公開日:

ウォーキング・デッド S11【21話・22話・23話】ネタバレ感想


 「ウォーキング・デッド」シーズン11の21話~23話を紹介します。

20話でホーンズビーがあっけなくキャロルに殺されてしまった。とても残念。

一方、弁護士のユミコは、捕まってるユージーンの代理人になるみたい。裁判の結果に興味なさすぎてどうしよう…

この記事の目次

21話:第22基地
22話:顔
23話:家族New!

 

21話:第22基地

マギー

マギーはひと足先に自分の町へ帰ったと思っていたら違ってたみたい。

警察の護送車にゲイブリエルとロジータと一緒に乗ってる。

ちなみに息子ハーシェルは、別の場所へ連れて行かれた模様。

居眠りの警察の目を盗んで脱走する。

途中、ハーシェル似のゾンビと遭遇してセンチメンタルになったりしながら、ダリル&キャロルと合流する。

ダリル

ダリルは貨物列車を襲い、愛するコニーを救助する。

近くにあったバイクにまたがり、久々の追いかけっこ。捕まえて子供らの居場所を聞くのかと思いきや、すぐに殺してる。なぜ?

ニーガン&エゼキエル

ほっかむりしてバスで移動させられていたニーガン、エゼキエル、ケリーは、線路の復旧作業を命じられる。

一緒に乗っていたニーガン嫁は、別の現場へ移動させられてる。

男らは静かに従って、過酷な労働をこなす。

昼休憩中、ニーガンはずっと距離を置かれていたエゼキエルに話しかける。

「一度、過去は忘れろ」

は?

アイロンでの可愛がりは忘れたくても忘れられない。

キャラ変してだいぶ腰を低くして頼み込んでる。よっぽど嫁が好きなんだろう。

第22基地

日が暮れて、作業者がバスに乗り込み出発すると、アレクサンドリアに到着する。

一方、仲間を救いたいマギーたちは、列車にあった無線で第22基地と連絡を取る。ロジータのなりすましが上手で、相手がすんごい詳しく道順を教えてくれてる。

しかも、植民の処理の仕事があって迎えに行けない、とか言ってる。

それを聞いて激おこのマギーが「あいつらに間違いを正す」とか言ってる。どの口が言う~

21話感想

地味キャラたちの仲良しごっこ本当につまらん。動ける人がいないからアクションも見どころないし。早く最終回を見て区切りをつけたい。

 

22話:顔

ニーガン嫁はどこか遠くで作業させられてると思ったら、夫のめっちゃ近くにいた。息が白いし力仕事だし、妊婦には過酷すぎる環境で涙。

夫がボコられてるのを止めに入ると、突き飛ばされて羽交い絞めにされてる。赤ちゃん大丈夫?

ニーガンの作戦

現状打破したいニーガンは、仲間たちと看守の人数や交代の時間などを調べて書き留めていた。

そのメモが所長に渡って、ニーガンに犯人を捜してほしいと依頼してる。

バカなの?

その後、ニーガンが捕まった。

たぶん嫁を助ける代わりに自分が犠牲になるとか取り引きしたのかな?

そしていよいよ処刑されるとき、嫁がうるさすぎて隣に並ばされてる。あーあ。

「話が違う!俺だけを殺せ!」

なんかその姿に心を打たれたエゼキエルが、両手を上げて前に出た。他のみんなも前に出て、ニーガン夫妻を囲んでる。

なんやこの茶番は…

オーシャンサイド

オーシャンサイドへ向かっていたアーロン御一行様は、途中で音楽家のルークと彼女のジュールズに出会う。

ルーク曰く、オーシャンサイドはコモンウェルスに乗っ取られたとか。

追跡者が近づいてきたため、元ウィスパラーズのリディア先輩を見習って、内臓を塗って野原を練り歩く。

そんななか、ウォーカーがナイフ拾ってる。この期に及んで盛り込んでくるなぁ

コモンウェルスの裁判

ユミコの弁護で傍聴人の共感は得られたけど、兵士はパメラに従ってるし、ユージーンの処刑は止められないらしい。

その後、ユミコがマックスの兄に頼んだけど協力してくれない。まぁ助ける義理も無いしね。

裁判が再開され、ユージーンが語りだした。

「そんなことないよ~」待ちの自虐ネタから始まり、でも最終的には1人で立ち上がった俺スゲー武勇伝を披露。ほんとムリ。

だから他のみんなも同じことができるよ。みたいに訴えてる。すんごい肥えてるけど牢屋で何を食べてたんだ?

「有罪判決を下します」

結局1時間後に処刑されるらしい。

でもやっとマックスの兄が動き出したから、助かるっぽい。ん-

ダリルたち

ダリルとコニーは下水道からアレクサンドリアへ向かう。

仲間に耳が聞こえない人がいてもいいと思うけど、ダリルの彼女はおしゃべりな女の子にしてほしかった。雑談からダリルの近況や方向性を知りたいわけよ。

地上に出ると、ちょうどニーガンの処刑場でわちゃわちゃ中。ダリルが所長を刺して一件落着となる。

マギーは民家で拘束されていたハーシェルを救助する。

ココがいないロジータは、瀕死の所長をボコって問い詰めてる。言わないからウォーカーに顔を食べさせてる。こわー

22話感想

これあと2話で完結させる気あるの?すんごい心配。

ニーガンが「子の顔を見たい」とか言ってるのがどうもなぁ。バットで撲殺したグレンは子の顔を見れなかったんだよ。

やっぱドラマの最後はニーガンが地獄へ落ちてもらわないと心が晴れない。でもスピンオフで出るんだよね?

ニーガンを悲しませるために妊婦が犠牲になるとかはやめてほしい。

 

23話:ファミリー

アレクサンドリアを奪い返したダリルたち。子供らが一緒にいるんだけど、いつの間にか救助したっぽい。話が飛んでて戸惑う…

このまま町にいればいいのに、わざわざパメラを殺しに行くとか。

絶対に足手まといになるであろうジュディスも行きたいとか言い出して、娘に甘々な代理パパのダリルが了承してる。

どうやらココちゃんだけはどこかに捕まってるらしい。

偶然、仲間に元機関士がいてくれたおかげで、ファミリーは機関車に乗り込みコモンウェルスを目指す。

コモンウェルスにて

オレンジの人マーサーが、死刑執行間近のユージーンを救助してくれた。パメラに抵抗する兵士を集めて戦ってくれるらしい。

なんと、ウォーカーの群れが町に向かっていたのは、パメラの仕業だった。

市民を黙らせる手段として、ちょくちょくロックダウンを有効に活用していたみたい。

でも今日は進化系ウォーカーだから、外壁を登ってきやがった。急にアグレッシブでこわー

アーロン御一行様

ウィスパラーズになりきってコモンウェルスを目指していたアーロン御一行様は、予想外の群れに囲まれて廃バスに逃げ込んだ。

そんなとき、イライジャが可愛いリディアの手を離さないもんだから、リディアが腕を噛まれてしまった。イライジャむかつく。

「俺もやった」

だいぶ前に腕を切り落としたアーロンパイセンがリディアを励まし、ジュリーがナタを振り下ろした。

ダリル御一行様

機関車を降りたダリル御一行様は、マーサーの協力でコモンウェルスに潜入する。

難なく庁舎に入り込むと、2階から銃撃を受ける。警備の配置の不自然さにパメラが気付いて、ワナを仕掛けたっぽい。

だいぶ殺されたけど、主要メンバーは全員生きてる。

と思ってたら、ジュディスがパメラに撃たれたー!だからアレクサンドリアに残ってろって言ったじゃん。

ダリルは止血もせずにジュディスをお姫様だっこして、診療所へ向かう。ユミコの兄が診てくれるのかな?

ファミリーで外をぞろぞろと走ってると、袋小路に追い込まれた。そのうち大量のウォーカーに囲まれて、絶体絶命のピンチ。

細い路地を見つけ、ファミリーが盾になってくれている間に、ダリルが走る。急げー!

23話感想

ドラマ冒頭でジュディスがパパの帽子を弟にかぶせてたけど、代を譲るねってことで死亡フラグなのかな。

ローリとシェーンの娘が最終回の主役になるより、RJの方がリックとミショーンの子なんだから適任な気がするんだけど、このドラマって白人の少女が犠牲になるの好きだもんね。

ダリルは必死で抱えて走っていたけど、声がガラガラで何言ってるかわかんないし、緊迫感が全然伝わってこなかった。

リックをだいぶウザがっていた私だけど、なんだか恋しい。


コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください