちら↓
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 11・12話 13話 14話


コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください